« 夜型社会への挑戦1 | Main | 火にポテチを注ぐ »

2005.05.02

Are you 五月病?

本日から早くも梅雨入りした沖縄。蒸し暑くて、連休の谷間で
しかもいろいろ「疲れ」もあって、順調とは言えない滑りだし。
そんな中、目に入ってきた「五月病・六月病にならないために」
という記事。

新年度のスタート月である4月を緊張の中で終え、その反動で 今度は心に隙間が空き、いろいろなことを過度に考えすぎてしまうことに 要因があると言われている

五月病とは一種の適応障害と定義されている。
精神的な悩みが膨らんで、だるさ、食欲不振、下痢、動機、めまい、そして
睡眠障害などの身体症状があらわれる。
社会人だとあいだに引継ぎや研修があるため「六月病」も起こりうる。

次のようなことで思い悩む人は要注意とのこと

  • この新しい環境でやっていけるのだろうか
  • もしかすると、自分の選択肢は間違った方向だったのではないか
  • 環境を変えてみたものの、この組織は問題だらけ。自分の将来は暗い。
  • 新しい人間関係が難しそうだ
  • 前の環境でおとなしくしておけばよかった
などなど

ではこのように気分が塞いでいるときにはどうしたらよいのでしょう
ここは一つ「楽観的に」「なんくるないさ」という寛容性を持つこと
そして「気分転換をする」あるいはアクションをおこそう。例えば

などがあげられている。( )内はtitokazu推奨株

ポイントになるような文章(感覚的だが)を見つけました

自分を狭い次元に閉じ込めないように、 オープンな状態にすること

ここは一丁気合を入れて、連休後半を過ごしましょう

|

« 夜型社会への挑戦1 | Main | 火にポテチを注ぐ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/3951298

Listed below are links to weblogs that reference Are you 五月病?:

« 夜型社会への挑戦1 | Main | 火にポテチを注ぐ »