« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.31

Do you know 選食力 ?

食生活講話の依頼を受けて調整に伺った養護教諭の先生から
教えていただいた言葉 「選食力」
何となくイメージできないことはないけど、スーッと落ちる言葉でもない(と感じた)。
野球好きなら「選食眼」というところか。

検索すると、この方が提唱していることがわかった。
食育3本柱として

1.選食力を養って健康になること
何が安全なのか、どんな栄養素が含まれるのか、何を食べれば良いのかを判断し、選び取る力を、すべての人々が持つことです。
2.食文化を学び作法を身につける
箸の持ち方、食事のマナーや礼儀など「食べる」という行為をつうじて文化を伝えること。
「箸の上げ下ろしから鍛える...」という言葉に言い表される口うるさい小言こそが、なにより重要だというのが服部さんの持論です。
3.環境と世界の食糧事情を考える
飢餓に苦しむ人口数、先進国の食糧廃棄率、世界各国の食糧自給率、地球がまかなえる食糧人口の限界数等々、服部さんがすらすらと口にする「食」にまつわる数字からは、日本の不甲斐なさや将来への不安が浮き彫りになります。
慶應MCC「夕学五十講」楽屋blogの記事をそのまま掲載しました(感謝)

短く言うと、

選食・しつけ・エコロジー

ヤフーでは検定もできるようです

食育花盛りだが、NHK出版から出た「崩食・放食」という本も
出張中に少し読んでしまった...
調査結果報告に専門家のコメントを添えたスタイル。
この書評を参考にしてください)

朝食問題に誘導する記事がやたら多かったけど、
なぜか心に残っているのは引用されたミスチルの歌詞。

そしてYou
晩飯も社内で一人 インスタントフード食べてんだ
ガンバリ屋さん Uh...報われないけど

働き盛り世代の男性に昼飯をろくに食べないで仕事してる
という集団が結構いるという結果だった(内心打撲)。さらに
この歌詞みたいに夕飯までも流し込まないといけない人も
多いのかも。働き様を考えないといけない。

食事の問題は、食の領域だけでは片付かないのかもしれない。

| | TrackBack (0)

2007.01.30

妊婦無料健診が5回に拡大

昨日は久々に県庁の母子保健関連の会議に出席。
妊婦健診のデータを分析して、(特に)ハイリスク妊婦の
健康管理を見直しましょうという趣旨。

現在2回(前後期各1回)行われている妊婦健診の結果について

  • 医師によって判定にバラつきはないの?
  • 異常なしの中にハイリスク群は隠れてないの?
  • 市町村に回ってきた後どう活用されているの?
  • 出産時の分娩状況や児の出生体重などと関連はないの?
などの視点で分析することになった。

膨大な数のデータ、乳児健診データとのリンケージ、
産科医師や市町村への調査などやること多数。

ハイリスク妊婦がもっとも集まるのはやはり産科医療機関。
ハイリスク妊婦が受診した場合...

  1. 後方医療機関に紹介
  2. 自らの機関でフォローするが市町村などとも連携
  3. 自らの機関のみで重点フォロー
  4. 自らの機関で普通にフォロー
とどのように管理されているか把握しましょう。

そもそもハイリスク妊婦についてどう考えているのか
  • 若年、高齢
  • 知的や精神などの障害
  • たばこ・酒飲み妊婦
  • 流早産や中毒症の過去の既往
  • 現在の妊娠の健診で有所見者
  • 低収入など社会経済的弱者
  • 母子手帳交付時期が遅いor不規則受診者
  • その他
など医師やスタッフの認識を確認することも必要

