« エイズ・・・あなたは関係ないと思っていませんか? | Main | 働き盛りのウルトラの父、倒れる(メタボリックドミノ) »

2005.11.13

タミフルに関連するニュース

毎日インタラクティブニュース11月12日(サイエンス‐メディカル版)
タミフルで異常行動死 少年2名
新型インフルエンザ対策としてタミフルTamiflu (oseltamivir phosphate)を1.7倍備蓄し、
市場流通分を減らすというニュースが流れたばかりで注目度も高い。

ニュースソースはNPO法人医薬ビジランスセンター
「薬のチェックは命のチェック」というコーナー(速報版)で紹介されている。

リン酸オセルタミビル(タミフル)と突然死、異常行動死との関連に関する考察
新聞で報道された2例

岐阜県の男子高校生(当時17歳)は昨年2月にインフルエンザと診断され、正午過ぎにタミフルの通常量、1カプセルを自宅で飲んだ。その後、家族が不在の間にパジャマ姿で素足のまま外出し、雪の中を自宅のフェンスを乗り越えて走るなどした。午後3時45分ごろ自宅近くでガードレールを乗り越え大型トラックに飛び込み死亡した。

 愛知県の男子中学生(当時14歳)は今年2月5日にインフルエンザと診断された。午後4時ごろに1カプセルを飲み、午後5時半ごろ自室に戻った。午後6時ごろ、自宅マンションの前で全身を打って倒れているのが見つかり、そのまま死亡した。警察によると9階の手すりに指紋が残り、手すりにぶら下がった後に落ちたとみられる。

の他にも2才9ヶ月児の突然死の症例なども報告され、計10件が報告。が
上記8例中異常行動死の1例を除き、主治医や報告医は、タミフルとの関連を完全否定し、インフルエンザ脳症あるいは単なる転落事故死としていた。

としている。機序(脳圧上昇など)についても考察し、結論は以下のようにまとめている。
  1. オセルタミビル(タミフル)は、中枢抑制作用(睡眠/鎮静剤類似作用)により、
  2. 使用開始きわめて早期に(初回が最も危険)、
  3. 幼児では睡眠中突然死(呼吸抑制死)を、
  4. 学童/思春期では異常行動後の事故死を、起こしうる.
  5. その規模はかなりのものと推定(02/03大阪の5例は全国規模では年間数十例に相当、これでも氷山の一角であろう)。
  6. 疫学調査による確認を要する重大な害反応である。
  7. タミフル使用の害と益のバランス判断には、他にSJS/TENなど重症薬疹26例、アナフィラキシー等33例などの重篤な害反応をも考慮するべきである。

としている。もともと1歳未満の乳児には使用をするべきではないという薬。
やはり小児科領域での使用は慎重を期すべきなのか。
その後の学会での議論を伝えるニュースでは
タミフルの年間販売量のうち、日本が世界の8割以上を占めている現状から「日本だけがタミフルを多用している現状はおかしい」と発言した。

という使いすぎの現状も明らかになる。その一方ではインフルエンザによる
脳炎・脳症そのものの関連症状ではないかという主張もあるらしい。
調査が必要であると同時に、タミフル内服時には今まで以上に慎重に
患児の観察をする必要がある。

|

« エイズ・・・あなたは関係ないと思っていませんか? | Main | 働き盛りのウルトラの父、倒れる(メタボリックドミノ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/7075465

Listed below are links to weblogs that reference タミフルに関連するニュース:

« エイズ・・・あなたは関係ないと思っていませんか? | Main | 働き盛りのウルトラの父、倒れる(メタボリックドミノ) »