« 夜食を食べたら、ややショック... | Main | 地震と雪からの復興 »

2006.02.08

無煙ツアー in Okinawa への道

美女3人湯煙ツアーではない。無煙(むけむり)ツアーを考える。

年間観光客が500万人を超える沖縄県。

何となく健康になりそうなイメージが保たれているのも事実。
健康志向の高いお客さまを意識したツアーの商品価値も高いはず。

次年度の世界禁煙デー(5月31日)に向けて画策してみる。


標準的なお金を払って楽しむツアーの行程に沿って...

  1. 国内線(禁煙)にて那覇空港(店舗は自由喫煙)へ到着
  2. 禁煙の観光バスあるいはタクシー(禁煙は少数派)に乗る
  3. あるいはレンタカー屋へ連れていかれる(禁煙レンタカー?)
  4. 一路やんばるへ(途中沖縄自動車道SA=禁煙?で休憩)
  5. お食事で無煙といえばレストランフリッパー(美味空気)
  6. 国営海洋博記念公園のちゅら海水族館(たぶん禁煙)
  7. 今帰仁城跡で世界遺産を見学して道の駅ソーレ(?)で買い物
  8. 名護市内の禁煙ルームがあるホテル(たとえばルートイン)に宿泊
  9. しかし宿泊する部屋は禁煙でもロビーで煙攻撃に遭ってしまう(減点)
  10. 翌日はエコツーリズムで有名な東村へ(さすがに無煙だろう)
  11. 宿泊はあのカヌチャリゾートホテル(無煙は難しいかな)
  12. ゴルフを楽しんでチェックアウト。帰りにラーメン食べたくなり
  13. 北部随一と評判のまーさん堂(ここは禁煙ラーメン屋だった!)
  14. 隠れた人気のオリオンビール大学にも申し込んでいた(分煙?)
  15. おみやげはいつも賑わっているやんばる道の駅(どうだろ?)へ
  16. きれいな空気と楽しい旅行の思い出を胸に那覇空港へ

施設が北部管内に偏っているかもしれないが気にしないように。

まずは旅行者のツアーのパンフレットもらって施設に聞いてみよう
16の行程のうち、どのくらいで煙を浴びてしまうんだろうね。
利用者の視点でパッケージとして考えるのがミソ(縦割りではなく)

|

« 夜食を食べたら、ややショック... | Main | 地震と雪からの復興 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無煙ツアー in Okinawa への道:

« 夜食を食べたら、ややショック... | Main | 地震と雪からの復興 »