« 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 | Main | 沖縄 肺がん アスベスト »

2005.07.22

夏のココロエ1(生活リズム編)

夏休みに乱れがちな生活リズム。

特に夜更かしが心配されるということで先日取材を受けたものが記事になった。

7月21日発行の沖縄タイムス住宅新聞付属「ほーむぷらざ」

この中に連載されている「子ども生活 見なおし隊」という記事です。


TBさせて頂いた「朝に体調不良を訴える子どもたち」に引用されている大阪読売の記事では

させてますか?早寝早起き 乳幼児の“遅寝”深刻

として、
1歳半で夜10時以降に寝る割合が4割
と報告している。

時期が違うが、沖縄では乳幼児健診の問診票の結果から
3歳で夜10時以降に寝る割合が7割(2割は11時以降就寝)

夜活動する大人の生活リズムに、子どもたちが巻き込まれた形だ。

そういえば、昨夜も居酒屋ではしゃぐ乳幼児を見た

ということで、当ブログ「夜型社会への挑戦1」が取材のきっかけになった。

以下に引用させていただきます。



 

夜型社会の沖縄は、子どもたちの夜ふかしも顕著だといわれている。
特に夏休みともなると、生活リズムが乱れやすくなるもの。今回は、
新たな母子保健の実践を目指す施策「健やか親子21」にも関わっている
沖縄県北部福祉保健所の糸数公さんに、子どもの夜ふかしの現状と
その影響、改善法を聞いた。


7割が10時以降就寝


「子どもの夜ふかしは、全国的にも増加傾向(右下参照)。沖縄県の3歳児検診での問診によると、午後10時台の就寝が50%、午後11時以降は20%に達します。全国と比較して沖縄は、遅寝が習慣化していることが分かります」と北部福祉保健所の糸数公さん。
 寝る時間が遅くなったことで、保育園や幼稚園でも午前中ぼんやりしていたり、居眠りをする子が増えているという。夜ふかしは、子どもの体にどのような影響をもたらすのか。
 「起床が遅くなりがちになり朝食をとらないなど、乱れた生活リズムが習慣になってしまうことが懸念されます。朝食は一日の活力源ですし、栄養バランスの面からみても重要。しっかり食べさせたいものです。また、遅くまで起きていることで深夜からいろいろなものを食べてしまい、将来の肥満につながる心配もあります」
 さらに、最近の研究では、ホルモン分泌や生体リズムへの悪影響も指摘されている。

ルール決め親子で取り組む


深夜のスーパーやコンビニ、レンタルビデオ店、居酒屋などでは、よく子連れの家族を見かけるようになった。子どもの夜ふかしは、親の生活スタイルに巻き込まれたケースに多い。
 「乳幼児期に夜、頻繁に外出していると、自分で行動できる中、高校生になったとき、夜の外出への抵抗感がなくなってしまうでしょう。そうなると事件、事故に巻き込まれる危険も増します。共働きで遅くまで仕事をしているなど家庭の事情はあると思いますが、夜、子連れで外出するときは、それが緊急に必要かどうか考えてみてください。子どもの生活リズムを意識した行動が大切です」
 また、子どもに早寝早起きの習慣を身に付けさせるためには、寝る時間を決めるなど家庭でルールをつくり、親子で取り組むことが肝心という。
 「子どもだけで生活リズムを整え、習慣づけることは難しいもの。時間になったらテレビや電気を消して室内を暗くし、ふとんに入るなど、寝るための環境づくりを親子で一緒に行うとよいでしょう。そのまま親も一緒に寝ても良い。その分、少し早めに起きて家事や仕事をやるのも手。大人の健康にも早寝早起きはいいものですよ」
 子どもたちを取り巻く生活環境を良くしていくのは、大人の役割。”夜型社会だから”という言葉で片付けずに、できることから始めたい。
 しかし、そうは言っても、「子どもがなかなか寝てくれない」と悩むお母さんも多いのでは。
 「お子さんは昼間しっかり体を動かしていますか? たっぷり遊んで体が疲れると、夜はぐっすり寝てくれますよ。また、昼寝の時間帯もポイント。午後早めの時間で済ませるようにしましょう。絵本を読み聞かせるなどの入眠儀式も効果的です」
 生活リズムは、子どもの心と体を育むもの。リズムがついてきたら、それを崩さないように心掛けて。



関連サイトはやはり早起きサイト

いっしょに紹介されている渡名喜島の活動も面白そう。

これって、北部にいろいろ看板が出ている「630運動」と同じかもしれない。

こんな時間(4時半)にこんな記事をアップして説得力ないかもしれないが、

そのまま親も一緒に寝ても良い。その分、少し早めに起きて家事や仕事をやるのも手。大人の健康にも早寝早起きはいいものですよ

を一応実践しているので。(また寝るけどね=二度寝友の会)

|

« 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 | Main | 沖縄 肺がん アスベスト »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏のココロエ1(生活リズム編):

» 朝に体調不良を訴える子どもたち [杉原 桂@多摩センター北口田村クリニック小児科ブログ]
お子さんが朝だけ、気分が悪かったり、低体温だったりすることはありませんか? その理由が、早寝早起きできていないためのことがあります. 以下、HPの記事より一部抜粋. ◆親の「夜型」反映 体調不良や肥満原因にも 早寝早起きのためにも、昼間は思い切り体を動かしたい  乳幼児の生活の“夜型化”が深刻になっている。大人の夜型生活を反映して、夜遅く子連れで外出する家族の姿が最近の調査で、浮かび上がった�... [Read More]

Tracked on 2005.07.23 12:50 AM

« 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 | Main | 沖縄 肺がん アスベスト »