« 健康入浴推進員... | Main | 若年妊産婦支援の手引き »

2005.02.15

だろう健診

乳幼児健診は疾病の早期発見早期対応だけにとどまらず 育児支援を行う場として認識されている。だから健やか親子おきなわ2010でも

育児支援に重点を置いた乳幼児健診を行っている市町村を増やす
という取り組み目標を設定している。

育児支援に重点を置くとは何かということを考えた場合に 健診の場で、個々の訴えに対してどれだけ適切に対応できるかがカギになる。

集団健診方式をとっている沖縄県の場合、複数の専門職が同一会場で 指導を行っている。これは一見集団健診のメリッのようにもに思えるが、 指導の内容が各コーナーでバラバラだったり、or何度も繰り返されたりすると、 かえってお母さんたちを混乱させることになりかねない。

集団健診だからこそ、各専門職がどういう基準で指導を行っているかを 知らなければならない。「専門性を生かしたなかでの役割分担表」みたいなもの。 これがなければ

  • 離乳食の問題は栄養士が全部対応してくれるだろう
  • 下痢が続くときのミルク:医師は[「薄めて飲ませて」と指導しているだろう
  • むし歯予防のおやつに関しての指導は保健師ではなく歯科衛生師が行ってるだろう
  • ちょっと気になるお母さんがいるけど、保健師が訪問してくれるだろう
などの「だろう健診」が行われることになってしまう。

これでは困るので、主訴に応じた対応マニュアルが必要だねという話。 もちろん、マニュアルだけでカバーできない部分もあるので、診察や指導が ある程度終わったところで「訴えに対して適切な対応がされたか」を確認 する場も必要。これは現に浦添市の健診で「振り分け保健師」として実施されている。

また、毎回の健診後にスタッフミーティングを開いて、健診の運営とか 「気になる親子」について情報交換し、今後の方針を確認することが必要。 せっかく多くの職種が関われるタイプの健診なので、あいまいな部分を なるべく少なくして、効果的に親子の支援ができるようにしましょう。

だろう健診からの卒業
結果としてそれが「育児支援に重点を置いた健診」となるだろう

|

« 健康入浴推進員... | Main | 若年妊産婦支援の手引き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/2935321

Listed below are links to weblogs that reference だろう健診:

« 健康入浴推進員... | Main | 若年妊産婦支援の手引き »