時代は年度末に向っているが^^;大事なことなのできちんと
調べて、結果を皆さんで検討しましょう。

妊婦健診が2回→5回になるという情報も教えてもらった。
関連ニュース「厚労省、妊婦無料健診を拡大 5回以上 新年度にも

妊婦健診では、胎児の超音波検査や妊婦の内診、血液検査などを定期的に行う。妊娠初期や出産直前は1、2週間に1回、安定期は4週間に1回程度。自治体は妊婦に母子健康手帳を交付する際、原則として妊娠20週までの「前期」と21週以降の「後期」にそれぞれ1回、医療機関で利用できる「無料健診券」を配布している。
 費用は1回約5000円、血液検査を伴うと1万~1万5000円程度かかる。厚労省によると、無料となる2回分を除いても、自己負担の総額は平均すると約12万円で、若い夫婦世帯の負担感は大きい。無料健診が5回以上に増えれば、自己負担は10万円以下に抑えられるとしている。

見直しでは、19年度予算で、市町村の「少子化対策事業費」への地方交付税を拡充し、自治体がこの範囲内で地域の実情に合わせ無料健診の回数を上乗せできるようにする。同事業への地方交付税は18年度予算の2倍、約700億円とする方針だ。

| | TrackBack (1)

2007.01.28

九枚肉

沖縄県北部地区から全国に向けて情報発信をしたい!
という趣旨で「頚部エコー研究会」が発足しました。
最初の勉強会に参加して来ました(木曜夜)

頚動脈エコーを広く普及させ、動脈硬化のリスクファクターを
明らかにして、改善に結びつけることが会の目的。
臨床研究のようなスタディを展開することを目指す。

講義メモより「動脈硬化と食事の関係」
参考となる本として「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント」が紹介された。
動脈硬化を促進する食習慣

  • トランス脂肪酸の摂取:マーガリン、ショートニング、加工食品
  • 脂肪の摂取過剰:動物性も植物性も
      オメガ6を多く含んだ植物油(加工食品、コーンオイル、紅花油等)を摂り過ぎると脳組織で炎症反応促進
  • 魚の摂取不足:DHAやEPA→オメガ3が脳に良い。魚やサプリメントで摂れる
  • たんぱく質摂取過剰:年をとっても若い頃と同じ様にとる
  • 砂糖摂取過剰:高血糖や高インスリンは脳や血管にとって危険。
  • 野菜の摂取不足

動脈硬化を抑制する食習慣

  • 適性なカロリーバランス
  • 野菜摂取を増やす
  • 魚を良く食べる
  • 納豆・大豆摂取
  • ヨーグルト摂取
  • カルシウムの充分な摂取
      水分の中のカルシウムが豊富だから(沖縄の長寿)
  • 腹八分

実際に診療をしている医師が聞き取りをした食事内容は
やはり動脈硬化を促進する側にシフトしていた。

  • 魚が少なく、野菜も嫌い
  • ごはんにマーガリンを乗せる
  • 肉は大好き
    1日3回三枚肉を食べることもある

三枚肉はいくら食べても三枚肉なのに、思わず3×3=9枚肉と計算してしまった。
そしてこういうシシジョーグー(肉好き)の人の頸をエコーで見てみると
プラークが見られることもあるとのこと。
直接患者さんにこの画像を見せることが動機づけにつながるらしい

動脈硬化に関連する指標としてABI
=足関節上腕血圧比 ABI (Ankle Brachial Pressure Index) などがあるが、これらとの
dataも合わせて検討するといいかもしれない。

| | TrackBack (3)

2007.01.25

納豆あるある大事件

昨夜は定時制高校で食と健康に関する講話。
学校給食週間だとかで、しっかり給食もご馳走になりました。

学校給食はみんなのバランスガイド

いろいろ話をさせてもらったが、最も受けたのがコレ
(消費者の誤った質問・行動シリーズより)
たまねぎを使いたいがどこまで皮をむいても実がでてこない。不良品ではないか?
さすが農林高校。

食の安全や信頼を揺るがす事例が相次いでいる。
あるあるねつ造に苦情止まらず9200件に引き続き
昨夜の夕刊でみたニュース「不二家効果?公表続々」


「今なら目立たない」
と指摘する専門弁護士の声にも納得するくらい続出
(ただし最後の横浜市は問題の格が違いすぎる)
不祥事だ!わっしょい
といっている間にほとぼりが冷めるのを待ってるんだろうか

