« 午前3時症候群(うつ・自殺対策) | Main | 西表帰りの熱発患者の鑑別には常にレプトスピラ症を考慮すべきである »

2007.08.28

深刻だよマジで。HIV/AIDS in 沖縄

News






写真はAC(公共広告機構)のエイズ検査啓発キャンペーン
GlayのTERUさんが登場しています。

ちゃんと検査しておいた方がいいですよね。
自分のためにも、大切な人のためにも。

(もしHIVに感染していても、あきらめることはありません。
早期治療が、エイズの発症を遅らせます。
あなたの生活を続けることも可能です。)
大切な人を守り続けるためにボクはここに来ました。

沖縄県内のHIV感染者/AIDS患者数は深刻な状況です。
過去最悪のペースで増加をつづけています。
琉球新報ホームページに掲載されたグラフ
Img46ccd9f6662da




<


沖縄タイムスの新聞記事より
HIV届け出 上半期17人 過去最高 人口比全国2位 急拡大
沖縄タイムス8月23日

県内で病院や保健所に新規に届け出のあった
エイズ患者とHIV感染者数は二〇〇七年六月末現在、
過去最高の十七件となった。
半年間で前年一年間の十四件を上回る急激な伸び。

特に今年四―六月の三カ月間の届け出数は九人で
全国五位と多く、人口比では東京都に次いで全国二位だった。
県内でエイズ治療にあたる琉球大学医学部の健山正男准教授は
「届け出数は県内で検査・診断を受けた数のみ。
他府県で診断を受け県内で治療している患者も多く、
実際の患者数は三割以上増える。感染が急速に広がっている
可能性がある」とみて危機感を募らせている。

  • 予防のターゲットは、青少年+中年、そしてMSM
    • するなら着けようコンドーム
    • パートナーと受けようエイズ検査
  • 医療の課題は受け皿機関の整備
  • 社会の課題は「他人事意識」の解消

注目はエイズが慢性感染症として医師が届け出すべき疾患に
指定されるかどうか。この件についてはまだ議論中のようです。
参考→全国保健所長会ホームページ記事

関連報道
QABニュース

HIV感染者急増で協議

県内でHIVの感染者が急増しています。このため県はエイズ治療中核拠点病院の代表や学識経験者らを集めて今後の対応を協議しました。

県内では1987年の最初の届け出からのHIV感染者とエイズ患者の累計が114人となっていてことしは半年で、すでに去年1年間の12人を上回る過去最高の17人となっています。協議会ではエイズに関する若者の知識や意識を把握する資料が少ない事や県民が抗体検査を受けやすい体制を早急に整える事、さらに一般の医療機関でも適切な治療が受けられる基盤を作り上げる必要がある事など課題が報告されました。

この他、エイズ治療の中核拠点病院からは県外で検査を受けて県内で治療を受ける人が少なくないため、感染者や患者の数が県が把握している数よりも実際は30パーセント多く県の実情は深刻だという報告がありました。

|

« 午前3時症候群(うつ・自殺対策) | Main | 西表帰りの熱発患者の鑑別には常にレプトスピラ症を考慮すべきである »