« 気温が平年より低いとインフルエンザは流行する?! | Main | インフルエンサー(戦略PR) »

2009.01.30

子育てナイアガラ

新型ばかりに話題が集中するので、旧型(季節性)インフルエンザが
やきもちを焼いて存在感をアピールしているのか(そんなわけないか)
今年は激しく流行しています。沖縄では過去最高の報告数(89/定点)
に達しました。流行の要因の一つに低温+乾燥があると報道された
せいか、昨日の雨について「めぐみの雨になればいいですね」とROKの
パーソナリティが放送していた。

感染症ばかりに話題が集中したので、去年発表した児童虐待防止用
スライドから1枚紹介。

タイトルにもあるナイアガラは、以前生活習慣病によく例えられるという
記事
にしたことがあります(2007年2月=保健所時代)

児童虐待に関わる地域の関係機関の中で主役はやはり児童相談所。
市町村の母子保健担当や県の保健所は、児童虐待との関わり方が
いまいち整理できていないのではないか、というわけで、ふたたび
ナイアガラの写真を使って見ました。

Naiagara










お魚さんが3種類泳いでいますが、いつものように
児童虐待のリスクに応じて塗り分けられています。
すなわち

  • 緑:虐待リスク小さい人(数は多い)
  • 黄色:虐待ハイリスクの人
  • 赤:虐待しつつある(既にした)人

上流でのんびり泳ぐ緑の魚、でもそこから滝つぼへの流れに
流されてしまう黄色い魚、そして加速する流れに乗ってしまい
ついには滝つぼに転落する赤い魚。
地域で子育てしている親子を魚に例えています。

さっき主役と書いた児童相談所は、滝つぼに落ちた赤い魚を
救い出すのが本業。では滝の上のお魚は誰が面倒みるの?
落ちないようにするのが虐待予防(落ちたら死にます)

黄色のハイリスク魚は

適切なアセスメントと地域資源を活用して滝から遠ざける
(ハイリスクアプローチ)

緑のお魚群に対しては
毎日の子育てでストレスを過度に感じないように・子育てしやすい環境づくり
(流れをゆるやかにするアプローチ)
が必要です。

自分の立ち位置は滝のどの辺なのかをみんなが自覚して
地域の資源を活用して子育て中の親子を支援しようという図。

県型保健所には日常業務を通じて、滝つぼに落ちそうな
(あるいは落ちた)ハイリスク親子の個別支援の役割と
滝の上の魚たちがどんどん滝つぼに向かわないように
流れをゆるやかにする役割があると思います。

とまとめました(わかりにくいかも)。

|

« 気温が平年より低いとインフルエンザは流行する?! | Main | インフルエンサー(戦略PR) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 気温が平年より低いとインフルエンザは流行する?! | Main | インフルエンサー(戦略PR) »