こういうのをきちんと追跡するのもマスコミの仕事でしょう

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.01.24

生活習慣病対策の3本柱(地域職域連携推進事業)

地域職域連携推進協議会という会議で用いた資料より
平成20年度以降の生活習慣病対策の3本柱を提案。
働き盛り世代の健康を守るという目標のもと

  1. 定期的な健診が受けられる
  2. 健診の結果に基づいて、効果的な指導が受けられる
  3. 日常的な健康づくり活動に取り組む
1.定期的な健診が受けられる
現在の健診受診率は決して高いとは言えません。 国が示した目標値には程遠く、特に若い世代の受診がカギです。 また事業所規模が小さいほど健診受診率も低い状況。

事業主は健診受診の必要性を今以上に従業員に訴え、
健診が受けやすくなるような環境整備が必要です。
事業主だけではなく中間管理職や衛生管理者も
同様の認識が必要です。

健診のやり方も集団一辺倒ではなく、医療機関の協力
のもと、近くのかかりつけ医で個別に受診できるような
体制整備も効果が期待できるでしょう。

しかし、最も大切なのは従業員や住民ひとりひとりが
健康に関心を持ち、自らの健康チェックのために健診を
受診することです。

また非正規雇用の方々も増えているなかで彼らが
健康管理のしくみから漏れないようにすることも大切です。

2.健診の結果に基づいて、効果的な指導が受けられる

20年度から保険者による特定健診が導入されると、
リスクに応じて効果的に保健指導が行われることが求められます。

そのためには、保健師や管理栄養士などの専門家達が
適切な研修のもとで「ばらつきの少ない指導」を行うことが
必要です。国や各地で作成される指導手引きが参考になる
と思われます。

また指導にあたる専門職の確保も大きな課題です。民間への
アウトソーシングができる地域は良いですが、そうでない地域は
在宅の有資格者などを活用できるように資源発掘が必要です。

健診受診と同様、働き盛り世代が指導を受けやすくなるような
環境整備も必要で、健診受けっぱなし→精査未受診という
サイクルは断ち切らねばなりません。健診結果を把握して
適切な指導が受けることの説明も必要になるでしょう
(事業所へも個人へも)。

3.日常的な健康づくり活動に取り組む

健診でリスクが高いと言われた人もそうでない人も
日常的に自らの健康増進のために努めることが
求められています(健康増進法

生活習慣病に関しては、特に栄養や運動に関して
適切な情報提供があり、日常的に
生活習慣改善につながるような活動とそれを支援する
環境整備が必要になります。

会議で話題になった具体例として

  • 地域の公民館でウォーキングや体力づくりを開催する。
  • 職場で簡易健康チェックや健康づくりサークルを作る。
  • 商工会が会員を対象にウォーキング大会を開催する。
  • ヘルシーメニュー提供や受動喫煙対策に協力する飲食店が増える
  • 役場が月1回「健康の日」を設定し村民に働きかける
などなど
これはそこに集まったメンバーや団体みんなが取り組めること。

地域で活用できる施設などの情報も集約して、わかりやすく
提供する必要があるでしょう。

立会演説っぽい内容になりましたが、みんなでこの柱を大切にして
定期的に情報交換する場を設けて、この件に関してはまとまれる
という感覚を醸成していきましょう。

| | TrackBack (6)

2007.01.23

ハイパーメタボ君

特定健診の階層化ステップが複雑であることはすでにT-cubeで言及。
先行自治体からの報告では

  • 階層化のステップが複雑
  • 支援対象者(積極的+動機づけ)が多すぎ
という問題点を指摘されていたので、それに基づき見直しが検討されている。

1月10日の標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会の資料では
「標準的な健診・保健指導プログラム(暫定版)」見直しの論点が示されている。
  • 腹囲もBMIも基準以下のものは特定保健指導の対象から外してはどうか
  • 糖尿病等の薬を服薬中のものは特定保健指導を実施する必要があるのか
  • すでに脳卒中等を発症したものは特定保健指導を実施する必要がないのでは
  • 65歳以上のものは生活習慣病に関する特定保健指導の対象から外してはどうか

