« 結核と糖尿病(レビュー) | Main | H5N1インフルエンザへの備え »

2006.07.10

うしくんのエイズ検査

Ushiaids

うしくんのエイズ検査体験レポート


というAC(公共広告機構)の支援キャンペーンをテレビで見た。
パペットマペットが熱演していた。動画はこちらで視聴可。
 
若者のエイズへの関心は薄く、なかなか自分ごとと捉えられていません。
また検査に足を運ぶのも重荷に感じています。
 デリケートな問題ですが、エイズ検査へのそんな抵抗感の中身を調べてみると、
そこには意外と知られていないニュースがありました。
それは、全国の保健所で匿名・無料で検査できるという情報です。
そのニュースを、親しみを込めて伝え、足を運んでもらおうと考えたとき
うしくんを起用したアイディアが生まれました。



保健所におけるエイズ検査が無料・匿名であることは意外に知られていない。
検査件数も伸び悩んでいると言われている。
感染→発病という流れをなるべく早い段階で食い止める
ためにも、症状が出ていない時期の抗体検査は重要です。

北部保健所で今年度から取り組んでいるのは、「パッケージング抗体検査」

一般健康診断や成人病検診などの機会にこれら(HIV抗体検査など)も
同時に受けられるようにできれば、検査数の向上につながる可能性があります。
このように複数のサービスを組み合わせてサービス向上をはかることを
マーケティング用語で「パッケージング」と言います。

出展は「地方自治体における青少年エイズ対策/教育ガイドライン」(PDF)
(京都大学大学院木原雅子助教授)

まだはじめたばかりですが、検査数増加につながっています。いまのところ。
もう少しデータ(一般健康診断受診者の何%が受検したかとか)を集めてから
報告しましょうね。

エイズに関するイベントとして、毎年8月に行われるAIDS文化フォーラムin横浜
今年は8月4日~6日に行われます(日程表)。一度は参加したいイベント。

しかし、沖縄旧暦カレンダー(ヒヌカン☆クラブ)では
旧盆(旧7月13日~15日)が一部重なってしまうので、厳しそうだわ。
年によってお盆が移動する旧暦って、沖縄以外の地域では関係ないみたい(当然である)

|

« 結核と糖尿病(レビュー) | Main | H5N1インフルエンザへの備え »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/10862864

Listed below are links to weblogs that reference うしくんのエイズ検査:

« 結核と糖尿病(レビュー) | Main | H5N1インフルエンザへの備え »