« 結核集団感染レビュー | Main | 健やか親子おきなわ2010推進会議 「若年妊婦に対する支援の実態について」 »

2004.07.14

たばこと糖尿病

あくまで機序は不明だが、たばこを吸うと糖尿病発症のリスクが高まるというニュース。
Yomiuri On Lineが7月12日「喫煙者、糖尿病の危険高い」で伝えたところによると

40歳以上の喫煙者は、糖尿病になる危険が、男性は1・27倍、女性は1・39倍、非喫煙者より高まることを茨城県総合健診協会の西連地利己(さいれんちとしみ)さんらが大規模追跡調査で突き止め、専門誌「米国疫学雑誌」に発表した。

対象者は1993-2002年まで毎年健診を受けた12万余人。


他にも調べたら大阪ガスのコホート研究でも同様の発表をしていた。
(出典は禁煙医師連盟ホームページより)
2型糖尿病の発症率については

非喫煙群を対照とした場合の多変量補正後の相対危険度は,Pack-Year 0.1~20.0では1.22(0.89~1.67),20.1~30.0では1.57(1.16~2.11),30.1~40.0では1.55(1.06~2.26),40.1以上では,1.73(1.15~2.60)であった

これらの結果から,岡田氏は「喫煙自体が 2 型糖尿病のリスクの増加と関連があることが明らかになった。また,1 日の喫煙本数が増えるほど,また,過去の喫煙量が増えるほど,糖尿病発症の危険度が高まることも確認された」と結論した。

薬理作用については、

1)喫煙によるインスリンの吸収低下
2)喫煙によるインスリンの血糖降下作用に拮抗する体内メディエーターの遊離

(医薬品と喫煙の相互作用)
あるいは、インスリン感受性の低下説がある。

どうなんでしょうね。何か隠れた交絡因子(自己破壊傾向みたいな)とかありそうだけど。

|

« 結核集団感染レビュー | Main | 健やか親子おきなわ2010推進会議 「若年妊婦に対する支援の実態について」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たばこと糖尿病:

« 結核集団感染レビュー | Main | 健やか親子おきなわ2010推進会議 「若年妊婦に対する支援の実態について」 »