« がんじゅータイム | Main | 避難所生活(中越地震) »

2004.12.04

高校生とエイズ

世界エイズデーがある12月1日前後は、健康教育や関連イベントが目白押しだ。 沖縄県ではメインイベントとして北谷美浜カーニバル前特設ステージで、あのD-51を ゲストにエイズについて考えるイベントを持つ。台風4号が心配だが人は集まるはず。 ちなみに北部地区でも名桜大学祭会場内でハンサムを迎えてイベント開催します。 こちらは集客が心配なので、よろしくお願いします。12月4日5日やんばるに遊びに来たら寄ってね。211号室。

県庁のホームページには今年9月30日現在の沖縄の患者・感染者数を掲載。 今年はすでに11名と昨年の年間報告(10名)を上回り過去最高のペースで増加中。 男女比は5:1。年代では30代男性。感染経路は異性間のセックスが多い。 唯一これまでと違う点はHIV感染者がAIDSを発症する前に検査により感染に気づくと いう点。全国に比べてもAIDS患者の比率が高かったので、その点はやや改善した。 が、人口あたりの患者・感染者の数は、九州、四国、中国地方で最多というのも事実。

今週は、高校生にエイズの情報を伝える機会が2度あった。 ・HIV感染と、その後起こるAIDS発病の違い(でも発病前から他人には感染させ得る) ・患者層で20代が増えているので、(潜伏期を10年とすると)感染したのは10代の頃。 ・不特定多数の人とセックスをする人がかかる病気ではなく特定のパートナーからも感染。 ・差別、偏見を受けてきた歴史からの教訓 などなどを伝えたが、ポイントはこれ。(北部地区エイズ対策協議会の3本柱でもある)

  • 自分にも十分関係するという感覚(他人事意識からの脱却)
  • 危険なセックスを避ける(コンドームを使おう)
  • 心当たりがあったら抗体検査を受ける(絶対大丈夫って言える?)

あえて感覚という言葉を使ったのは

知識があっても感染を防げないから
他人事意識からの脱却については次のようなスライドで説明 taningo.PNG

他人事意識が、差別や偏見をつながるとも考えられる。 高校生に話してみて、とにかく情報が不足しているという印象。要継続的情報発信。 普通につき合って普通に(コンドームなしの)セックスをしても感染する可能性がある時代です、 あなたがたが生きている時代は。

来週は「小学生とエイズ」 -_-;

|

« がんじゅータイム | Main | 避難所生活(中越地震) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/2145773

Listed below are links to weblogs that reference 高校生とエイズ:

» 地域の安全 [やんばる・つれづれ]
いつも勉強させてもらっているtitokazuさんのooyakeから。 高校生とエ [Read More]

Tracked on 2004.12.04 at 05:08 PM

« がんじゅータイム | Main | 避難所生活(中越地震) »