« New さんぴん茶 | Main | 島の女性は「子だくさん」 »

2004.05.13

イノシシ食べてE型肝炎

“生焼け”イノシシでE型肝炎に集団感染…長崎
このニュースによると、

69歳の男性2人が、食べた約40日後に急性肝炎を発症、
近くの医療機関で治療を受けた。

さらに...

追跡調査したところ、3人が肝炎症状を示して受診していたことが判明。
血液からE型肝炎ウイルスに感染していたことを示す抗体が見つかった。
また症状はなかった7人のうち6人からも抗体を検出。
全部で11人が感染していたことがわかり、付近の山中で捕獲した野生イノシシを
バーベキューで食べたことが原因とわかった。

同医療センターの矢野公士医師は
「バーベキューで不十分な加熱となったのが原因と見られる。
生肉が触れたまな板やハシなどの取り扱いも注意すべきだ」としている。

E型肝炎(4類感染症)に関連するサイト
国立感染症研究所「感染症の話」

ボランティアに糞便材料を経口投与した実験では、投与後約5週間で発症が見られている。その後悪心、食欲不振、腹痛等の消化器症状を伴う急性肝炎を呈する。症状としては、褐色尿を伴った強い黄疸が急激に出現し、これが12~15日続いた後、通常発症から1カ月を経て完治する
ボランティア様ごくろう様。
神戸新聞の記事もあった。
結構日本各地で食されているみたいね。
沖縄でイノシシといえば本場は西表島。八重山時代に石垣で食べた覚えがある。
確か血イリチャーだったと思う。そういえばこの間は名護でイルカ(ヒートゥ)を食べた。
イノシシ肉も十分火を通しておれば問題ない。刺身は...自分だったら遠慮するかも。

さらに脱線して、琉球料理「イナムドゥチ」は「いのしし」「もどき」の略らしい(asahi.com)

|

« New さんぴん茶 | Main | 島の女性は「子だくさん」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/590653

Listed below are links to weblogs that reference イノシシ食べてE型肝炎:

« New さんぴん茶 | Main | 島の女性は「子だくさん」 »