« あつものに懲りてなますを吹く | Main | いのちを大切に »

2005.03.29

いらっしゃいませ、老健食堂へ

ヒガエリ。と言っても比嘉エリさんのことではない。
今日は東京へ日帰り出張(寒)。介護予防の研修を受けたが...

その中で出てきた老人保健事業の例えが印象的であった。

老人保健事業でもいろいろ補助金を流した
健診に来る人は毎年来る。いつもの決まった客が来る
しかも元気、動機づけあり、健康行動もOK、意識も高い。
しかし来ない人の掘り起こしをするほどの
お金や余裕まではなかった

老健やってたというのはただメニューを揃えてただけ
食堂で言えばメニューを揃えるので精一杯
食べ物の味までは検証しなかった。

誰がどれだけ食べたかだけ一生懸命カウントした
(この数を報告すれば国からお金がもらえたから)
老健食堂にはこの店の味に合う人だけが来た。
でも食べた人がどうなったかという効果は??

20年も続いた事業をこのように比喩するのもどうかなと思うが、
この視点は一理ある。介護保険は食堂そのものを外注している。介
護予防もこの調子で行くと老健食堂の二の舞だという警告として受
けとめよう。

肝心の老健食堂(しつこい)の行方については現在のところ
何も情報が入ってこない。局と局とのはざまにあって攻めぎあいが
続いているらしい。18年度の予算を決める夏ごろには新しい動きが
見えるだろうとのことだった。だって見直しは必ずするから。

|

« あつものに懲りてなますを吹く | Main | いのちを大切に »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いらっしゃいませ、老健食堂へ:

« あつものに懲りてなますを吹く | Main | いのちを大切に »