« アンチエイジングと健康格差社会 | Main | 知ってた?「下痢と生理のメカニズム」 »

2006.01.20

老健と栄養士

講演レジュメ(本日しめきり)。本番は1週間後。
1週間前だと当然のことながら発表原稿はできていない。骨だけ。


  1. 老人保健事業はどこへ行く?
    • 経緯・年表
    • 果たしてきた役割
    • 課題(いらっしゃいませ老健食堂へ)
    • 介護予防事業との関係
    • 当面の見通し


  2. 生活習慣病対策の話題
    • 健康フロンティア戦略
    • メタボリックシンドローム&メタボリックドミノ
    • ポピュレーションアプローチ&ハイリスクアプローチ
    • 健康おきなわ2010の中間評価
    • 県民
      は太りつつあるのか?やせつつあるのか?



  3. これからの栄養士の「出番」
    • 総合調整機能が強化される県では…
    • 医療費適正化が命題となる市町村では…
    • 生活習慣病対策として
    • 老年症候群対策として
    • 保健指導を担うことになる民間では…
    • どこにいても変わらぬ視点で


最後はヘルスプロモーションの視点を忘れずにというところに落ち着くか?
県民は太りつつあるのか...についてはデータを収集しているところです(後日詳述)


|

« アンチエイジングと健康格差社会 | Main | 知ってた?「下痢と生理のメカニズム」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老健と栄養士:

« アンチエイジングと健康格差社会 | Main | 知ってた?「下痢と生理のメカニズム」 »