« ノロなの?ロタなの?(感染性胃腸炎) | Main | アウトブレイクへの対応(レクチャーメモ) »

2005.01.10

ノロはノロでも

昨日記事をエントリーして後から、インターネット上では全国 各地から次々と感染性胃腸炎の集団発生を伝えるニュースが続出。 まるで「伝染病」のような勢い。

一部の患者の便から、ノロウイルスが出たとも報じられ、今朝 のワイドショーでは早速報道合戦が始まっている。

「ノロはノロでも」とタイトルをつけたのは、 集団感染の成り立ちが

  • 汚染食品の暴露による食中毒なのか
  • 患者便や吐物からの2次感染なのか
という2パターンあるから。どちらに重点を置いて対策を練るべきか。

これは潜伏期間や喫食調査、流行曲線などを描けば明らかに なるんだろうけど、恐らくほとんどの症例は施設内感染 ではないかと推察されます。
患者の体液を取り扱う施設職員等への教育を、徹底する必要が あります。
あと感染症対策委員会の設置は病院へは徹底されている けれど、老人福祉施設ではどうなんでしょう?

|

« ノロなの?ロタなの?(感染性胃腸炎) | Main | アウトブレイクへの対応(レクチャーメモ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/2525739

Listed below are links to weblogs that reference ノロはノロでも:

« ノロなの?ロタなの?(感染性胃腸炎) | Main | アウトブレイクへの対応(レクチャーメモ) »