« 「麻しん輸出国」と呼ばれないためには... | Main | 発熱外来のかたち(車社会編) »

2008.02.28

時間的空間的広がり(新型インフルエンザ)

この記事は読者にどのくらいのインパクトを与えたんだろう。
琉球新報2月28日夕刊
記者は最後まで講演を聴いて熱心に取材をしていた。

数を読むのと、実際の広がりを視覚的にみせられるのは
全然違うと思う。スライドは示せないが、大日研究官が
国立感染研究所で行った危機管理研修のものが参考
なる。



新型インフルエンザ想定 本島南部1人目感染→11日目3218人
高病原性鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)について
国立感染症研究所は28日までに、本島南部で1人目の
感染者が発生した場合、11日目には3218人に感染し、
高熱などの有症者は2759人に上ると想定していることが
分かった。

感染者発生後に爆発的な勢いで広がるため、自治体や保健所、
医療機関での入念な対策が急務となっている。
27日に那覇市医師会館で開かれた新型インフルエンザに
ついての講演会で同研究所の大日康文主任研究官が明らかにした。

大日研究官は新型インフルエンザ感染者の約半数が3―6日の間に
発症することを踏まえ、県内で人口が集中する本島中南部の感染
拡大の想定を発表。感染者数は1人目の発見から3日目で8人に
増えるが、その時点で有症者は最初の1人だけで、1週間後には
感染者492人、有症者168人に拡大。11日目には感染者3218人、
有症者2759人に上ると説明した。
 
その上で感染者が出た場合、拡大防止には

「外出自粛が非常に効果的」
と強調した。
(琉球新報2/28 16:08)


パーソントリップデータを用いた新型インフルエンザのシミュレーション
ということで紹介していた。

沖縄で3000人あまりという数にしかむかもしれませんが、
その同じ日、東京首都圏では12万人と桁違いに増えていることも
お忘れなく。

最終的な感染者の数は同じであっても、その増加のスピードが
現在の医療供給体制をはるかに超えてしまえば、死亡や重症者が
増加してしまう。このピークをなるだけ遅らせる・低くするのが課題。


全国版の作成にも取り掛かるということでした。

jonarda720で打ったメモです。

大日先生の講演会
「新型インフルエンザ拡大伝播シミュレーションモデル」
水禽類(カモ)には悪さをするわけではなく共生
・ニワトリなどの動物に感染したら激しい症状をきたす
・それがときどきヒトにも入っている
  ヒトにとってはじめてのタイプを新型という
  H1N1/H2N2/H3N2/(H2N8)/(H3N8)
・馬はH7N7とH3N8
・ブタはヒトと近い
各国の発生状況
・地図と症例の表→致死率は60%を超える
・WHOが確認していない症例もありうるという認識
・新型になるときにこの致死性を維持するかどうか不明
  スペイン風邪は致死率は2%→全世界で4000万~1億死亡
  ただし致死率が高いのは最初だけ
  H5N1も徐々に致死率(病原性)は下がり、人類に入ってくるかも
フェーズ3までは動物の病気
・4,5,6はヒトヒト感染
・状況としてはいつフェーズ4になってもおかしくない
  南京の事例ではヒト-ヒトを認めた
  政治的な影響?
フェーズ4は効率悪い
・R≧1
・4以降に明確な区別はない(どのくらいで6になるかわからない)

毎年のインフルエンザ
・ワクチンは約半分
・罹患によって免疫を獲得する
・毎年1700万人がかかり、約1万人の高齢者が死亡
・例年のインフルエンザの倍のスピードで、倍のヒトがかかる

パンデミックプラン
・2005年に行動計画を策定
  そしてガイドライン策定
・なかなか煮詰まっていないのが現状(両論併記が多い)
・初期封じ込め
  患者を見つけたら地域封鎖
  外出制限+タミフル投与
・電車を止めるのは国のプランには書いていない
・対策を書いたらその効果を図ることが必要

どのくらい効果的なのかを検証する
・時間的空間的な広がり

ferguson NM
・タイ及びその周辺国の人口分布に合わせたモデル
・タミフルが有効に利く
Longini Jr.IM
・同様に、抗ウイルス剤、隔離、予防接種の効果で封じ込め可能

TAP
・患者を見つけたら、その周辺の人には接触確認せずにタミフル投与
・学校、職場では6割の予防投薬

その後の論文
・国境封鎖や旅行制限では99%以上制限しない限り2-3週間以上ピーク遅らせられない

実際の移動データを用いた都市工学的なアプローチ
・パーソントリップデータ
  沖縄県中南部都市圏交通計画協議会
  
6分ごとに所在地を定義する
・自宅、電車内、立ち寄り先に分布
感染性の定義
・潜伏期の最終日
・症状期(3~6日)も感染
  症状期は活動停止する
  アジア風邪の際、ごく軽症な無症候例は半数
  
初発嘉手納の想定
  新規患者数はどんどん増える
・11日目で3000名くらい
  首都圏は12万

さきほどは感染者で有症者はその半分
・医療が必要なものの自宅の分布!
・10日目は有症状のもの
・連続的に発症しているので地域封鎖は難しい
そのかわり「外出自粛」を検討した方がいい

7日目から対策開始
・電車バスを使う通勤通学の40%を自粛
・電車バスを使わない(小学生)を80%自粛
外出自粛が有効
・完全には抑えきれないが10日目でも6日目と同じ水準
・有症状者は増加するが10日目で500人程度

全国幹線旅客純流動調査で全国版を作成
・移動する飛行機の中では感染しない
・首都圏に30万人いる14日目であっても宮崎は大丈夫
医療資源の枯渇に伴う死亡を抑制する

感染症なのでワクチンができるか、人口の一定割合ができるかすれば抑える

患者の数には影響しないが、スピードは重要
  それが死亡者に影響する
  

|

« 「麻しん輸出国」と呼ばれないためには... | Main | 発熱外来のかたち(車社会編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「麻しん輸出国」と呼ばれないためには... | Main | 発熱外来のかたち(車社会編) »