« July 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.31

Children see,children do

Canada3

「子は(親の言うことは聞かないが)
親のすることを見本として、同じ事するでしょ」いう法則。
それが children see,children do
画像はカナダのタバコの包装紙。

そのことを裏付けるニュースを見つけました。

母譲り?女子中高生の喫煙、吸わぬ親と1・8倍の差(読売)

 両親に喫煙・飲酒習慣があると、その子供が中高生になって喫煙・飲酒する割合が、両親に習慣がない場合に比べていずれも大きく、父親よりも母親の影響を受けていることが、厚生労働省の研究班(主任研究者・林謙治国立保健医療科学院次長)の調査でわかった
 04年度の調査によると、喫煙する母親を持つ女子の喫煙率は、喫煙しない母親を持つ場合の1・81倍で、飲酒する母親を持つ女子の飲酒率はそうでない場合の1・66倍。父親が喫煙や飲酒をする場合は、それぞれ、しない場合の約1・3倍だ。

林次長の再分析結果ということだが、
「子どもを指導する前に親を指導すべき」
はうなづける。いや、一緒に勉強してもらった方がいい。

家で受動喫煙にさらされている子どもは、保育園登園後
ちょうどニコチンが切れる時間帯から不機嫌になるという。

ニコチン切れ園児
子どもを煙の害から守りましょう。

また、子どもが親の喫煙をあれこれ注意すると
怒る親もいるという。

逆ギレスモーカー

親の健康不安は子どもを言いようのない不安をもたらす。
それを心配して声をかけてるのに、逆ギレしてはいけません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.08.29

地域職域連携推進会議

地域保健と職域保健の連携を推進する会議。
国がガイドラインまで作って推進を誘導する目的は、
「連携のメリット」の最後のところに遠慮がちに書いている。

生活習慣病が予防できることにより、将来的に医療費への影響が考えられる。
もっとはっきり書けばいいのに。

国が旗を振り、地方自治体は国にコントロールされ、一部の住民は自治体にお付き合い。
という構図からは脱却できないんでしょうか...

と愚痴るのはこのくらいにして、今日の会議の進め方(案)
資料の追加がありますから、ここからダウンロードしてくださいませ。「sheet829.xls」をダウンロード

マップはこっち(これは手持ち)。「map0829.mmap」をダウンロード



私たちの住民の健康を守る
地域保健と職域保健がうまく連携したときの姿をイメージする。
連携そのものが目的ではない
1 住民の健康課題が把握されている
  • 1.1 データをいっしょに読む
  • 1.1.1 地域保健で把握しているデータ
  • 1.1.2 職域保健で把握しているデータ
  • 1.1.3 不足しているデータは?
  • 1.2 重点的な課題を設定する
  • 1.2.1 メタボリックシンドロームなのか
  • 1.2.2 その他にあるのか
  • 1.2.3 課題を示す指標は何?
  • 重点課題に関する健康指標を確認する
  • ・死亡に関するデータ
  • ・疾病に関するデータ
  • ・医療費に関するデータ
  • ・保健行動に関するデータなどに分類して整理する。

2 健康管理体制が整備されている
まずはお互いの健康管理体制の現状を把握することから。
地域保健(老健・国保)と職域保健における項目ごとの現状と課題を確認する
また現状で把握できていないところは調査すべきかどうか考える

  • 2.1 重点課題は
  • 2.2 対象となる住民
  • 2.3 日常的な健康づくり活動
  • 2.4 定期健康診断の実施
  • 2.5 健康診断の受診の状況
  • 2.6 事後指導が行われているか
  • 2.7 事後指導の効果は?

3 解決の方向に導く手段は?
キーワードは「連携」
これまで各々進めていて壁にぶつかっている部分を「連携」によって解決できないか
連携方策を具体的にして、協議会に提案し、次年度以降実現していくことが目標

4 ワーキング会議の進め方

  • 4.1 現状と課題の確認
  • 4.2 現状把握のための調査の実施
  • 4.3 調査結果の検討
  • 4.4 解決に導く手段の検討
  • 4.5 シンポジウムでアピールする



| | TrackBack (0)

2006.08.27

酒は何者?

