« 性教育に関する新たな知見 | Main | 沖縄の公衆衛生について(原稿メモ) »

2005.09.17

一杯のソーキそば

沖縄にいれば、子どもからお年寄りまでみんな大好きソーキそば。

いつも通勤途中によるサービスエリアの食堂で撮ったこの写真

1ksuba

「え~っ!ソーキそばって1060カロリーもするの~?」という観光客の叫び。

(ちなみにとなりの天ざるの方がカロリーは低かった)

やっぱりこの脂ギトギトの麺にこってりスープではカロリー高いでしょう。

でも数字で示されると、やはり説得力を伴いますね。

この一杯のソーキそばを食べた後に、てくてく歩くとか汗水流して働くとか

カロリーを消費する生活なら問題なかったんだろうけど、そうもいかない車社会。

昼ソーキそばを食べた日は夜の食事でカロリーとバランスを補正しましょう。

最近発表された食事バランスガイド

厚生労働省と農林水産省のコラボレーションであることが強調されている。

副題は

あなたの食事は大丈夫?


現在各地で説明会が開かれている(開催地一覧財団法人食品産業センターHPに掲載)

「何を」「どれだけ」食べたら良いかを一般の生活者にわかりやすく、
イラストで示したものについては、世界的には「フードガイド」と呼ばれることが多い。

今回は、回転(運動)することにより初めてバランスが確保される"コマ"の型を
採用したことも踏まえて、名称に「バランス」という言葉を入れた。


とあるが、わかりにくいのがこの中に出てくるSV(サービング)という概念

1単位(=80キロカロリー)ともちょっと違うみたいです。

SVというのはサービングの略であり、各料理について1回当たりの標準的な量を
大まかに示すものである。なお、表記に当っては、使用する場面に応じて、
「1つ」あるいは「1SV」のみでも良いこととする。

「大まか」の内容は

  • 主食なら、炭水化物がおおよそ40g=市販おにぎり1個
  • 副菜なら、野菜等に関して、主材料の重量がおおよそ70g=野菜小鉢1個分
  • 主菜なら、肉、魚、卵、大豆等の主材料に由来するたんぱく質がおおよそ6g(=例えなし)
  • 牛乳乳製品なら、カルシウムがおおよそ100mg=牛乳コップ半分
  • 果物なら重量がおおよそ100g=みかん1個

だそうです...ソーキそばは何SVなんだろう?

とにかく成人の1日のカロリー所要量の約半分をこの一杯のソーキそばで稼いでいる

ということを知るべきなんだろう。

こういう表示をしてくれる店を大事にしましょう。

|

« 性教育に関する新たな知見 | Main | 沖縄の公衆衛生について(原稿メモ) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一杯のソーキそば:

« 性教育に関する新たな知見 | Main | 沖縄の公衆衛生について(原稿メモ) »