« 長寿の邦おきなわの回復をめざして | Main | やんばる母と子の命を守る 7 »

2005.10.22

校長先生のための敷地内禁煙化マニュアル

週明け月曜日には教育事務所主催に学校校長会があります。

そこで1時間も時間をもらって、お話することを許されました。

テーマはずばり「学校敷地内禁煙について」

これを推進するためには校長先生の理解と協力が必須です。

というわけで以前もお知らせした学校敷地内禁煙化マニュアルを

校長会で配布することになりました。

manual2005

A5サイズ。合計12ページ(うち4ページは校長先生自身のメモ欄)

表紙(表裏)のみカラー刷り。あとは白黒。

学校数(約80冊)印刷製本(ホッチギスですけど)して配布する。

これを虎の巻として敷地内禁煙化を進めてくれる校長先生が

一人でも増えることを願って講義してきます。

内容は6ステージから構成。その概要は以下の通り。

  1. 校長の決断ステージ
    • 学校敷地内禁煙は時代の流れ
    • 日本学校保健学会
      • 「タバコのない学校」プロジェクト

    • 健康おきなわ2010(県民運動)たばこ部会
      • 敷地内禁煙の学校数を増やすことを目標に

    • 積極的に取り組む姿勢が評価される
    • 「喫煙は病」との認識で医療機関に相談を

  2. 下調べのステージ
    • 職員や来客者にどれくらい喫煙者がいるのか
      • 抵抗勢力?協力者?
      • これをきっかけに禁煙する人もいる

    • 月曜朝に仕事が「吸がら拾い」してませんか
      • 地域の大人が捨てた吸がらを子どもが拾う現状

    • 地域に禁煙を支援してくれる医療機関名は?
      • 保健所に聞いてみる
      • 学校医や学校薬剤師に聞いてみる

  3. 所信表明ステージ
    • 職員会議や学校保健委員会の場で方針決定
      • 教育委員会にも伝えましょう

    • 同時に禁煙を支援する体制について伝える
      • 喫煙する職員や関係者向けに

    • 学校医や学校薬剤師に禁煙支援にも関わってもらいましょう
      • →たばこ問題検討委員会を

    • 治療代が高い?
      • たばこ代よりは安いと思いますけど…

  4. PTAへの説明ステージ
    • 職員以外の喫煙者(PTAなど)の協力が必須
      • 喫煙率の高い世代(20~30代)

    • ここがネック?
      • 子どもの健康を守ることには反対しない(はず)

    • PTA集会や勉強会などで説明
      • 「学校ではたばこを吸わないで」
      • もちろん禁煙に導けたら、もっといい

  5. コーチ陣への依頼ステージ
    • クラブ活動の指導者として、学校に協力してくれる地域の方々へもお願いします。
      • 学校で、いや、子どもの前でたばこを吸わないで
      • あなたたちは子どもの「見本」です
      • 影響力がとても大きい

    • 健全育成の観点から敷地内禁煙への協力を依頼
      • たばこの害を伝える役割も担えるはず

  6. 禁煙区域表示ステージ
    • ここまで進んではじめて敷地内禁煙化達成!
    • 校門や建物入り口のわかりやすい位置に表示
      • 示しないと喫煙者も協力できない
      • 表示していると「学校の中では吸わない」

    • ポスターやロゴマークを活用
      • 子どもたちの手づくり作品であれば効果大

    • 保健所などの分煙認証制度にも申請を


マニュアルの効果をはかる指標は?まだ決めていません。

モニター調査が必要かも。

使ってみたいなぁ(見てみたいなぁ)という方には、こんなもんでよろしければ

差し上げますので、メールでご連絡を。

|

« 長寿の邦おきなわの回復をめざして | Main | やんばる母と子の命を守る 7 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 校長先生のための敷地内禁煙化マニュアル:

« 長寿の邦おきなわの回復をめざして | Main | やんばる母と子の命を守る 7 »