月曜日は保健所のアルコール家族教室の最終回。そこで
講師をします。テーマは「アルコールは何者?」

全面排除が最終目標のたばこと違って、酒はJカーブを示す
ようにまったく飲まないよりは少量飲む人のほうが死亡率が低い
というデータがあるため、「適正飲酒」が目標になりがち。
外国では「適正」ではなく「low risk drinking」というそうです。
やはりリスクを伴うもの。

よくある質問

適正飲酒を守れるならば、休肝日設けなくてもいいですよね?
と暗に相槌を求めてくるパターン(こういう時の専門家のひと言は重大)。
休肝日.comという非常に親近感を覚える日記のように
毎日の晩酌を楽しみに決まった量だけ飲む人も多いだろう。
内臓にはそれはあまり負担にならない可能性が高いと思われます
(もちろん定期的な血液チェックが必要です)が、
心配なのは
毎日酒がないと落ち着かない
という気持ちの問題。

飲酒行動を自分でコントロールできるかがカギ。

今日は飲まないと決めていても、つい(理由を探して)飲んでしまう
ようでは危ない。それだけ気持ちが酒に傾注している。
寝酒のように「○○するために飲む」という習慣は、
酒がないとその場を過ごせない状態になるためいつしか
酒がないと眠れない状態に陥る。
アル中人生に一歩足を踏み入れたと思った方がいい。注意しましょうね。

長く付き合うためには、日ごろから距離を置いてつきあうがいい
と考えてます。

厚生労働省多目的コホート研究班が発表した日本人の酒リスク。
お酒の飲み方によって

  • 3合以上/毎日
  • ~3合/毎日
  • ~2合/毎日
  • ~1合/毎日
  • 時々飲む
  • 飲まない

と分類し、10年後の死亡や発症を調べました。あなたはどっち?
(1合=エタノール23グラム、焼酎0.6合、泡盛0.5合、ビール大瓶1本、ワイングラス2杯、ウィスキーダブル1杯に相当すると定義しています)。
お酒と死亡
やはりお酒を少し飲むグループで最も死亡率リスクが低いJカーブ型を示した。
喫煙者では酒が増えるほど死亡リスクが高くなった。

飲酒関連がん
飲酒関連で増えるがんは、口腔、喉頭、咽頭、食道、肝臓、乳房のがん。
男性では1日3合(泡盛なら1.5合)以上飲む人のがんのリスクは、時々飲むグループの1.6倍。
がん全体の13%は、お酒を1日2合以上飲む人がいないと予防できたと考えれる

お酒と胃がん
お酒で胃がんリスクが高まるという関連はみられませんでした

お酒と大腸がん
お酒を1日1合以上飲むと大腸がんのリスクが高まり、2合以上のグループでは飲まないグループの2.1倍です(男性)

お酒と脳卒中
お酒をたくさん飲むグループでは脳卒中リスクが高まります。
脳卒中、特に出血性の脳卒中は1日3合以上飲むと、時々飲むグループの2.5倍。
脳梗塞は1日1合未満グループでリスクが40%ほど抑えられた。

お酒と2型糖尿病
肥満指数が22以下の男性では、1日2合以上飲むグループでは飲まないグループの2.9倍になりました。
肥満指数が大きいグループではお酒の量で糖尿病発症のリスクは高まらず。

で、酒は何者か?
う~ん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.23

仕事のふりしてファイル探す...

机に座って仕事をするふりして、実は ファイルを探すのに時間を費やしていませんか?
というパソコンソフトの広告を見て、ドキッとしたことを思い出した。
(まあ、それも仕事のうちっていう考え方もありはするが)

何の話かというと5年前の健康おきなわ2010たばこ計画策定時の
資料を探していた。確か、「目標値設定と葉たばこ生産県の関係が
記事になっていたはずだった」という記憶を頼りに資料を探した。

そのきっかけになったのがこのニュース。
喫煙率数値目標 18府県が数値目標(8月18日沖縄タイムス夕刊など)

厚生労働省は健康日本21の策定にあたって成人の喫煙率半減という
目標を盛り込もうとしたが、業界などの反対で見送った経緯がある
(でも地方には掲げさせた)
同省が都道府県の数値目標導入を調べたのは初めて
(国も今度は設定するつもりらしく、そのための下調べとのこと)


やっと見つけた記事。今回、国は初めて調べたというが、
すでに平成13年5月21日朝日新聞で同様の調査結果が掲載されていた。
都道府県の健康づくり計画 禁煙数値目標19県が見送り

まだ計画策定中の自治体がある最中に朝日が調査を行った。結果
葉タバコの主要産地に数値化を避ける傾向が強く
住民の健康を守る立場と、産業振興との兼ね合いに
悩んでいる実態がうかがえる。
とある。

