« 災害弱者とは | Main | 各世代へのメッセージ »

2004.07.30

熱さまし用ジェルシートで窒息

ニュースソースは、冷却シートで窒息事故 赤ちゃんの使用に注意を(共同通信7月29日)

国民生活センターが公表した資料(pdf)を見てみた。

本年4月下旬北海道内において、発熱した生後4ヶ月の男児の額に、熱さまし用ジェル状冷却シートを貼り、看護していた母親が、夕食の後片付けのためしばらく側を離れたのちに戻ったところ、冷却シートが男児の口と鼻を塞ぎ、窒息状態となっていた...(中略)病院では人工呼吸管理をはじめ、さまざまな治療を施し一命は取りとめたものの、低酸素性虚血性脳症が認められた。今後将来にわたり全介助が必要なほどの重度な障害が残る可能性が極めて高い。

男児は事故の数日前に寝返りが打てるようになり、周囲のものに関心を示し、手で触れるような仕草をし始めそれまでは順調に発育していたとのこと。

これまで乳児前期の事故と言えば、機械的窒息が多いことは知られていたが、その原因は枕や布団などの寝具、風船などが挙げられていた。(同時期の事故には他にやけど、転落などがあり、その後成長発達に沿った形で事故の内容も変遷する→子どもの事故予防に非常に詳しい石川県能登中部保健福祉センター参照)。今後はその原因に熱さまし用ジェルシートも考え、このような悲しい事故の再発を防がないといけない。

|

« 災害弱者とは | Main | 各世代へのメッセージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/1083646

Listed below are links to weblogs that reference 熱さまし用ジェルシートで窒息:

« 災害弱者とは | Main | 各世代へのメッセージ »