等という趣旨の記述がされており、対象を絞るための努力の跡が見られる。

その会議でどのような議論がなされ、確定版がどうなるのかは
情報を待たなければならない。が、上の提案が通るとすると
現場はさらに複雑なステップへの対応と調整(医師会や介護予防サイド)
に追われることになるだろう。「良い方向」に進むって難しいね。


でさ、どうせ対象を絞るなら、よりリスクの高い集団を優先的に抽出し
効果的なハイリスクアプローチを展開するというのはどうでしょう?

たとえばメタボリックシンドロームの診断基準を基本形として
  • BMIが30を超えた人は「ハイパーメタボ」君
  • 現在も喫煙している人には「スーパーメタボ」君
  • アルコール多量飲酒者には「スナックメタボ」君
などの「進化系」メタボを設定する(ポケモンの見すぎ?)

中途半端なハイリスクアプローチよりは、この方がやる方もやられる方もわかりやすいかも。
一時の個別健康教育のイメージ。これだと限界を実感しやすい。

じゃあ、予備群やもっとリスクの低い人はどうするかって?
健康政策がいろんな部局から生まれると環境づくりが進むと信じて
ポピュレーションアプローチを本気で展開することを検討しましょう。

(こんなこと考える暇があったら、今日の会議資料作りましょう)←自省

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.20

サナダバッグ(目黒寄生虫館グッズ)

Sanadabag
ちょっと大きめのランチボックス
その横に表面少し盛り上がる「紐」が横たわる。その名も
Diphyllobothrium nihonkaiense(日本海裂頭条虫)通称サナダムシ。
だからこの鞄もサナダバックと名づけた。まだ弁当は入れられない...


前々から興味を持っていた目黒寄生虫館についに
行ってきました。
99年頃から隠れたデートスポットとして有名?だったけど、
その理由としては

  • 入場無料
  • 駅(目黒)から15分ほどお散歩間隔の距離
  • 静かでこじんまりとした展示スペース
  • 机に並んで座って調べもの可
  • そして虫たちの生き様について語り合う
などが考えられます。

やっぱりきもい?

公式ハンドブックの館長あいさつには、その形の「きもさ」の
理由が書いています。
寄生虫としての生活が長くなると、不要になった器官は消失し、
子孫を残すための生殖器官だけが発達して、サナダムシのような
異様に姿になったものがあります。

つまり、栄養は家主ではなく宿主(人や動物)から分け与えられ
自らは子づくりに励むために日々改良を重ねている。

学生時代の寄生虫の教授はこれを

酒とバラ色の日々
と教えてくれた(たしか)

寄生虫は必ずしも「害虫」ではないという説も。
寄生虫というのは生涯(あるいは一時期)、他種動物(宿主)の
体表や体内にとりついて宿主から食門とせしめる。宿主がいなければ
寄生虫は生きていけないので、(マラリア原虫などの一部を除いて)
ふつう寄生虫は宿主を殺すような生き方はしない。

とは言ってもアニサキス(「刺身を食べてアガガガガ...」参照)のように
人にとって、つらい症状をもたらすことも多いので予防は必要。
一般に寄生虫は口から感染することが多く、
虫卵が指先や生野菜に付着したり、
幼虫が生焼けの肉に潜んでいていたりするので

  • 食事の前には手を洗う
  • 肉は充分に加熱する
  • 生魚のオドリ食いやゲテモノ食いは避ける
  • ペットの寄生虫には気をつける
  • 海外(特に途上国)に行くときには、どんな病気があるのかきちんと調べ、その予防法などの正しい知識を持つ