99年の葉たばこ生産量上位10位

  1. 宮崎県→●見送り決定
  2. 熊本県→●見送り決定
  3. 鹿児島県→●見送り決定
  4. 岩手県→-未定
  5. 青森県→●見送り決定
  6. 福島県→△数値化方針
  7. 沖縄県→△数値化方針
  8. 茨城県→●見送り決定
  9. 大分県→●見送り決定
  10. 長崎県→●見送り決定

と軒並み黒星●。九州勢では唯一沖縄だけが目標数値を打ち立てた
と当時は意気込んだものだ(業界の反対もすごかったが)。最終的には
肺がんの死亡率が高いことが決め手になった。

あれから5年たって、国が初めて調べた調査。
同じように05年の葉たばこ収穫量ベスト10で比較すると

  1. 宮崎県→●数値目標なし
  2. 熊本県→●目標そのものがない
  3. 鹿児島県→●目標そのものがない
  4. 岩手県→○数値目標設定
  5. 青森県→●目標そのものがない
  6. 福島県→●数値目標なし
  7. 長崎県→●目標そのものがない
  8. 大分県→●数値目標なし
  9. 沖縄県→○数値目標設定
  10. 新潟県→○数値目標設定

3勝7敗。「目標そのものがない」も「数値目標なし」も同じ黒星●とした。
理由は業界や農家からの圧力が「数値だけは設定してくれるな」という
内容であったから。都道府県だけではなく、市町村の計画策定にまで
同様の働きかけをしている。

この間の葉たばこ販売実績の推移は64727トンから46828トンまで
落ち込んでいる(全国たばこ耕作組合中央会
業界も深刻である。同じ県庁の中でも農林水産部では葉たばこ生産の
推進に力を入れている。

部と部の主張の対立はよくある話であるが、こうなると三役や政治家が
介入して、いわゆる政治決着でかたが着くことが多い。でも、本当は
そういう意思決定の過程も、公衆衛生に含まれるではないかと密かに
思っている。たばこ以外の健康問題も他部局との調整なしに進展する
ことは少ないだろうから。

話があちこち飛んだついでにもう一つのベスト10を紹介。

  1. 沖縄    24.6%
  2. 東京    16.7%
  3. 北海道    4.8%
  4. 大阪     4.8%
  5. 神奈川    3.8%
  6. 千葉     3.6%
  7. 愛知     2.7%
  8. 福岡     2.7%
  9. 埼玉     2.6%
  10. 兵庫     2.4%

過去4ヶ月に、このブログooyakeを訪れた人の都道府県別順位。
数字は集計対象アクセス数4641件に対する割合をしめす。
アクセス解析機能というコーナーで拾ったデータです。一応
47都道府県全部からアクセスを確認しています。トップは地元。
一番使っているのは自分(職場でいろいろ調べてる)かも。

いつもどうもありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.22

"give someone gray hair"白髪になるほど心配をかける

宿題の合間に投稿。

英会話リスニング完全攻略という本に付属のCDで
いつもウチアタイさせられるフレーズがこれ。

Your last-minute writing is giving me gray hair.
あなたの駆け込み仕事のせいで、白髪になりそうだわ。

駆け込みでもうまく仕事が回っているのではなく、

実は、駆け込み仕事のせいで多くの方々や先輩に迷惑をかけている

ことに気づかないと、この行動パターンからは卒業できない。
反省し行動を改めなければ...

駆け込み仕事に関する夕刊記事
夏休み総力戦 子どもたち必死 ラストスパート(琉球新報8月21日)

考えたら、子どものうちに身につけておくべきスキルは
「駆け込みぎりぎりセーフ」的技術ではなく
こういうことなのかもしれない。いわゆる勤勉性ね。

宿題完成(午前5時)
Kitai

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.08.18

つわりにはしょうがでしょうか?

しょうがgingerが乗り物酔いに良いという話は以前書いた気がする
「乗り物酔いがひどいんですが...」
「独立行政法人 国立健康・栄養研究所」(国立とついてるのに国立ではないのね)が公開している

「健康食品」の安全性・有効性情報
というサイトをようやく見つけた

さっそく、そのなかで「ショウガginger」を確認してみると

有効性については、消化不良と乗り物酔いに対してドイツのコミッションEモノグラフ(薬用植物評価委員会)がその使用を承認している。
安全性については、通常の食品として摂取する場合は安全と思われる。乾燥したショウガの根を大量に摂取することは妊婦および6歳以下の小児には勧められない。

