« 考える場所としての「通勤電車」 | Main | やんばるの食育 »

2004.08.04

たばこ対策@学校

ひと際目をひくポスターにも誘われて、ちゅら海水族館の
沖縄の外来種展「連れてこられただけなのに...」に行ってきました。
ウシガエル、シルバーアロワナ、アメリカザリガニ、アフリカマイマイなどの外来種が連れてこられ
沖縄はやんばるの在来種の生態系を脅かしているという展示でした。お勧めできる内容です。

さて、たばこ関連のレジメを出さなくてはいけないことを思い出しました。締め切りは今日!

タイトルは「学校におけるたばこ対策の推進」。対象は学校の先生。



基本的な考え方

    子どもたちはたばこ問題に巻き込まれた被害者である
  • 正確な情報を提供し続けること
  • たばこの害にあわせない環境整備、教育が必要
    学校現場における教育・指導だけでは限界がある
  • 専門職やPTA、地域の人たちといっしょに取り組むつもりで
    「子どもの目の前では吸わない」が原則
  • 大人は自らがモデルであることを自覚すること
  • イメージに影響されやすい子どもたち

喫煙の現況

    隠れて吸う?/堂々と吸う?
  • 中3男子の喫煙経験率は○○%
  • 教職員の喫煙率は○○%
  • 外来者への喫煙制限は?
    学校における分煙の現状
  • 健康増進法施行1年
    たばこに関する教育の状況
  • 時間の確保
  • 講師の確保
  • 教育の内容は?

たばこ対策を推進しましょう

    最初の1本を吸わせない健康教育
  • 取り組みは小学校から/体系的に
  • 「講師」養成講座やります!
    いよいよ実現!学校敷地内全面禁煙
  • 那覇市での動き
    同時に進める禁煙支援
  • やめたいと思ってやめられずに苦しい思いをしている人への支援
  • ニコチン代替療法の可能な医療機関リスト等


関連ニュース(最近の)


|

« 考える場所としての「通勤電車」 | Main | やんばるの食育 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たばこ対策@学校:

« 考える場所としての「通勤電車」 | Main | やんばるの食育 »