と書かれてあります。海外だけではなく日本にいても案外
寄生虫のリスクは高いという認識を(三重大学の症例より→PDF
  • 野菜は自家栽培(市販の肥料使用)のものを食べる(回虫).
  • 約1年前の冬,イノシシ肉を近所からもらって食べた(有鉤条虫).
  • 生サーモンが大好物でよく食べる(裂頭条虫).
  • 焼肉屋では牛レバ刺し,馬刺しをしばしば食べる(無鉤条虫).
  • 猫,犬,ハムスターを飼育している(トキソプラズマ,犬猫回虫).

| | TrackBack (0)

2007.01.18

小児結核の特徴

結核研究所にて研修中。毎日濃厚講義(昼は)。
今日の講義の予習メモです。東京は寒いよぉ~。
明日帰ります。

小児結核の特徴
  1. 乳幼児結核が多い
  2. 発病率が高い
  3. 早期に発病する
  4. リンパ行性、血行性に、全身に進展しやすい(髄膜炎、粟粒結核など)
  5. 発病しても初期は症状がほとんどない。症状が出現すれば重症であることが多い(検診発見が大切)
  6. 家族内感染が多い(家族検診の徹底が重要)
  7. 乳幼児ではBCG接種がきわめて低いので、乳児期早期のBCG接種が重要
  8. ほとんど発病予防可能である(本来は公衆衛生上“0”を目標にすべき)
  9. 小児結核患者は保健問題の見張り役である(成人感染源に有効な対策がとられていない現実に対する問題提起)

では小児結核は、いつ、どのように診断するのか

発症の機序が大人(二次結核)とは違うので、

  • レントゲンで肺野に影があるとか
  • 呼吸器症状が長く続いて、痰から菌が見つかるとか
  • 接触してから半年~1年後に発症するとか
などという考えは通用しないこともある。

まずは感染源となる大人(親や祖父母)が周囲に必ずいる。
父、母、祖父母、親族、母のサークル仲間、保育士などなど...
いっしょにご飯を食べたりお風呂に入ったりするのが濃厚感染。

同居する家族内に塗抹陽性患者(ヒトにうつる結核患者)がいると
5~6割は感染するというデータがある(0~4歳)。麻しんはほぼ100%
塗抹陰性培養陽性では10%、塗抹陰性培養陰性では5%(0ではない)

感染した人が結核を発病する確率は一般成人については10%だが
11-15歳では15%、幼児では25%、乳児では50%というデータがある。
だから乳児の結核感染を見逃すと高率に発病する恐れがある。

肺に定着した結核菌は胸膜直下約5mmのところに初発原発巣をつくり
すぐに増殖して一部は所属リンパ節に運ばれリンパ節は腫大する。
これが初期変化群であるが、肺野の所見が軽く肺門リンパ節のみ
腫れている場合は胸部の単純X線写真で見つけるのは容易ではない。
胸腺や心陰影と重なることが多いからである。場合によっては
胸部CTスキャンも必要になる。

その後結核菌は早期にリンパ行性や血行性に全身に広がると
結核性髄膜炎や粟粒結核という重症に進展することがある(1~3%)
しかも、髄膜炎等は結核感染からツ反が陽転するまでにかかる
期間(2~3ヶ月)よりも早く発病することもある。
その場合は呼吸器症状以外の症状(不機嫌、けいれんなど)
が前面に出ることもある。

喀痰や胸水、胃液などで菌が証明されるのは
初期肺結核で32.5%、慢性肺結核で49.3%、胸膜炎で22.2%
ということだから、大人ほどは見つからない。胸膜炎では
胸膜生検で組織学的に診断することが勧められている。

だから小児結核の診断は

接触歴、ツ反、菌の証明、画像、臨床症状、炎症所見、BCG接種歴、年齢、免疫力などから総合的に判断する

しかない。
話題のQFTは、発病診断には有用だが、感染診断では
特に0~5歳で偽陰性が出る可能性があるので、
ツ反と併用して判断した方がいいとのことだった。

感染が疑われたら、INHによる化学予防を行う。
化学予防の効果は服薬を親が管理するためか
成人よりも高い。

小児肺結核が診断されたら、6ヶ月の短期療法を行う。
標準的には最初の2ヶ月は

  • INH 8~10mg/kg/day
  • RFP 10mg/kg/day
  • PZA 30mg/kg/day
を分1で投与し、残りの4ヶ月はINHとRFPを投与する。
(髄膜炎の場合は12ヶ月)

