« 次世代ラッシュ | Main | 痴呆と呼ばないで »

2004.11.18

ポリオワクチンでポリオになる

日本医師会に「ポリオワクチンでポリオになる?」という解説ページがある。

ポリオの生ワクチンは、病原性がほとんどないポリオウイルス(弱毒ウイルス)をワクチンとして飲むことによって免疫ができ、自然のポリオウイルス(野性ウイルスまたは強毒ウイルス)の侵入が防げるものです。しかし生ワクチンの欠点として、極めて稀に、ワクチンを飲んだ人に自然のポリオと同じ様な症状が現れてしまうことがあります。これがポリオワクチンによる麻痺例 (VAPP) で、日本では約440万回接種あたり1件、数年間に1件生じています。

先日の日本小児保健学会で「ポリオ生ワクチン接種後に発症したポリオ様麻痺の一例」という発表を聞いた。 演者は山口大学医学部小児科の先生だった。概要は以下の通り。

  • 症例は8ヶ月 男児
  • 主訴は両下肢弛緩性麻痺
  • 発達歴は発症前は短時間ではあったがつかまり立ち可だった
  • 2003年4月にポリオワクチンを初回接種。14日目より3日間発熱。18日目座位困難になりその後も下肢筋力低下が進行して紹介入院となった
  • 家族にも発熱者あり(同胞、父親)
  • 血清のポリオウイルス抗体価 1型128倍(接種後33日目)
  • 糞便よりポリオウイルスタイプ1(vaccine like)同定
  • 経過 座位は回復したが現在(1歳半)独歩未だ
  • 予防接種健康被害として救済措置を請求し、認定された
  • 他疾患(ギランバレー等)は除外された

「極めてまれ」と表現される発生頻度 (ちなみに今回の発表では250万接種あたり1前後と発表していた)だが、 考えてみると日本の年間出生を約120万人として、この子たちが年間2回飲むと240万回。 つまり、計算上は毎年1人、日本のどこかで予防接種による ポリオ患者が発生し続けていることになる。 現在治験中といわれている不活化ワクチンIPVの導入が急務だ! というフロアの発言もあった。その通りだと思った。

ポリオの予防接種に関する情報源

|

« 次世代ラッシュ | Main | 痴呆と呼ばないで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/1994151

Listed below are links to weblogs that reference ポリオワクチンでポリオになる:

« 次世代ラッシュ | Main | 痴呆と呼ばないで »