などの記載があります。また
根茎は健胃作用のある生薬<生姜(ショウキョウ)>としても利用され、多くの漢方処方に配合されている。俗に「胃の働きを助ける」「殺菌作用がある」「風邪によい」「のどによい」などといわれている
これって効能じゃないの?と思われる部分もありますが「俗に....言われてる」という表現なので、深く考えないようにする。
妊婦を苦しめるつわりについても
  • つわりに対して経口で有効性が示唆されている(64)。臨床データに裏づけされた用途の項に、つわりがあげられている。つわりのある妊婦がショウガを経口摂取したところ、症状が軽減したという報告がある
  • 妊娠中は生のショウガを適切に摂取する場合、安全である。伝統的に妊娠初期のつわり予防に用いられてきたが、乾燥したショウガは大量に摂取しないこと。妊娠中における医療従事者の管理下での経口摂取では安全性が示唆されている。
  • 胎児の性ホルモンに影響を与えるという予備的な知見が報告されている。しかし、妊婦を対象とした研究によると、ショウガは胎児に影響を与えることなく、つわりに対して安全に用いることができた。
  • 妊娠中、授乳中の摂取による催奇形性は報告されていない

通常の食品として摂取する範囲では安全性に問題なく
消化器系の症状を緩和させる可能性があるという食品と考えてよさそうです。
まずはジンジャエールから、というところでしょうか


関連資料(リンク先は元サイトから飛んでいただくと助かります)

  • (PMID:1988321) Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 1991 Jan 4;38(1):19-24.
  • (PMID:11405974) Cochrane Database Syst Rev. 2001;(2):CD001142.
  • (PMID:11275030) Obstet Gynecol. 2001 Apr;97(4):577-82.
  • (PMID:14634571) Am J Obstet Gynecol. 2003 Nov;189(5):1374-7.
  • (PMID:1765212) Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 1991;42:163-4.

| | TrackBack (0)

2006.08.15

たばこ対策会議資料

ダウンロード

Genjou_1



ここからはじまります


マインドマネージャーで作成した図をWEB形式に一括変換!
というわけには行きませんでしたが、リンク場所を調整したら
一応見れる形になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.11

ワッハッハッハッハ!「ハ」は4つ

爆笑計の記事が新聞に載っていた。さすが大阪。

将来は腰に万歩計、首から爆笑計を着けて街を歩く人が増えるかも

以下の記事のほとんどは大阪読売新聞「技あり関西(3月28日)」からの引用です
では爆笑計はどのような機械か?万歩計同様、1日に爆笑した数を記録するらしい。
爆笑の定義は、経験則から「ワッハッハッハッハ!」と「ハ」を4つ以上
繰り返して笑ったとき。

その音声を識別し、拾い出すプログラムを作りました。その音声をコンピューターで棒グラフ状の「方形波」に置き換えれば、爆笑の回数と時間を記録できます。(中略)問題は、被験者に負担を感じさせずに長時間、この計器を身につけてもらうこと。生体の情報を測定する計器でそんなものは、「歩数計」くらいしかない。顔にいっぱい電極をつけ、ほおの筋肉の動きから笑いなどの表情を拾い出す装置は開発されているが、それをつけて電車に乗ろうものならすぐに駅員さんが飛んで来ます。

 
結局、音声をキャッチするマイクは通常のものではだめで、首の声帯の振動から音を取る喉頭(こうとう)マイクロホンを採用しました。バイクのライダーらが騒音の中で会話するのに使っているものです。それを計器につなげば、無拘束で「爆笑」を捕らえられます。

記事を読んで思わず笑ってしまったが、「ハ」は4つまで行かなかった...
でも飛行機の中では落語を聞いてひとりで爆笑することも多い

笑いの効果については

  • 気を吐いて大きく息を吸い込むので酸素の摂取量が増え、
  • 運動効果が得られます。
  • はリラクゼーションによる深呼吸の効果が出ます。
  • が軽減されるのはもちろんですが、
  • 血糖値の低下や免疫力の向上などが注目されています。
体に悪いはずはない。
大阪府立健康科学センターの健康落語道場などの関連記事(スポニチ)

目標 1日1爆笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.10

せっかくのリゾートなのに...

