« 人はなぜ逃げおくれるのか-災害の心理学 | Main | 振袖火事と結核 »

2008.09.22

ニコチン巨人阪神戦

プロ野球選手の喫煙に関しては、野球少年たちに与える影響も
大きいことから、一部の(いや、多くの)人たちの関心事であった
にもかかわらず、その情報はあまり公開されていなかった。
(実際1時間ググってみても釣果は少なかったzzz)

そういう意味では今シーズン屈指のニュースかもしれない。
阪神をケムに巻いた…巨人、好調の裏に禁“煙軍”(ZAKZAKニュース)

奇跡の大逆転Vへまっしぐらの巨人。
今季の原監督は選手や裏方に対して「タバコは毒だからやめろ」
とやたらと禁煙を勧めている。

原監督自身は現役時代、キャビンマイルドをこよなく愛する
スモーカーだった。ところが第1次監督時代2年目の2003年、
球団フロントと衝突して辞任し、
「ユニホームを脱ぐと精神的にも肉体的にも楽になる。怠惰に
流れるのが嫌で、自分の好きな物を何かひとつやめようと思った。
でも禁酒は嫌。そこで禁煙することにしたんだ」(原監督)。
同年の大晦日限りでタバコを絶ち、04年元旦から現在に至るまで
禁煙続行中だ。

巨人では上原、内海、グライシンガー、高橋尚の先発陣のみならず、
豊田、クルーンのリリーフ陣もノースモーキング。
打線でもラミレス、李承ヨプ、高橋由はタバコを吸わず、坂本も未成年。
喫煙率は低い。

一方、阪神は岡田監督を筆頭に、
下柳、福原、藤川、久保田、金本、新井、赤星、関本ら
愛煙家がズラリ。

とはいえ、GT決戦初戦の19日、
勝敗を決定づける通算300号2ランを放ったのは、
巨人では阿部とともに少数派となった愛煙家の小笠原。

などの選手喫煙情報満載記事となっている。

また、17日に先発初勝利を飾った東野に関してはサンスポ

プロ4年目。茨城県内有数の進学校、
鉾田一高から巨人に入団したが、右肩を痛めた。ストレスがたまり、
チーム内でも有名なヘビースモーカーに。(中略)
 「うちの先発に喫煙者はいない。それが(先発ローテの)条件。
彼はこれを機にたばこをやめるでしょう」と、原監督が禁煙の勧めだ。
東野は「本数を減らしていたけどこれを機にやめたい」。
原巨人にまた、孝行息子が誕生した。
と報じている。

ベンチ内は禁煙だが、イニング交代時や出番がない時
ベンチの裏でニコチン補充しながらプレーしているんだはず。
しかし、時代は無煙化の流れ。こんなニュースもあった。
燕ダッグアウト灰皿撤去で愛煙選手と“すったもんだ” (ZAKZAK2008/03/27)

昨季までの古田前監督時代から禁煙化が始まった。
高田新監督が就任した今季もさらに推進し、神宮球場の
一塁側ダッグアウト内では一切の灰皿を撤去。
どうしても吸いたいムキは、ダッグアウトから遠く離れた
球場内の狭い一室に駆け込んで一服している状況だ。

球界では「ファンから見えるところでの喫煙は好ましくない」という流れ。
タバコを吸わない高田監督もこの方針を順守しているが、
ヤクルトはさらに徹底化。(中略)
クラブハウス1階の選手サロンから灰皿を撤去。

燕のヘビースモーカーといえば石井一、高津らだったが、
そろって退団。対抗勢力の旗頭を失った選手たちは
「体にいいわけじゃあないし、まあ、しようがないか」
と禁煙に入ったベテランもいる。

受動喫煙対策研究会の中田ゆりの研究日誌
によると、プロ野球球団に対する喫煙対策調査を行ったところ

回答したのは、読売ジャイアンツなど5球団
(他に中日ドラゴンズ、広島東洋カープ、オリックス・バファローズ、
千葉ロッテマリーンズ。だけで、7球団は回答しなかった。5球
団の多くは「喫煙は好ましくない」とした。

日本のプロ野球選手の喫煙率は40%前後とみられている。

野球少年たちは見ている。

プロ野球選手にも禁煙支援が必要なようだ。

引用ついでにこんなのもありました。

題して
ニコチン衆院選(まだ早いか)

喫煙OK 時代に乗り遅れる自民 支援団体に配慮?(スポニチ8月18日)

今月6日、自民党本部で開かれた超党派の「たばこと健康を考える議員連盟」総会に出席した面々は、がん発症に及ぼす喫煙の影響をめぐる有識者の報告に聞き入っていた。会合は全面禁煙。ヘビースモーカーで知られる共同代表の中川秀直元幹事長もこの時だけはぐっと我慢の表情だった。

 このケースは自民党では例外。党本部での各部会では、机上に灰皿が並ぶ。特に食事付きの会合では「食後の一服」を欠かさない議員が多く、くゆらす紫煙で部屋がかすむ光景も珍しくない。野党側からは「支援団体の葉タバコ業者やたばこ業界に配慮しているのではないか」とやゆする声が上がる。

 2005年の郵政選挙で初当選した小泉チルドレンが、会議中の禁煙を執行部に申し入れた例はあるものの、党全体で目立った議論にはならず立ち消えになっている。

 一方、ほかの政党では対照的に禁煙が定着。民主は2000年に各部門会議での禁煙を申し合わせ、03年には党本部各階に喫煙スペースを設け分煙を徹底した。共産、社民も会合は原則禁煙で、国民新は「そもそも国会議員8人全員が喫煙しない」(党職員)。

 連立パートナーの公明党はどうか。政調担当者は「党本部の施設内を含め全面禁煙。国会内で開く党内会合でも灰皿を用意することはない」と自民党には冷ややかだ。

 自民党の実力者には愛煙家が多い。党幹部で見ても麻生太郎幹事長をはじめ、古賀誠選対委員長、大島理森国対委員長などなど…。青木幹雄前参院議員会長も「チェリー」を手放さない。

|

« 人はなぜ逃げおくれるのか-災害の心理学 | Main | 振袖火事と結核 »