« 健康文化都市とみぐすく | Main | だぁ、乗らんねぇ? »

2005.06.27

いざ伊是名へ

伊是名村の健康を考える勉強会のため、いざ伊是名へ。

高齢化が進み長寿を誇るが、それを支える若い世代は肥満の合併症で

早めに健康を害するという「現代沖縄の縮図」のような状態。

まずは課内で勉強会を重ね、それを庁舎内、島全体に広げていくことが必要。

共通認識が持てるかどうかがカギ。



問題の所在

  • 高齢社会
  • 高齢者は長寿を誇るが健康長寿とは言い難い
  • いわゆる老年症候群パターン
  • 要介護者の増加→介護保険への負担増
  • 青壮年層(特に男性)は問題を抱えている
  • 肥満が関連する疾患・合併症が影響
  • 症状がないまま進行するので気づかない?
  • 糖尿病→人工透析が急増中→医療費増加
  • (お金の問題よりも)島民の健康が心配
  • 健康長寿ブランドも使えなくなる

対策の考え方①

  • 老年症候群に対して
  • 地域支援事業
  • 筋トレ?よりは地域の受け皿を活用
  • メタボリックシンドローム対策
  • クスリを飲めばOKではなく、生活習慣改善が必要
  • その前に健診を受けなくては
  • 環境整備(運動できる場、イベントを増やす)
  • 島全体で健康課題に取り組む必要性
  • 対策は「個人へのアプローチ」+「環境整備」
  • 無視できない状況を作り出すこと

対策の考え方②

  • 共通の認識を持つ
  • 課内で:勉強会を重ねる
  • 庁舎内で:職員の抱える健康問題をたずねる
  • 島全体で:住民や関係団体といっしょに考える
  • 健康づくり推進協議会などの活用
  • 共通のテキストを持つ
  • 中長期的な見通し(目標と達成手段)
  • ライフステージごとにまとめる(次世代に続いて)
  • 地域の資源を有効活用する(巻き込む)
  • 診療所、食生活改善推進員、公民館など

計画の効用

  • 健康課題を共有することができる
  • 対策をみんなで考えることができる
  • もちろん住民も
  • 保健事業が効率よく展開できる
  • 重点課題を決定
  • 連携事業
  • 目標に向かって継続的に取り組める
  • 人の異動に影響されにくくなる
  • 総合計画の中にも位置づけられる

名護市も今月から広報誌で「ストップ・ザ・肥満」を連載している!

まずは現在の状況を住民に知らせて、いっしょに考える姿勢が必要

伊是名もがんばろう

|

« 健康文化都市とみぐすく | Main | だぁ、乗らんねぇ? »

Comments

伊是名村の健康を考える勉強会楽しみですね。問題、対策、計画も私たちにも参考になります。若者、壮年が問題なのはどこの地区でも分かっていることですよね。でも介入口がない!さてどうしようか・・・
健康問題(生活習慣病予防)を考えるときにはやはり母子の視点は外せないと考えます。

①生活習慣病予防は赤ちゃんが生まれたときから
  出生の多い沖縄県ですが、低出生体重児が多いのが現実。小さく産んで大きく育てる?よく言われることだけど本当にそれでOKなのか?最近の新聞のニュースにも低出生児が将来、糖尿病になる確立が高くなっているという情報(すいませんあいまいですが)る。でもこのまま低出生体重児を増やして、将来のDMを放っておくのが問題になるかもしれません。沖縄の現状はどうなのか・・・

②妊婦の生活習慣(特に食の視点)の見直し
 飽食の時代に生まれ、食事はスーパーで腹だけは満たされる。実際に食事を作らない主婦が増えてきているのが現実。「野菜をの代わりに野菜ジュースで」とよく耳にする。
 あと気になるのが「たばこ」。母親および父親の喫煙で、児の体重に大きく影響されてきます。
 母子手帳交付の方法や妊婦健診のあり方を考える時代に来ているのかもしれませんね^^

対策の考え方②の中にあるように、ライフステージごとに予防的な視点で関わっていく必要性が出てきます。次世代でも虐待予防や少子化への歯止めだけを考えるのではなく、生活習慣病予防の視点でも考えて行きたいものですね。保健・医療・福祉が連携していけたら最高にラッキーですね。

Posted by: 南部PHN | 2005.06.27 02:20 PM

先週末大雨のの中、行ってきましたよ。

門外漢なので細かいところにはコメントできませんが、島のライフスタイルみたいなものには興味あるなぁ。
関係ないかもしれませんが、こんな記事が
http://www.asahi.com/life/update/0627/007.html

Posted by: やんばる原人 | 2005.06.27 05:40 PM

○南部PHNさんへ
小児期からの生活習慣病を訴えると、ちょうど
親の世代(30-40代)もいっしょにターゲットに
することができますね。

親子で食卓を囲んで、栄養への関心を高める
という作戦を考えていますが、その世代、
仕事も充実期なのでなかなか乗ってきません。

またいっしょに考えましょう。


○やんばる原人さま
国の最近の標語が
「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 5に薬」
というものです。
せめてこれに関する島民の実態が欲しいですね。

Posted by: titokazu | 2005.06.28 11:12 PM

老人介護にも筋トレ推奨じだいだもんな。運動せねば。

ところで、我家に7月5日titokazusさんの小学校での講演の案内文が来ておりました。カミさんに、イッタラト促したら「忙しい」と・・・。

食や健康に非常に意識の低い世代であります。自分が動けているから。20年後自分に跳ね返ってくる、子供に跳ね返ってくるということをリアリティをもって受け止められない世代かなとふと思いました。

私がいこかな。(笑)

Posted by: やんばる原人 | 2005.06.29 09:45 AM

講演会はあっという間に決まりましたが^ ^;
子どもたちを取り巻く食の環境に関する話題ですので、
是非お誘いあわせの上、お越しください。
(学校保健委員会に引き続いて行うようです)

Posted by: titokazu | 2005.06.30 06:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いざ伊是名へ:

« 健康文化都市とみぐすく | Main | だぁ、乗らんねぇ? »