« ゆる体操 | Main | 今帰仁村1回目 »

2004.06.12

国頭村1回目

市町村まわり覚え書きシリーズ。
国頭村保健センター。6月9日雨。課長以下福祉課メンバーと。
重点事業として介護予防事業の企画・評価を上げていたが、結局は
「諸保健事業の評価(やりっぱなしからの脱却)を目指したい」

医療費が県内ワースト3位になってしまった。内容を見ると調
剤費などが医療費を押し上げている。現状は、名護市内の各医療機
関がバスで患者を送迎している→介護予防事業との競合。村内2つ
のクリニックについても重複受診(おつき合い受診)が見られる。
これに対しては国保係も訪問指導、くすり手帳などの発行で対応。

健康課題としては、循環器疾患が問題。その前の段階としての
肥満対策が必要。肥満対策を重点にして、国保や老人保健が連携を
取っていくことが大事。特に国保では今年度ウォーキング事業立ち
上げを計画しているので、対象や評価方法などをいっしょに考えて
いく。

もう一方で、主に老人対策として健康手帳の活用。項目を絞り、
まずは血圧だけでも自分で把握できるようにする。そして、薬剤の
重複投与を避けるという目的で、医療機関にも記入を依頼する。国
保で作成したおくすり手帳をベースにして、使い勝手の良い手帳に
変えていく。またその評価指標も明確にする。年代によって手帳の
内容を違わせてもいいのではないかという意見も。

健康づくり推進協議会については、法令集を参考に休眠状態か
ら立ちあがらせることができるか調べてみる段階から。

課長のリーダーシップ、若手職員のやる気、チームワークの良
さが印象的だった。

|

« ゆる体操 | Main | 今帰仁村1回目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国頭村1回目:

« ゆる体操 | Main | 今帰仁村1回目 »