« コンビニeco川柳 | Main | はしかを早期に診断するとは? »

2007.05.31

はじか?

2週間前に沖縄タイムスのコラムに書かれてあったことが
現実に起こってしまった。

アメリカは、日本が「最大の輸出国」だと非難する。
自国では、ほぼなくなったのに、日本人旅行者が
持ち込むケースが多いため。輸出しているのは、
麻疹(はしか)ウイルスだ。
今回の貿易相手国はカナダだ。

1人はしかで全員が一時待機 カナダ滞在の修学旅行生

【ニューヨーク=長戸雅子】カナダ西部アルバータ州の在カルガリー
日本総領事館に29日までに入った連絡によると、修学旅行で
カナダを訪れた東京都内の高校生ら131人(教員2人)のうち、
1人の女子生徒がはしかの症状を示し、バンクーバーの病院に入院した。

 総領事館によると、一行は24日に東京からバンクーバーに到着。
27日に女子生徒が発熱を訴えたため病院で診察したところ、
はしかに感染していることが分かり、同日入院した。

 他の生徒らは28日にロッキー山脈で有名なバンフに到着したが、
地元保険当局の指示で同日はホテルで待機、抗体検査を受けた。
検査で抗体のなかった41人は予防接種を受け、29日から
観光を続けているという。130人にはしかの症状はないという。

今後海外に(本当は沖縄もだけどね)旅行に出かける学校は
事前に生徒の周辺で感染者がいないかチェックして、その人達の
健康観察にも力をいれてほしい。そうでないと日本の麻疹は
本当にはじかになってします。

ただし、ワクチン不足が深刻な現状では、高校生や大学生は
ワクチンで感染予防するのではなく、非薬物(物理的対応)で
対応をしましょう。

誰を優先的にワクチンを接種するかを整理しないといけません。
その意味では国が出した通知はタイムリーだと思います。

はしかの流行が続く中、厚生労働省は30日、1歳児を対象とする 定期予防接種に必要なワクチンの確保を求める通知を都道府県あてに出した。  はしかの予防接種は昨年4月から、免疫を確実に付けるため、01歳時(第1期)と小学校入学前(第2期)の2回接種方式に切り替えられた。  大学などでの流行でワクチン不足が懸念されており、同省は18日の通知で適正使用を要請。さらに、乳幼児に対する予防接種は感染症対策として極めて重要との見地から、追加供給されるワクチンを第1期用に優先的に確保するよう求めた。 

もっとも守るべきは子どもたち。

|

« コンビニeco川柳 | Main | はしかを早期に診断するとは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コンビニeco川柳 | Main | はしかを早期に診断するとは? »