成人の結核患者が発生し、小児が濃厚に接触している場合には
たとえその患者が排菌していなくても観察を続け、早期に発見して
治療する姿勢をとるべきであろう(反省)。

成人患者の接触者健診がうまく管理できないことが小児結核の
患者発生につながっているということ。しかもこれからの時代は
非正規雇用者などの社会経済的弱者から結核が発生し、
その子どもたちが感染を受けてしまう可能性も残っている。

| | TrackBack (1)

2007.01.12

特定健診 T-cube

平成20年度から始まる特定健診と指導に関するガイドライン
暫定版)に健診を受けた人を階層化するしくみが
説明してある。

単にメタボリックシンドロームを抽出するだけの
「ふるい」と思いきや、なかなか複雑なしくみだ。
ステップ1から4まであり、読んでいると混乱気味に。
ただマトリックス(対戦表の如し)を多用しているので
それを書きだしてみることにした。そしたら3Dになった。

試作品を作ってみました(今は机の上で留守番してます)

Img080step1*step2=step3

まずステップ1は腹囲とBMIの組み合わせで3群に分類
それとステップ2(6つの検査値)のかけあわせ
(それぞれの区分け基準は後日書きます→現在出先なので)
リスクが0個から6個までの7群をステップ1の3群と
かけ合わせて、その結果を3群に分類(3色で表現)
これがステップ3

Img081step3*step4=categorized?

さらにさらにステップ4があって、ステップ3の3群を
5個の問診項目(でも満点は3点)とかけあわせる。
その結果が積極的支援、動機づけ、情報提供のみという
3つの階層に分けられる。しかし、まだまだ未完成ではない

Img082refer to the doctor


最後に検査の値によっては「医療機関に受診勧奨する」
というおまけまでついている。



週刊保健衛生ニュースの新春座談会記事を見てみると
実際にこのステップを踏んで健診受診者を振り分けた
先進県の記事がある。

  • まず健診の対象者の把握が難しい
  • 予想をはるかに超える積極的支援者の出現
  • 太っていない該当者に対する説明が難しい
  • 主観的要素が強い問診項目の信頼性
  • 医療機関との役割が不明確

などなど問題点が噴出している

気になるのはマトリックスで分類するときには
かけあわせる項目はそれぞれ独立しているのが
原則だと思うんだけど、このサイコロを見てみると
例えば血清脂質の値とか喫煙歴とかが複数の面に
出てくる。これが混乱を招いている要因の一つ
ではないでしょうか。

介護予防の「ふるい」は目が粗すぎたり細かすぎたりして
1年で見なおされることになりました。
国にとっては小さな方針転換かもしれませんが、
その振幅は地方や住民にまで来るととても大きく
振り回されてしまいます。

特定健診の「ふるい」(サイコロ)も見なおすなら
制度開始前にお願いします。そのために暫定版という
名前つけてるはずだから。

ガイドラインの完成版がでたらT-cubeも完成版作りますね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.11

性病Gメンの功罪

沖縄では1962年に性病予防法が制定され、それに基づき
1966年くらいから各保健所に性病調査員が配置された(2名)。
彼らは法に基づき感染源追跡調査を行った。
患者から得た情報(というか手がかり)は以下の如し。
(しかも約半数は米軍からの届出であった)

  • 何時、何処で;4日前、××ホテル(2階の部屋)
  • 名前;メリー(源氏名)
  • 身長、体重;150cmくらい、小肥り
  • 特徴;可愛い娘で笑うと奥歯の金歯が見えた。下着は上質なものを着け清潔であった。