客室9割を禁煙に(万座ビーチホテル&リゾート)

沈みつつため息混じりにめくっていた新聞で見つけた記事 (琉球新報9日朝刊経済面)

沖縄全日空リゾートが経営する恩納村のホテル
万座ビーチリゾート&ホテル
来年4月から客室の9割を禁煙とする。

ホームページで客室情報で禁煙ルームを全体の約1/3に増設!
したというニュースが最近載っているので、一気に禁煙化が進む
ことになる。広報担当者の話として

せっかくのリゾートなのに部屋にたばこのにおいが残っている
いった声が多く寄せられた」
と話しているそうだ。

前に別のホテル経営者から聞いた「たばこにまつわる苦労話」として

  • においを消すのに時間がかかる(丸1日かかることも)
  • 寝たばこからの火災の心配が尽きない
  • 吸い殻が各地に散乱する
  • 分煙スペースや器具のために経費がかかる
  • 苦情対応
など中途半端に分煙にするよりは、全館禁煙の方が経営的にも良いらしい
そう簡単には行かないかもしれないが、時代の流れを読んだ今回の決断に
エールを送りつつ、他への良い見本になれるか経過を見守りたい

記事の中で個人的に印象深かったのは

宿泊予約は原則すべて禁煙室への案内とする

喫煙者は自ら喫煙者であることを申し出ないと禁煙室に案内される。
これまでとはまったく逆転した考え方である。でもそういう時代。

たばこやめ 浮いたお金で リゾートへ行こう
でもスイートに泊まるには1年分のたばこ賃(1日1箱300円→年10.8万円)では足りないという現実...

| | TrackBack (1)

2006.08.07

生命保険会社から来た保健師

メラビアンの法則(都市伝説の一種という説もあるが)に対する覚え書き。

ではなぜ家庭訪問するのか?
メラビアンの法則という少々古くさい理論がある。
これを応用すると
  • 会って話をすれば内容の55%が伝わり、
  • 電話のような音声だけなら38%、
  • 書面だと7%しか伝わらないという。

数字はあまりあてにならないが、
経験則からいってもこの順位は変わらない。
(引用部分のみ記念すべきW-zero3esからの初投稿となります)

元記事は8月7日琉球新報朝刊11面に掲載された「100年後の美ら島」

メタボリック症候群対策に駐在保健師の活用を!
「ナツコ」を書いたノンフィクションライター奥野修司さん)
行動変容のためには知識だけ与えるのではなくてその人なりの物語に
基づいたナラティブベースが有効だろう。
これに基づいて動機付けできるのが地域に駐在する保健師で
どんどん訪問して予防プラニングを行うべきと説いている。

人の心に火をつけるためのアプローチは上記の方法が良いと
いうのには賛成だが、問題はこれからそういう役割を担うのは
行政保健師ではなく、民間の保健指導屋さんになるということ。

駐在ならば「おらが町の住民」に対する責任感(これも公看魂)に
基づいて行われただろうが、今後はビジネスモデルで「お客様」
の行動を変えて頂くというスタンスになります。

その方が「結果をシビアに求められるから効果あるかもしれない」
というと怒られるであろうか?しかし現実に
東京海上日動火災が保健師5倍採用へ(5月20日共同)という動きも見えてきている。

保健師「こんにちは。保健師ですが...」
住民「えっ、どこの生命保険?うちはもう入ってるし...」
保健師「いえ、そうではなくて、町の保健師です」
という話を笑い話としてこれまで何回も聞かされてきたが、もうすぐ笑えない時代がやってくる。

参考:保険会社「ソニー生命」のライフプランナーバリュー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.05

金のタフマン 銀のタフマン

あなたが求めているのは金のタフマン?それとも銀のタフマン?

両者の違いの一つにアルコールを含むか含まないかという点がある
ヤクルトのホームページを見てみると

Q.タフマンに含まれるアルコールはどのくらいなんですか?
A.タフマンには、味を良くする目的でワインを加えているので、
ワイン由来のアルコールが含まれています。
その量は0.9%(容器に表示)とごくわずかで、
奈良漬け1~2切れ(10~20g)程度に含まれる
アルコール量とほぼ同じです。
と解説している

Health clickではこの微量アルコールについて

アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという
短期的効果を狙うときに効く。一種の興奮剤のようなものだろう。
ただし、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せる。
と効能を説明している

そこで今日の本題。
「低アルコール」運転に影響!?栄養ドリンクも調査(中日新聞8月2日)

酒気帯び運転の罰則基準を下回る少量の飲酒でも事故を起こすケースが後を絶たないことから、警察庁は、アルコール含有のドリンク剤やノンアルコールビールなども含めた少量飲酒の運転への影響について調査を始めた。本年度中に結果をまとめる方針で、ドライバーへの注意喚起なども検討している。
少量のアルコールを含む一部の栄養ドリンク剤や、実際には1・0%未満のアルコールが入っている通称ノンアルコールビールなどを飲んだ場合の影響も研究対象。
短期的なアルコール効果を狙って「金のタフマン」を飲む確信犯
(誰だ!)は別としても、アルコールが含まれていることを意識せずに服用し、
飲酒運転チェックで検知されるトラブルもあるそうだ。注意しましょう。

