« 医者のネクタイ、ナースの帽子 | Main | 溶連菌 »

2004.06.07

おねしょ対策は「あせらない・起こさない・怒らない」

沖縄本島北部の東村で乳幼児健診を手伝ってきました。

土曜日の午後、乳児、1歳半、3歳児の健診をいっしょに開催。
お向かいの広場では電力会社のキャンペーンが行なわれていました。
土日開催で集団方式の健診ならば、このようなイベント一体型でも面白いと思いました。
今年のモデル健診でトライしてみようかしら。

さて、タイトルはおねしょ対策の3本柱。
健診でも3歳児のお母さんがちょっと心配していた。
おねしょについては相談も多いだろうから、ネットで検索すると
協和発酵が夜尿症ナビというのを開設していた。
紙芝居まであって、わかりやすい構成になっている。
おねしょは睡眠時膀胱容量と尿量とのバランスが崩れるのが原因。
4~5歳まではその調節も難しいため、おねしょも多い。
(反射的排尿から安定排尿への移行期らしい)

4歳くらいまでの幼児が、夜おふとんのなかにおねしょをするのは、からだがまだ
発達の途中にあるためなので、心配ありません。

とナビにも書いてある。

|

« 医者のネクタイ、ナースの帽子 | Main | 溶連菌 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/725691

Listed below are links to weblogs that reference おねしょ対策は「あせらない・起こさない・怒らない」:

« 医者のネクタイ、ナースの帽子 | Main | 溶連菌 »