« 試算!メタボリックシンドローム人口 | Main | ヒト-ヒト-ヒト感染 »

2006.05.24

パタニティーブルー

琉球新報5月23日夕刊7面
医師の目 人の目 男もつらいよ更年期外来(32)より

はじめて聞いた...
に変わっただけだけど、抱える問題の質は全然違うと思う

パタニティブルーズ


背景

近頃の晩婚化によって中年になり初めて父親になる男性も多い
妻の妊娠・出産の時期に重なって心身の不調を訴える

メカニズム

  • 中年という(何歳だろうね?)心身に不調をきたしやすい時期に、
    父親になるという責任が加わることで、
    将来への漠然とした不安や育児疲れがストレスとなり、
    うつ状態になってしまうのです。
  • 最近は父親学級なども盛んに開かれ...
    出産後は妻に当然のように育児参加を求められ
    律儀な性格の彼らは忙しい仕事の合間を塗って頑張って協力します。
    (でも本音「休みたいよぉ」ということは言えないそうだ)


その後の経過

オムツ交換や授乳でも一緒に起こされ、別室にこもることもできず、
(自分も疲れ果てているのに)育児で疲れた妻をいたわり、
時には自ら子どもの面倒を見る。
そしてろくに睡眠をとらないまま
ストレスの多い社会に向うことになる→うつ病へ


「あわれなパパ君ものがたり」とも似ているかもしれないね。

必要な視点は、社会の構造がそうなっているなか、
同じようなストレスを受けたとき、うつになる人もならない人がいるので、
その違いを分析して予防につなげるということ。

もちろん、その親世代との関わりや職場の体制も含めて
現状を改善し、もっと育児参加しやすい環境を作る策も要る。
でもなかなかクリーンヒットが出ないのが現状ですけどね。

<参考>
マタニティブルー

|

« 試算!メタボリックシンドローム人口 | Main | ヒト-ヒト-ヒト感染 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/10213202

Listed below are links to weblogs that reference パタニティーブルー:

» パタニティーブルー? [おんぶにだっこ]
昨日の朝のこと。 6時くらいに一度目が覚めたような気がしたのですが・・・ オットに起こされたときには既に9時。 それにしてはムスメたちが騒いでない・・・ 洗顔・朝の着替えも済 [Read More]

Tracked on 2006.05.29 at 11:04 AM

« 試算!メタボリックシンドローム人口 | Main | ヒト-ヒト-ヒト感染 »