« 買いにくい・捨てにくい・吸いにくい2 | Main | 男はもっとアイロンかけよう »

2005.12.24

感染症長期予報

あったらいいと思う予報はこれ。
今年の冬は暖冬だと言って見事に外れたのは天気の長期予報

お天気は過去のデータの延長線上で未来を予測する典型例。
こないだの森田さんのラジオでは

  • このパターンは19××年と似ているとか
  • そろそろ暖冬が来る「周期」だろうとか
  • 一年を通した「バランス」を考えるとそろそろ気温も下がるのではとか

そのような思考回路で予報を出しているらしい。国が。

感染症も平年通り(お天気でいうところの過去30年の平均)
なら、今ごろからインフルエンザ(A型)が流行しはじめ、年明け
に(旧正月の頃?)ピークを迎えるという予報になる。
しかし、昨年そのパターンが崩れたのと同じように、今年も現在の
ところ猛威を振るっているのは「感染性胃腸炎」
定点医療機関からの報告(5類)という位置づけ(昨シーズンあん
なに現場は混乱したから扱いが変わってもよさそうなものだけど)、
のため、書類上に出てくるデータでは実状は反映できていない。
しかし、保育所や福祉施設では入所者、職員、外来者なども含めて
嘔吐と下痢の患者が多発。小児科開業医では輸液ボトルをぶらさげ
て待ち合いで経過観察している子どもが多数横たわってる。
ここの症例が長引いたり重症化することは少ないが、流行の主役だ。
報道発表の通り「おたふくかぜ」も流行中ではあるが)

この分だと昨シーズンと同じように胃腸炎(ノロ)の終息を待
ってから、インフルエンザが流行るのではないか。
また、夏ごろまで流行が続くかどうかはわからない。先日の会議で
インフルエンザが夏に流行るのがわかっていたら3〜
4月頃、予防接種をした方がいいんじゃないの?

聞かれたが答えに詰まってしまった。相手は生き物だからね。


身近な方が急に吐き出して感染症胃腸炎が心配される方へ(ノロQ&A参照)。

  • 感染力がかなり強いので周囲に感染が拡がる恐れがあります。
  • 嘔吐や下痢がひどく水分が摂れない場合は病院受診を。
  • 吐物や下痢便を処分した後は念入りに手洗い、うがいを
  • 食事を作る前、トイレの後はしっかり手を洗うこと
  • 水道の蛇口、トイレのドアノブも消毒しましょう
  • 部屋の換気もよくするよう心がけましょう(寒いけどね)

年末年始でわさわさしてますが、感染症対策はしっかりと。

|

« 買いにくい・捨てにくい・吸いにくい2 | Main | 男はもっとアイロンかけよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/7805290

Listed below are links to weblogs that reference 感染症長期予報:

« 買いにくい・捨てにくい・吸いにくい2 | Main | 男はもっとアイロンかけよう »