市販の栄養ドリンク剤やお薬には意外にアルコールが含まれています。
薬辞苑というサイトアルコール含有一覧表が掲載されています。
出典は不明ですが1瓶中のアルコール量について

  • 大正胃腸薬内服液 0.70g
  • ソルマック 0.68g
  • ローヤルゼリーゴールド内服液 0.77g
  • 新グロモント 0.80g
  • リポビタンDスーパー 0.59g
  • リポビタンD 0.34g
  • リポビタンD小児用 0.04g

さらに清涼飲料水
  • スポーツドリンクNCAA 0.22g
  • ゲータレード 0.21g
  • ポカリスエット 0.16g

このようにアルコール入り飲料が結構売られていることに驚く
警察庁もせっかく研究にとりくむのであればこういう
情報開示もして欲しいですね。

身近なところではコウレイグース(泡盛漬け唐辛子液)や泡盛レーズンアイスが気になるところ。奈良漬けは身近じゃない。

微量のアルコール摂取に関する健康影響については
日本医事新報1997年11月1日(3836号)に回答があった。
回答者は久里浜病院の鈴木医長。

  1. まず第一には車の連転への影響が挙げられる。人は酔ったと感じなくとも少量のアルコールが入ると、連転しているときの動態視力(動いている物を見分ける能力)が低下する。飲酒運転の危険はこの動態視力の低下から起きる。
  2. 第ニには妊婦への影響である。大量飲酒している妊婦から胎児性アルコール症候群の子どもが生まれる危険がある。胎児性アルコール症候群とは、成長障害、知的障吉、特有の顔貌および小奇形を伴う症候群である。このような障害児は一般的には妊婦の大量飲酒で発生するとされているが、少量でも発生したとの報告もあり、妊婦はアルコールを摂取しないことが望ましいのである。
  3. 第三には、ドリンク剤で不快な反応が発生することである。日本人の約半数は飲酒すると顔が赤くなり、アルコールには強くない体質を持つフラッシャーであるが、その中でも特に弱い体質(アルコールの中間代謝物であるアセトアルデヒドに対する脱水素酵素の活性が特に低いタイプ)の人は少量のアルコールでも顔面紅潮、心悸亢進、全身倦怠感、嘔気(フラッシング反応)が発生するからである。
  4. 第四には、これと関連するが、ある種の薬を服用中の人は薬剤によってアセトアルデヒドの代謝が阻害され、不快なフラッシング反応が出現する。アルコール依存症の治療に使用される抗酒剤のジスルフィラムやシアナミドなどとともに、セフェム系抗生物質もその作用を持っている。薬剤服用中にドリンク剤を飲んで実際に治療を要したケースも報告されている。
  5. 第五には、精神安定剤とアルコールは相互作用があるため、安定剤を服用中の人がドリンク剤を飲むと、安定剤の作用が増強され、眠気などが強く現れることがある。
  6. 第六には、子どもへの影響である。子どもが飲むドリンク剤にもアルコールが含まれているが、子どもはアルコール代謝酵素が未完成のため、少量のアルコールでも強く酔ったり、フラッシング反応が発生する。乳幼児にドリンク剤を与えると、急性アルコール中毒が発生する恐れもある。

この領域、もうちょっと世間で話題になってもいいと思います

| | TrackBack (0)

2006.08.04

1人でたらすぐ対応(はしか)

Cpn006
担当者会議も近いので、いろいろ情報収集していたら
国立感染症研究所感染症情報センター予防接種コーナー

1人でたらすぐ対応(2012年麻疹eliminationに向けて)
というキャッチフレーズが出ていた。
これは沖縄におけるはしか全数把握事業がベースになっていると思われる。
2005年度県内麻疹発生ゼロを達成(沖縄タイムス4月28日)というニュースは、
ほんとにゼロなんです(今年はどうかな?)。
1人でたらすぐ対応するためには、その患者を発見する体制づくりが必要なんです。
だから麻疹発生DBを充実させましょう。

