« 津川雅彦の店 | Main | 健康問題の分析 »

2004.01.06

ヘルスプロモーションの評価

あと30分ほどで目的地の青森に着く。
はやて17号から八 戸でスーパー白鳥に乗り換えた。
駅は寒かった。線路付近には 雪が積もっていた。
吐く息も白かった。やはり寒い。
青森 に降りたらきっともっと寒いんだろうなぁ。
泣き事が多くなっ てきたぞ

医学書院から出版されたヘルスプロモーションの評価という本を読 んでいる。あるニーズに基づいてプログラムを計画し、実践する。 そしてそのプログラムの効果がどのくらいあったかを「評価」する。 その一連の流れを理論立てて、かつ実践編を折り混ぜながら書かれ ている。

ニーズには4種類ある。 1. 専門家のニーズ 2. 表出されたニーズ 3. 比較ニーズ 4. 感覚的ニーズ

別の言い方をすれば、2はdemand、4はwantsとなる。 それらのニーズから優先課題を抽出しプログラムを立てていく。 そのステージは以下の9期。 1. コンサルテーション 2. データ収集 3. 結果のプレゼンテーション 4. 優先順位の決定 5. 既存の文献を検討 6. 対象集団の記述 7. 健康問題の詳細を調べる 8. 寄与している要因の分析 9. コミュニティリソースの強化

1-4で優先順位の高い健康問題を明らかにする 5-9で健康問題の分析を行う

|

« 津川雅彦の店 | Main | 健康問題の分析 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヘルスプロモーションの評価:

« 津川雅彦の店 | Main | 健康問題の分析 »