« This is 不適切 | Main | 男女とも13位に(沖縄長寿復活への道) »

2007.04.28

はしかと山火事

相変わらず燃えさかる関東地方のはしか
連休を前に人の往来が激しくなると、さらに
感染が拡大する恐れがあります。

と沖縄で新聞報道されたのを東京のテレビ局が
聞きつけ、昨年の沖縄北部の麻疹対応について
わざわざ取材に来た。明日放映される予定です。
真相報道バンキシャ
でも沖縄では見れないという噂。

  • 感染力の強さ
  • 医療機関でのトリアージの大切さ
  • 接触者を徹底追跡
  • 全数把握すること
  • そして迅速な検査体制
など伝えたいことはたくさんある (ただカメラの前で頭の中は白かった)

山火事をみんなで消すプロセスと似ているかも
と思いながら、去年のその時期はバックドラフトを
毎日聞きながら通勤していた(変な奴)。

  1. 火が(東京から)投げ込まれ、やんばるで燃え始めた あっという間にひろがったけど、よく調べたら炎のルートが 見えてきて、次の燃えそうなターゲットも見えてきた。 だからそこ(火元)を中心に火消し(追跡調査)を行った。

  2. 万一それが間に合わず延焼したときのために
    火元から離れたところの人たちに予防接種を勧めた。
    炎が近づいても燃えにくくするために。

炎の勢いが強く、1の作業では間に合わなくなると
もう効果的な火消しは期待できなくなる。重点を
延焼対策に切り替えて、周辺の家屋に水をかけまくる。

そして火の勢いが鎮まるのを待つしかない。
新型インフルエンザやSARSだったら、地域封鎖のレベル。
中にいる人も行動制限の対象になるかもしれない

はしかin関東地方は、報道を聞く限りではかなり
火の勢いは強そうだけれど、まだ1の作業を淡々と
すべきだろう。

たとえば熱や発疹で病院を受診する人を、他の人と
接触させないことは基本中の基本。
番組でも紹介されると思うけど、トリアージを徹底して
場合によってはテント外来もやるくらいの覚悟で。
Tentclinic

|

« This is 不適切 | Main | 男女とも13位に(沖縄長寿復活への道) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« This is 不適切 | Main | 男女とも13位に(沖縄長寿復活への道) »