さて、茨城・千葉方面での麻疹の流行については、
関連する調査(小学校1年生を対象)にて
診断された14名すべてが予防接種既接種者で

・麻しん症例14名中12名が千葉県血清研究所(以下、「千葉血清」という。)
製の麻しんワクチン接種を受けていました。
接種医療機関に偏りはありませんでした。
・麻しん確定症例と症状なしの群を用いた検討において
千葉血清製のワクチンを接種した者とそれ以外の3社製造の
ワクチンの接種を受けた者との間で、発症数に差が認められました。
であることが報告されています(6月8日第6報
が、しかし結論としては
今回の調査では、麻しんと診断された児童(疑い例を含む)の多くは、
千葉県血清研究所(以下、「千葉血清」という。)製の
麻しんワクチンの接種を受けておりましたが、
当該ワクチンの接種を受けた者の一部には、免疫のつき方が弱かったか、
接種からこれまでに至って、一度ついた免疫が次第に弱まってきた
可能性が考えられるものの、接種された千葉血清製のワクチン
について効果が全くなかったというものではないものと考えられます。
という微妙な表現にとどめています。

こうなると、速報として伝えられている麻疹ワクチン既接種者に発症した麻疹脳炎の一例(千葉県こども病院)のレポートを見ても、接種ワクチンはどのメーカーだったんだろうと知りたくなります(ロットNo.まで)。

大事なことは、今回の制度改正によってこれら効きの弱いワクチンを
接種された子どもたちに、もう一度(就学前に該当するなら)法的に
接種する機会が担保できるということです。そのためには市民への
「適切な表現」による情報提供がカギとなると思いますが。

関係あんまりありませんが、過去ログを見ていたら
ちょうど1年前にも「麻疹 風疹 千葉ロッテ」という記事を書いていました。
ゆうべも衛星放送で千葉ロッテ対西武を見ました。
ベンチ上の広告にはやはり「ワクチン打って麻疹を完封!」と
書かれてありました。千葉と麻疹、いろいろ関係してますね
(試合は残念ながら負けてしまいましたorz...)

| | TrackBack (0)

2006.08.03

熱は治療の対象ではありません

夜中に熱でたたき起こされる小児科医の苦労は日本全国共通。

熱は治療の対象ではありませんと言ってもなかなか伝わらない。

こういう地道な教育の積み重ねが小児科診療に対する理解の
助けにつながるのであろう。

以下は他「閉鎖コミュニティ日記」に掲載した記事。



熱は治療の対象にはなりません。

体内に侵入した病原体と戦う免疫細胞は熱い環境が好き。
体内に侵入した病原体は普通は寒冷(乾燥)条件が好き。

というわけで、体温中枢が体の熱を上昇させて
・免疫細胞にとっては動きやすく
・病原体にとっては活動しにくい
環境を作り出しているんです(わざわざね)
寒気を催して鳥肌立ったり、体が振えたりするのは
熱を産生させるため。手のひらが冷たくなるのは
血管を収縮させて熱が逃げるのを防いでいるから。

だから熱はからだが病原体と闘っているあかし。
熱をやたら下げると治療の効果が遷延するとも言われる。

でも大人は熱が気になる。熱を下げることが治療の
目的と思っている人がいる(外野からあれこれ言う人たち)。
だから熱が出てて様子を見ることをあからさまに非難
したりする(「病院にも連れて行かないなんて...」とか)

子どもは熱と闘い、親は外野と闘っている。


ご意見歓迎。

(追記)-うさぎさんのコメントに対して-

おっしゃるとおり上の話の例外として熱性けいれんがあります。
また発熱そのものも41度を超えるとダメージが大きいという話を
聞いたこともあります。

熱性けいれんは、短時間であるにしても全身性のけいれんなので
早めに治療するのが一般的なようです。ただ、熱冷ましではなく
けいれん止めを処方することが多いかもしれませんね。


(追記2)-doradoraさんのコメントに対して-

コメントありがとうございます。
心配になったときにヒトに聞くのと、モノから調べるのでは
不安が増す度合いが全然違うと思います。モノ(本やネット)
で調べても自分自身の判断に自信が持てない場合には、
なかなか不安は解消しませんよね。

たとえおせっかいな他人であっても、ヒトと相談して行動し
経験値をあげていくのがベターだと思います。
(ちょっと矛盾入ってるかも)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.08.02

禁煙支援外来開設までの道のり

ニコチンパッチを医療保険を使って治療したいんだけど...
平成18年6月1日よりニコチンパッチに保険が効くことになりました。 ニコチンパッチ=ニコチネルTTS(ノバルティスファーマ社製)

