« SOC(首尾一貫感覚) | Main | 2月勉強会へのご案内 »

2006.02.26

チム系?チブル系?

久しぶりに認知症に関する講義を受けた。

心の病にはチム系とチブル系があるという。
チムとは肝。肝と言っても肝臓ではない。

  • チムがなさ(心から愛しい)
  • チムグクル(からだの奥深くで感じる感情と表現している
  • チムわさわさぁ(気持ちが落ちつかない)
  • チムどんどん(...和訳不能)
というようにチムとは「こころ」を指す。
では「こころ」はどこにある?という話になった。
「こころ」は人と人との間にある
という言葉を思い出した。それはともかく

講義で示された「チム系の病気」には
  • ノイローゼ
  • 不眠症
  • 反応性うつ状態
  • パニック障害など


もう一つのチブル系について、チブルはまさに「頭」
  • チブルヤミー(頭痛)
  • カタチブルヤミー(片頭痛)
  • チブルマギー(過分数)
  • チブラー(賢い人≒リキヤー?)
    という)


講義ではチブル機能を細分化して「チブル系の病気」を説明
  • 知覚系と思考系の障害:統合失調症
  • 気分の障害:躁うつ病
  • 意識の障害:てんかん
  • 知能の障害(ただし後天的):認知症

なるほどこういう分類方法もあるのかと思った。

メインテーマの認知症については

  1. マイクで情報インプット→記銘力
  2. テープレコーダーに情報をキープする→保持力
  3. スピーカーから情報をアウトプット→再生力

とやはり機能分化して説明されていた。認知症はマイクの故障。だから情報は入らない。
これまで保持されていた情報はいつまでもアウトプットされる。
=記憶は新しいものから失われる(リボーの逆行法則

ケアしたりお見舞いする人がやってはいけないことととして

「オバー!誰かわかるねぇ?」

と聞くこと。この質問を聞いたオバーの反応は以下の3通り。
  • 記銘が確かなオバーは「(人を呆けと思って)馬鹿にするな!」
  • 記銘がまだらなオバーは「(誰だったかなぁと)混乱する」
  • 記銘が全然なオバーは「(知らんチュが)なれなれしい」

どの場合でもストレスフルということらしい。


チム系とチブル系の違いの話を聞いていて、WHOの健康の定義に出てくる
 menta health と spiritual health の違い

が説明できそうな気がしてきた(よく質問されるので)。

|

« SOC(首尾一貫感覚) | Main | 2月勉強会へのご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/8838675

Listed below are links to weblogs that reference チム系?チブル系?:

« SOC(首尾一貫感覚) | Main | 2月勉強会へのご案内 »