« 日脳 DO YOU KNOW? | Main | 結核予防法亡き後の結核対策 »

2007.07.25

たばこと心中 セカンドライフ

ブログが滞っているのはまじめに仕事してる証拠
と上司に励まされた日、 新聞でこういう記事を見つけました。 思わずブログに乗せてしまった(仕事もしてます一応)

たばこで余命3.5年短縮 40歳時点で(産経web)

 1日2箱以上吸う男性の余命は、1箱未満よりも0.9年短く、
ヘビースモーカーほど短命の傾向がうかがえるという。
喫煙が健康に悪影響を及ぼすことは広く知られているが、
たばこの影響を余命で示したのは国内初の試みという。

日本人の疫学データは国立がんセンターの多目的コホートにも
たくさん蓄積されている。そのうちの「たばこと死亡率」ここには「余命」ではないけど
今回の調査集団に、はじめから一人も喫煙者がいなかったら、
10年間の死亡のうち、どれくらいを予防できたのかを推計して
みました。すると、たばこを吸う男性で起こった死亡646名中の
225名(全死亡10 14名中の22%)、たばこを吸う女性で
起こった死亡50名中の25名(全死亡500名中の5%)が、
予防できたはずという結果でした

多目的コホートは毎年研究成果を発表しているが
今年の夏は沖縄で来る週末に開かれます(フェストーネ

Yomyo

で、引用だらけの前置きが長くなりましたが、若い喫煙者に
とっては、この快楽のためなら3.5年余命が短縮することを
あまり気にかけない人もいるかもしれない。

英国におけるデータがこのグラフ。
40歳の時点で喫煙してるかしていないかの30年後を比較


吸わない群は80%が生存、吸う群は50%のみ生存
これは50代も後半に差し掛かり、定年後のセカンドライフを
計画している人には重い話だろう。健康チェック(健診等)で
たばこに起因する疾患(がんや心筋梗塞、脳卒中等)が
見つかり、60代は通院闘病入退院生活で病院通い。
そしてついに仲間たちより先に寿命を迎えるというものだ。
まさに たばこと心中 セカンドライフ。

願わくばこういう図を喫煙所と呼ばれる場所に貼って、
みんなを禁煙に導き、いっしょにセカンドライフを楽しもう。

|

« 日脳 DO YOU KNOW? | Main | 結核予防法亡き後の結核対策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日脳 DO YOU KNOW? | Main | 結核予防法亡き後の結核対策 »