« インフルエンザワクチンキャンペーン@Okinawa | Main | 歩かぬ県民、肥満に拍車、もっとクンダモーターを! »

2007.10.31

C型肝炎とインターフェロン療法

Hcv







C型肝炎患者は、国内で潜在的に150万人程度存在すると言われ
うち血液製剤などのいわゆる薬害患者は10万人程度と推定されて
います。県内の正確な患者数は把握できていません。

C型肝炎ウイルスに感染した場合、特に対策を取らなければ

約75%が慢性肝炎
に移行し、感染から10~15年で肝硬変となり、
さらに肝硬変から5~10年で肝細胞癌を発生すると言われています。
ウイルス性肝炎が進行するにつれ、感染前の健康度を100%とすると、
慢性肝炎で80%、肝硬変で65%程度しか保てなくなり、腹水や
消化管出血の合併症を生じるとその数値は著しく低下します。

肝炎に関する対策としては、肝炎になっても無症状で経過するため、
検査によって抗体を確認することが重要になります。検査で感染が
確認された場合は、生活習慣を含む保健指導を受け、さらに
必要があれば医療機関でインターフェロン療法を行います。
症例の約30%(あるいはそれ以上)がこの治療により
体内からウイルスを駆除することが可能と言われています。

ただし治療にあたっては肝臓の病態等の正しい診断に基づき、
肝臓専門医の関与の下に行われる必要があり、かかりつけ医と
専門医の連携が必要になってきます。
検査体制を拡充し、患者を早期に発見し治療に結びつけることで、
患者の健康寿命を延伸させ(県民の長寿復活にも資する)QOLの
低下を防ぐことが期待できます。

|

« インフルエンザワクチンキャンペーン@Okinawa | Main | 歩かぬ県民、肥満に拍車、もっとクンダモーターを! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インフルエンザワクチンキャンペーン@Okinawa | Main | 歩かぬ県民、肥満に拍車、もっとクンダモーターを! »