たったこれだけの情報を元にGメンは歓楽街に乗り込み
感染源と思われる「彼女」を探しあて、治療を勧告する。
アラバマの追跡ばりのtracingが沖縄でも行われていた。

彼らの苦悩を語る文章を一部紹介する。

  • 性病の感染源のほとんどがバーやホテルに働いている売春容疑者が多い
  • 感染源届出票の中にはほとんど本名がなく人相・特徴だけをたよって調査するので強制的調査と間違えられる
  • 調査する現場に行きその女性を捜すのも容易ではない
  • また昼間はほとんど会えないので夜の調査を実施する場合もあり、お店にはお客さんもいるので個人のプライバシーを守る必要もある
  • 仮に調査して判明してもその女性に検診を受けさせるのに苦労する
  • 時には接触者調査票を渡す段階で女性の代わりに全身イレズミをした男が出て来て脅迫されることもある
  • 基地内で月400人前後の性病患者が出ており、外人とのトラブルもある

このような困難を乗り越え1971年の衛生統計年報によると
2584名を調査し、1898名を検診に導き、487名を治療に結びつけた。
(調査した約2割弱にあたる)

今エイズをはじめ性感染症患者の増加が問題視されている。
現在の対策はもっぱら普及啓発(population approach?)
自主的に検査を受け、HIV感染の段階で発見し医療機関につなげる。
実際沖縄県は人口あたりの受検者数が全国一多くなった頃から
保健所で発見されるHIV感染者も急増しており、キャンペーンの
効果が現れていると言える。

ただ、やはりリスクが明らかに高い集団に対してのアプローチも
必要であろう(本気で感染拡大を防ぐつもりなら)
もちろん、性病Gメンのような人権をほぼ無視した追跡活動を行う
ことは不可能である。しかしAC(公共広告機構)のメッセージ

カレシ、カレシの元カノ、カレシの元カノの元カレ、カレシの元カノの元カレの元カノ...

が大きなインパクトを与えたように、患者感染者を起点にして
さかのぼる視点も大切だと思う。

じゃあどうしたらいいの?(これは宿題)

| | TrackBack (1)

2007.01.10

アラバマの追跡

性病Gメンの資料を探していてぶつかったこの言葉。
アラバマの追跡
ヤフーが教えてくれた国会(衆議院)質問議事録を紹介します。
昭和46年の話。

 さらに厚生大臣に伺いたいのですが、アメリカの、アラバマの追跡というのを御存
じだろうと思いますけれども、一九六二年、昭和三十七年にアメリカの故ケネディ大
統領が性病問題というのを国の重点施策の一つとして取り上げておりまして、積極的
な対策に取り組んだということですが、アラバマ地区で十六歳の女子高校生を中心
に、多数の者が性病にかかっているということを聞いた大統領が、さっそく関係当局
に徹底的に事実を調査するよう、またそれを報告するように言明したということなん
です。その結果、一人の十六歳の少女から百四十一人の友だちがリストアップされま
して、その中に三十六名の性病の患者がいた、しかも驚くことには、この平均年齢が
十九歳であった、こういうことが事実としてあるわけなんです。そういう点から、性
病撲滅のための十年計画というものを認めるように議会に要請をした、そういうこと
で、私は、このあらわれた問題ばかりではなくて、いわゆる濃厚感染源、そうしたも
のまで追及をしていくということが大事ではなかろうか、そういう問題に対してどん
なふうにお考えかをお尋ねしたいと思います。

つまり性感染症について、感染源の追跡をすべきでしょうということ。
患者がひとり見つかったら、聞き取り調査をして感染源と思われる
人を洗い出し、その人が他に感染を拡げないために検査や治療を
命令するというやり方です。JFKだからというかアメリカだからできた。

日本でこれをやろうとすると、人権問題や非協力などが予想される。
沖縄の保健所では1966年~1972年ごろ性病調査員という職員が
2名ずつ配置され、接触者調査にあたったという歴史がある。

それをやらせたのはGHQ(米国連合軍総司令部)

