« やんばる糖尿病対策指針 | Main | 7日でできるホームページ »

2005.06.23

仕事と子育てを阻むもの

仕事と子育ての両立(問題編)
第1回研究会の概要。
仕事と子育ての両立を阻む問題についてディスカッションした
多くの意見が出されたが、女性の発言が多かった印象
やはりこのテーマは男性よりも女性にとって深刻な問題という ことだろう

問題は大きく分けて以下の4つにまとめられた

  • 夫婦の協力体制が弱い これは主に女性から出た意見だが、男性も同意していた

    その原因として

    1. 夫婦で子育てについて話し合う機会が少ない
    2. 男性は子育てや家事に参加しなくてもよいという意識
    3. 子育てに参加する意欲はあっても技術や相談相手が乏しい

    その結果どういう事態になっているかというと

    • 家事育児をひとりで抱え込んでしまう妻
    • 保育園のお迎えも当然妻の仕事になってしまう
    • 仕事が早く終わっても飲んで遅く帰る夫
    • 働く女性は自分自身の時間がなかなかとれない
    などの声が挙げられた

  • 職場の意識が弱い

    仕事も子育ても両立できる職場を目指すための研究会だけあっ て多くの現状が報告された
    職場によっては人が少ないため休みがとりにくいなどの意見もあった
    職場の意識が弱い原因として

    1. 上司や同僚、仕事相手などの理解がない
    2. 子育てを支援する環境整備が不十分(休暇に関する情報が少ないなど)
    3. 男女とも仕事優先の考え方が強い

    その結果どういう事態になっているかというと

    • 制度はあっても休暇をとりにくい職場
    • 産休育休をとることを躊躇する女性職員がいる
    • 働きながら子育てする先輩の姿を見て、結婚や子育てしたくな いと感じる後輩
    という現状が報告された

  • 残業が多い

    すでに別の場で議論が続けられているが、ここでもやはり避け て通れないテーマ
    今回のメンバーから出された原因として

    1. ひとりで抱える仕事量が多い
    2. うまくワークシェアができていない
    3. 早く帰りにくい職場の雰囲気

    その結果どういう事態になっているかというと

    • 家でゆっくりする時間がない(仕事を家に持ち帰ることも)
    • 子育ての時間がなかなかとれない
    • 心身ともに疲れ果てる
    などが挙げられた

  • 社会全体で考えていかないといけない

    保育料など子育てにかかる経費、病児保育などのサービスが少 ないなど、地域社会全体でこの問題を考えるべきだという意見も出された。

    次回は、問題点を原因とその結果がわかるような系図を作成する

  • |

    « やんばる糖尿病対策指針 | Main | 7日でできるホームページ »

    Comments

    どもです。
    ここも前からコメントつけようと思っていたのですが、時間とれずいまごろです。

    わかりやすいまとめですね。いつも感心です。

    自分ところで私見をかいてTBします

    Posted by: やんばる原人 | 2005.06.26 at 04:46 PM

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)




    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/4670125

    Listed below are links to weblogs that reference 仕事と子育てを阻むもの:

    » 仕事と子育て雑感@沖縄 [やんばる・つれづれ]
    ooyakeさんのところのエントリーで、自分なりにもどうだろと考えた。ここから。 [Read More]

    Tracked on 2005.06.26 at 05:36 PM

    « やんばる糖尿病対策指針 | Main | 7日でできるホームページ »