« 結核の早期診断法 | Main | セーフティ(安全の)プロモーション(推進) »

2006.03.24

【速報】驚きの方針転換「麻疹風疹の単独ワクチン接種も公費負担で」

朝、作業をしながら横目で見ていたNHKニュースに驚かされた。

厚労省、思い切った方針転換ですね。
単独でのワクチン接種 公認へ
記事もそのまま引用させていただきます(速報ということで)

はしかと風しんの予防接種は、現在、7歳半までの間にそれぞれ1回ずつ接種することになっています。これについて厚生労働省は、1回の接種だけでは効果が十分でなく、別々に行う現在の方法では、片方のワクチンしか接種しない子どもが減らないとして、来月から制度を見直すことにしています。新しい制度では、はしかと風しんの2種類のワクチンを混ぜて同時に接種する「混合ワクチン」を使い、1歳のときと小学校に入る前の2回、接種するとしています。しかし、いずれかの病気にかかったことがある子どもなどについては、混合ワクチンを接種することの安全性が確認されていないとして、制度の対象から外されています。その結果、こうした子どもはみずから費用を負担して単独のワクチンを接種しなければならず、医療関係者などから批判が出ていました。こうした批判に応えて厚生労働省は、混合ワクチンを接種できない子どもについては単独でのワクチン接種を認め、費用も公費で負担する方針を固めたもので、来月からの新しい制度のスタート後、できるだけ早い時期に実施できるよう準備を急ぐことにしています。


「できるだけ早い時期」がいつになるんだろう
勇気ある決断ではありますが、朝礼暮改で現場は混乱します...
とにかく続報を待ちましょう
(6時現在、他のニュースサイトには記事なし→NHKのスクープ?)
3/25追記:産経新聞に関連記事発見
制度改正直前の見直しについて、厚労省の塚原太郎・結核感染症課長は
「制度改正によって対象外となる子供を救済する措置として、
なるべく早い時期に結論を出したい」と話している。
拍手

|

« 結核の早期診断法 | Main | セーフティ(安全の)プロモーション(推進) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/9233631

Listed below are links to weblogs that reference 【速報】驚きの方針転換「麻疹風疹の単独ワクチン接種も公費負担で」:

« 結核の早期診断法 | Main | セーフティ(安全の)プロモーション(推進) »