« サプライチェーンと下請けドライバー | Main | 「そうか、もう君はいないのか」 »

2008.07.27

水たまり+10円玉→日脳対策

日本脳炎が気になる季節がやってきた。(注意報に関するニュース)
厚生労働省からは今年も防蚊対策についてのポスターが出された。
PDFで直接リンクしています)(印象深いデザインです)

夏です。蚊の多い季節がやってきました。
日本脳炎ウイルスはブタの体内で増殖し
蚊(コガタアカイエカ)を媒介して人に感染します。

例年、日本脳炎ウイルスを保有するブタが
西日本を中心に確認されていますので
特に西日本地域(中国、四国、九州等)でブタの多い場所や
(コガタアカイエカの発生する)水田、沼地の周辺の屋外では
蚊に刺されないよう注意しましょう。

夕方から夜にかけて、蚊の活動が活発になります。
お子さんが蚊に刺されないよう注意しましょう。

日本脳炎のワクチンは副作用が問題になった2005年以降
現在では生産が中止されており、残り170万本となってて
今年度100万本、次年度70万本で枯渇するとのこと。(日経

2005年以前は毎年400万~500万本接種していた(産経記事

副作用の少ないといわれる新製法のワクチンが供給されるのが
次年度以降らしいが、できるだけスムーズに新ワクチンに移行
できるかどうかがカギ。さらに空白世代に対する追加接種や
地域によって優先順位をつけることを理解してもらう作業も必要
(最初はワクチンが不足するため)

気になる記事としては、時事ドットコムに載っている

厚労省は、ウイルスを持つ豚が多い中・四国や九州など
感染リスクが高い地域に住み、1度も接種を受けていない
3~6歳児は接種を検討するよう呼び掛けた

とあるが厚労省がそこまで踏み込んで発言したのかなぁと。
感染研の専門家の立場ならわかるけど。

ちなみにポスターは

日本脳炎ワクチンの接種についてはお住まいの市町村にご相談ください。
とある。

と、いつも日本脳炎の話題になると運天港みたいな(運を天に任せる)
不安でモヤモヤした記事(そういう気分)になることを反省して
防蚊対策について検索してみた。

  • 夏休みの宿題実験にもなりそうなブログの記事を発見(はっしんの実験さま)
  • 東京新聞にも「蚊の発生源を絶つ・10円玉の活用」
    蚊が卵を産むのは 代表的な場所が雨水ますや廃タイヤが積まれたところ、そしてお墓。 見落としがちなのが、昨今ウッドデッキのある家も増えるが、その下に バケツなどが置いてある場合や、植木の鉢受け。
    ガーデニングなどで、水をためておく必要がある場合は、十円玉など 銅を入れておこう。蚊の発生を防ぐことが日本銅センター(東京)の調査で 明らかになっている。理由は解明されていないが、ボウフラを飼った実験では、 ガラス製容器で八割が羽化したのに対し、銅製では全滅した。
    情報源の日本銅センターHPにも関連する内容をいくつか見ることができます。

どうでしょう(これは余計)

|

« サプライチェーンと下請けドライバー | Main | 「そうか、もう君はいないのか」 »