« 災害弱者を救えるか(シナリオ) | Main | 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 »

2005.07.19

東京ディズニーランドと受動喫煙

5日ぶりの更新となりました。せっかく夏休みをまとまって頂いたので

パソコンのない環境で5日間過ごしてみました。おかげさまで休み満喫。

とは言っても子どもを連れて歩いている身なので、たばこの煙はやはり

気になるところ。

というわけで今回大変お世話になった東京ディズニーランドと受動喫煙対策を報告。

公式ホームページにも

皆さまに楽しく安全にお過ごしいただくために

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは分煙化を実施しています。

アトラクション、ショップ、レストラン等での喫煙、および歩行中の喫煙は

ご遠慮ください。喫煙は灰皿のある場所でお願いします

(携帯用灰皿をお持ちのお客様もご協力をお願いします)。

とアナウンスしているだけあって、施設入り口や施設内にも表示はされていた。

(ただし、サービス施設MAPには灰皿設置場所の表示はされていない)

では分煙は完璧かと言うとそうでもない部分もあった。

特にたばこの煙が「いっぱい」だったのは正面入り口入って右手側の

コインロッカーとベビーカー貸し出し受付場所のすぐ脇にあるトイレの前。

子連れ旅行で荷物を預けて一日遊んだら、帰りに立ち寄ることが多い場所。

ベンチに座って休みたくなる場所に灰皿が並んでいるので喫煙者は当然そこで一服。
TDL3

親子が目指すトイレはその奥にあるため、その「たばこ通り」を通過しないといけない。





建物内(ショップ・レストラン)では禁煙が進むが、屋外や路上では分煙はまだまだ遠い状況。

煙たなびく禁煙地区(読売5月8日)
にもあるように、喫煙所を設けるかどうかでも意見が分かれているようである。

灰皿を置くにしても、もうちょっと隅っこに置いて無煙空間を確保して欲しいものだ。

だって、分煙の目的は「受動喫煙の害を防ぐこと」なんだから。

|

« 災害弱者を救えるか(シナリオ) | Main | 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京ディズニーランドと受動喫煙:

» 受動喫煙 [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「受動喫煙」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ... [Read More]

Tracked on 2005.08.05 12:23 AM

« 災害弱者を救えるか(シナリオ) | Main | 仕事と子育ての両立に関するアンケート調査票原案 »