薬剤料だけでみると標準的に8週間コースで約2万円だったのが
保険適用により3割負担で済みます。すなわち、月3000円の計算。

しかし、保険診療を行うためにはいくつかの施設基準があります。
それをひとつひとつクリアして禁煙支援外来開設を目指しましょう。

[施設基準]
  1. 禁煙治療を行っている旨を保険医療機関内の見やすい場所に掲示していること。
  2. 禁煙治療の経験を有する医師が1名以上勤務していること。
  3. 禁煙治療に係る専任の看護師又は准看護師を1名以上配置していること。
  4. 禁煙治療を行うための呼気一酸化炭素濃度測定器を備えていること。
  5. 保険医療機関の敷地内が禁煙であること。なお、保険医療機関が建造物の一部分を用いて開設されている場合は、当該保険医療機関の保有又は借用している部分が禁煙であること。
  6. ニコチン依存症管理料を算定した患者のうち、喫煙を止めたものの割合等を、別添2の様式8の2を用いて、社会保険事務局長に報告していること。
[施設基準に係る届出]
  1. ニコチン依存症管理料の施設基準に係る届出は、別添2の様式8の1を用いること。
  2. 当該治療管理に従事する医師及び看護師又は准看護師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従の別)及び勤務時間を別添2の様式4を用いて提出すること。
これらの書類をダウンロードして都道府県社会保険事務局に提出します。

施設としての基準を満たすためには

  1. 構内禁煙であることを示す
  2. 呼気中一酸化炭素濃度測定器がある
ことが必要になります。
1.については最寄の保健所に「敷地内禁煙施設」であることを申請すれば対応可能です。
2.については洲本市禁煙専門外来のページをご参照下さい。
その他、ニコチン依存症管理料情報については日本禁煙外来HPにかなり詳細な情報あり

なお、現時点で沖縄県における保険適用医療機関はこちらの22施設だそうです。
やんばるでは今帰仁村立診療所(0980-56-3581)のみが掲載されています
でも随時、沖縄県社会保険事務局に開示請求して情報を得る必要がありますね

そして、産婦人科領域、小児科領域でも禁煙支援が必要です。

| | TrackBack (1)

2006.08.01

親が救急と思ったら救急なの!

子どもの救急センター利用に関する沖縄タイムス記事(7月30日)

小児救急外来を訪れた子どもの症状の約六割は「緊急性なし」
を読んで、県立中部病院の研修医時代を思い出した。

夜間救急を夜中の3時過ぎに訪れた母子。主訴は38度台の発熱。
夜中に叩き起こされて不機嫌なまま診察したインターンは

熱くらいで夜中に救急に来ないで!
厳しく指導

後日そのことが院長の耳に入り、研修医全体が逆に厳しく指導された。

夜中に子どもの発熱を心配して受診した母親の立場も考えなさい。
親が救急と思ったら救急なの!

あれから十数年。時代は変わってしまったのだろうか?
沖縄タイムスの記事によると

採算の厳しさや人手不足もあり、各医療機関の小児救急部門はパンク寸前。
医師らは「救急機関に行くかどうか、親も症状を冷静に見極めて」と呼び掛けた。
医師は「同じ三八度の発熱でも、救急診療が必要な症状も、そうでない症状もある。
判断材料を、われわれ医療の側からも発信していきたい」といい、
日本小児科学会の作成した冊子「こどもの救急」から主な症状の判断基準を紹介した。
でも、これはもっぱら医療提供(プロバイダー)側の都合。

各医療機関の小児救急部門がパンク寸前なのは、救急を診療する
施設内小児科医師が不足しているだけで、実際に地域で昼間だけ
小児科を診療している数は結構いたりする。

40才前後で病院をリタイヤして、残りは地域で外来診療
(当然夜間休日の当直なし)
というパターンが定着。

でも考えてみたら平日昼間の時間帯って単純に計算しても
5単位/21単位≒24%(1単位=8時間)でしかない。
残りの75%超の時間帯を病院医師だけでまかなっているから
(たとえ元気な研修医がいたとしても)パンク寸前になるのは当然ですね。

先週、地区医師会の勉強会で教わった地域完結型医療のことを
思い出しました。施設ごとの医療から地域全体の医療を考える。

  • まず、「この地域に小児科医は全部で何名必要」ということを計算し
  • その医師(人的資源)を効果的に活用するよう再配分する
という流れでした。

参考沖縄県南部地区医師会の小児科救急輪番制度

勉強会では3つのステークホルダーの視点も必要とし

  • 医療提供者(プロバイダー)
  • 患者(ペイシェント)
  • 支払い側(ペイヤー)
を挙げていました。
この問題も3つの視点で分析して行く必要があるのではないでしょうか?

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« July 2006 | Main | September 2006 »