« 火にポテチを注ぐ | Main | 健康的な体重を維持するための標語 »

2005.05.05

みんな子どもだった

1年前にも同様のニュースがあったと記憶している。
今年も子どもの日にちなんで15歳未満の人口が発表された。
読売オンラインより「こども人口1765万人、24年連続減少」

「こどもの日」にちなんで総務省が4日に発表した15歳未満の推計人口 (4月1日現在)は、昨年より15万人少ない1765万人で、24年連続の 減少と、少子化に歯止めがかからない実態が浮き彫りになった。
国際比較についても
外国(03~04年の数値)と比べると、中国(21・5%)や米国(20・7%)、 韓国(20・3%)、イタリア(14・2%)各国を下回り、日本は最低水準だった。

最近よく感じることなのだが、子どもが成長する姿を見るにつけ
自分が子どもの頃もこうだったんだろうなぁと思う場面がある。
生活環境や家族の構成は変わっていても、たとえば

  • 本や漫画を読んでいるとき
  • テレビに夢中になっているとき
  • 公園で遊んでいるとき
  • 叱られてふてくされるとき
  • 友だちといっしょに遊んでいるとき

子どもが怒られる原因も、親から譲り受けたバトンのせいかもしれない
「お前が怒られている原因の半分はこっちにもあるんだよ」と
言ってあげたくなることもある。自分と同じ理由で怒られる倅たち。

はじめて、親から子へのバトン(遺伝子?)を実感できたのは、
親(自分)が1歳の頃の写真と、子が1歳の頃に撮った写真を並べて見たとき。

自分の遺伝情報も、こうやって受け継がれていくんだろうなぁ

(悪いところも、いいところも)としみじみ思った。

今日は子どもの日。親子でそれぞれの幼い時の写真を並べて
みんな子どもだったんだねぇ
と眺めてみよう

|

« 火にポテチを注ぐ | Main | 健康的な体重を維持するための標語 »

Comments

>子どもが怒られる原因も、親から譲り受けたバトンのせいかもしれない

禿胴。(激しく同意)^^;

口うるさく言っている自分がいやになるときがあります。

Posted by: やんばる原人 | 2005.05.06 at 11:12 AM

でも育自とはよく言ったもので
こういう場面に遭遇すると
今まで気づかなかった自分の姿に
はっとさせられたりもします。

問題はこのことを子に言うべきか
どうかですね。

いつもコメントありがとうございます。
今度エメラルドにも行ってみます。

Posted by: titokazu | 2005.05.06 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/3991635

Listed below are links to weblogs that reference みんな子どもだった:

« 火にポテチを注ぐ | Main | 健康的な体重を維持するための標語 »