« 九枚肉 | Main | Do you know 選食力 ? »

2007.01.30

妊婦無料健診が5回に拡大

昨日は久々に県庁の母子保健関連の会議に出席。
妊婦健診のデータを分析して、(特に)ハイリスク妊婦の
健康管理を見直しましょうという趣旨。

現在2回(前後期各1回)行われている妊婦健診の結果について

  • 医師によって判定にバラつきはないの?
  • 異常なしの中にハイリスク群は隠れてないの?
  • 市町村に回ってきた後どう活用されているの?
  • 出産時の分娩状況や児の出生体重などと関連はないの?
などの視点で分析することになった。

膨大な数のデータ、乳児健診データとのリンケージ、
産科医師や市町村への調査などやること多数。

ハイリスク妊婦がもっとも集まるのはやはり産科医療機関。
ハイリスク妊婦が受診した場合...

  1. 後方医療機関に紹介
  2. 自らの機関でフォローするが市町村などとも連携
  3. 自らの機関のみで重点フォロー
  4. 自らの機関で普通にフォロー
とどのように管理されているか把握しましょう。

そもそもハイリスク妊婦についてどう考えているのか
  • 若年、高齢
  • 知的や精神などの障害
  • たばこ・酒飲み妊婦
  • 流早産や中毒症の過去の既往
  • 現在の妊娠の健診で有所見者
  • 低収入など社会経済的弱者
  • 母子手帳交付時期が遅いor不規則受診者
  • その他
など医師やスタッフの認識を確認することも必要

時代は年度末に向っているが^^;大事なことなのできちんと
調べて、結果を皆さんで検討しましょう。

妊婦健診が2回→5回になるという情報も教えてもらった。
関連ニュース「厚労省、妊婦無料健診を拡大 5回以上 新年度にも

妊婦健診では、胎児の超音波検査や妊婦の内診、血液検査などを定期的に行う。妊娠初期や出産直前は1、2週間に1回、安定期は4週間に1回程度。自治体は妊婦に母子健康手帳を交付する際、原則として妊娠20週までの「前期」と21週以降の「後期」にそれぞれ1回、医療機関で利用できる「無料健診券」を配布している。
 費用は1回約5000円、血液検査を伴うと1万~1万5000円程度かかる。厚労省によると、無料となる2回分を除いても、自己負担の総額は平均すると約12万円で、若い夫婦世帯の負担感は大きい。無料健診が5回以上に増えれば、自己負担は10万円以下に抑えられるとしている。

見直しでは、19年度予算で、市町村の「少子化対策事業費」への地方交付税を拡充し、自治体がこの範囲内で地域の実情に合わせ無料健診の回数を上乗せできるようにする。同事業への地方交付税は18年度予算の2倍、約700億円とする方針だ。

|

« 九枚肉 | Main | Do you know 選食力 ? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10513/13713261

Listed below are links to weblogs that reference 妊婦無料健診が5回に拡大:

» 柳沢発言に怒りデス(怒)体重計の数字が減り始めたの(@@) [主婦エリナのブログ☆毎日がドキドキ♪]
柳沢発言に怒りデス(怒)体重計の数字が減り始めたの(@@)ちょっと聞きました?女性は『機械』ですって!ロボットですって!ひどい話よね( [Read More]

Tracked on 2007.02.01 at 10:36 PM

« 九枚肉 | Main | Do you know 選食力 ? »