« ビートたけし beat TB | Main | 全国基礎学力テスト(エイズ編) »

2008.11.30

寄生虫との100年戦争は終わらない...

寄生虫との100年戦争というのは
日本住血吸虫という寄生虫のこと。

  • 住血吸虫症は、成虫が静脈内に寄生することで生じる疾患
  • ヒトが河、湖、沼な どの淡水に入って感染する
  • わが国では以前、日本住血吸虫症が特定地域に多発していた
  • 今では撲滅されて新たな患者発生は見られない
  • かつてわが国にも、甲府盆地をはじめ、九州の筑後川流域、
    広島県片山地方、静岡県富士川流域などに、流行地があった
そうだ
肝臓にも病変が及ぶため
肝では肝線維症へと進行し、特徴的な画像所見を示し、長期経過すると
肝脾腫、門脈圧亢進、腹水、食道静脈瘤の形成、そこからの出血をきたす。
これらの変化は日本住血吸虫症の方が顕著にみられる。
肝臓の病変は一見して肝硬変に類似するが、肝機能は長期間正常に保たれることが多い。

しかしその後患者は減少し、
1996年2月、地方病撲滅対策促進委員会(会長=刑部源太郎 県医師会長)は、
当時日本国内では、山梨県だけに残っていた、日本住血吸虫病について、
「地方病の流行は終息し、安全と考えられる。」という報告書を
天野県知事に提出しました。
山梨県はこれを受けて「山梨県の地方病の流行は終息した。」と、
「流行終息宣言」をしました。
と100年余りに及ぶ寄生虫tの戦いは終結した。

この寄生虫の流行地が、C型肝炎の患者集積地域と一致している
という噂は前にも聞いたことがあったが、先日のC型肝炎の研修会で
詳しく教えていただきました。

前出の国立感染症研究所「感染症の話」では両者の関係には
触れられていませんが、第23回日本医学会のシンポジウム記録集「わが国の慢性肝疾患、特に肝癌の疫学的特徴」では

一般人口におけるHCV 抗体陽性率を世界的にみると,
日本のほか,エジプトやモンゴルに高いことが示されている3).エジプトで
は,特にナイル川流域で高いが,この原因と
してこの流域に流行していた住血吸虫に対す
る注射治療(Parenteral Antischistosomal Treatment,
PAT)における注射器・針の汚染が挙げられている4).

また,東日本の中で特に山梨県でHCV 抗体陽性率と
肝癌が高い理由として,この地域に流行していた
日本住血吸虫症の治療における酒石酸ナトリウムアンチモニウムの
頻回な静脈注射が感染の機会を増やしたものと推定されている5).

寄生虫を撲滅するために、その当時の知見では最善の治療だった
静脈治療によってHCVが蔓延し、その結果として慢性C型肝炎、
肝硬変、肝臓がんによる死亡率が高くなっているというサイクル。
そういう意味で100年戦争は終わらないということになる。

国は肝炎対策として昨年来踏み込んだ施策を展開している
厚生労働省「新しい肝炎総合対策の推進」
薬害肝炎の原告との和解は進んでいるが、感染経路を特定
できずに闘病生活を強いられている方々から寄せられる声は
後を絶たない。でも「過失」を証明することはきわめて困難で、
その結果責任を追及することも難しいというジレンマに陥る。

輸血後肝炎も同じ構図だと考えます。

約1年前にここにも書いた「無過失補償制度」は
今年から出産→脳性マヒに適用されたと聞いたが
C型肝炎にも導入を検討する余地はないんだろうかと思う。

最後にこんなニュースもありました。
寄生虫の治療薬、C型肝炎にも効果 エジプトで臨床試験(朝日ドットコム)

|

« ビートたけし beat TB | Main | 全国基礎学力テスト(エイズ編) »