« HIV/AIDS関連アンケート | Main | ガフキー陽性でも慌てないために »

2005.10.16

保険免責制度

これから冬にかけて国民的議論になると思われる医療制度改革
その用語解説より(日経の記事です)

加入者が病気やケガにあい保険から給付するときに、一定額までは
保険の対象から外し、本人負担とすること


保険の支払い額が急増すると保険財政が悪化するため、保険運営者
が支払い額を抑える狙いで設ける。民間の自動車保険では軽度の事
故などは保険の対象外とすることが多い。医療保険でも短期の入院
を保険対象外とするものもある。


フランスでは公的な医療保険でも外来診療の度に必ず1ユーロ(約
135円)を負担する免責制度がある。保険免責を導入すると、患
者の窓口負担が増えるため、日本医師会などは

「症状が重くなるまで通院を避ける人が増え、かえっ
て医療費が増える」
と主張し、導入に反対している。


医療費に5000円かかった時の患者の窓口負担
  • 現在は5000円の3割1500円負担
  • 1000円免責になると、1000円プラス残りの4000円の3割1200円
    で合計2200円負担となる

|

« HIV/AIDS関連アンケート | Main | ガフキー陽性でも慌てないために »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/6431471

Listed below are links to weblogs that reference 保険免責制度:

« HIV/AIDS関連アンケート | Main | ガフキー陽性でも慌てないために »