  1. 性病の届出を日本政府に指示
  2. 日本の医療専門家に対して近代的な治療法に関する啓蒙活動を行い
  3. 保健所制度の中に併設性病診療所を設置
  4. 十分な量のサルファ剤とペニシリンなどの治療薬を供給
  5. 性病予防法を成立させ結婚時の性病診断書の交換、妊婦の性病検査の義務化を進め
  6. 感染経路を追及する性病接触者調査員を保健所に置くように指導

調査カードを用いて感染源と思われる女性の特徴を聞き出し
赤線地帯やホテルなどに調査に出かける。
つづく

| | TrackBack (1)

2007.01.04

たばこやめられないままママになると...

「妊娠中にタバコを吸うと赤ちゃんによくない」ということが
何となくわかっている人は多いと思います。最近では
「受動喫煙」という言葉でタバコの煙を吸わされる害も
明らかになってきています。
タバコをやめられないままママやパパになると赤ちゃんに
どういう影響があるのかについて、解説してみます。

流産や早産が発生しやすくなる
タバコを吸わない人に比べ1日20本以上吸う場合1.7倍
自然流産の発生率が高くなります。また妊婦自身が
吸わなくても受動喫煙がある場合には高率に早産が
発生するというデータもあります。

母親の喫煙で先天異常が増える
母親の喫煙と出生児の先天異常との関係を見てみると
非喫煙者に比べて、循環器系、消化器系、そして
泌尿生殖器系で約1.4倍高く異常が発生する恐れが
あります。

出生体重が減少する
タバコを吸う妊婦から出生する児は、約200gも体重が
軽く生まれる(すなわち子宮内での成長が遅れる)ことが
わかっています。また、非喫煙妊婦であっても受動喫煙
にさらされている場合は100g程度軽く生まれてくる
ことが
報告されています。

SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まる赤ちゃんが生まれた後、特に病気などの原因がないのに
突然死亡することがあります(SIDS=乳幼児突然死症候群)。
赤ちゃんの周りでタバコを吸うことがその危険因子
言われています。

子どもの呼吸機能を低下させる家庭内の受動喫煙は、子どもの呼吸機能を低下させ、喘息
にかかりやすくなることがわかっています。それだけではなく
発作を起こし救急室に受診する回数が増えたり、重症化して
入院治療に至る
リスクも高まります。

子どもの知能指数が低下
妊娠中に喫煙していると、生まれた後の子どもの
知能指数(IQ)が低くなることがわかっています。
胎児期の脳の発達を妨げていることが原因として
考えられます。

参考資料:タバコ病辞典http://homepage3.nifty.com/tobaccobyo/index.html

妊娠・出産をきっかけにママもパパも禁煙に取り組みましょう。
たばこがやめられないのはニコチンという薬物による「依存」が
原因です。医師や助産師、看護師に相談して、早くタバコと
サヨナラしましょう。

| | TrackBack (0)

2007.01.02

息子へ(アンマーより)

典型的な沖縄親子像とはこうなのかもしれない。


息子へ

あんたの子どもに私の好きな花をつけてくれてありがとう
やっぱり母ちゃんの子だね。

あんたが急に結婚すると聞いたときはショックだったけど
あんたが決めたことだからしょうがないと思ったよ。

あんたが小さいときから母ちゃんは一生懸命育ててきた
仕事も頑張って、愛情は全部あなたに注いだ。

だから、うーまくーで暴言浴びせられたりしたけど
必ずあんたは私のところに戻ってくるって信じていた。

だってあなたは母ちゃんがいないと何もできないんだもの
そういう風に育ててきたんだから。

嫁さんが何もしなくても、母ちゃんがついてるから大丈夫
つらい時にはすぐ連絡しなさいね。

実はあんたの父ちゃんもオバーの愛情たっぷり受けて育った
だからいつまでたってもオバーから離れられなかった

今度はあんたの番よ。


なんて続くんだろうか?(叱られそうだなぁ)

参照:アンマー(かりゆし58)
歌詞はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »