« 違いがわかったよ(国内発生早期vs感染拡大期) | Main | で、結局何人が感染したんですか? »

2009.02.21

感染が局在的に広がるHIV/エイズ

明日の報告会の準備資料

2008hivaids







エイズ報告08年も過去最多 6年連続、1545人(47news)

エイズ発生動向委員会から昨年10月~12月までの報告状況と
08年全体の動向が発表されたことに関するニュース。

厚生労働省のエイズ動向委員会は18日、 国内で2008年に新たに報告されたエイズウイルス(HIV) 感染者は1113人、エイズ患者は432人で、計1545人に上る との速報値を発表した。 感染者・患者の合計報告数は03年以降、6年連続で過去最多を更新した。 大半は男性で、感染者と患者を合わせて1442人。 女性や外国人男性の報告数は前年からほぼ横ばいだったのに対し、 日本人男性の増加が目立った。

前回(3ヶ月前の発表)のときの動向委員長のコメントが

男性の同性間性的接触で感染が局在的に広がっていることが
影響しているのでは

報道されていた

上の地図はいつもお世話になっている群大青木教室のMap of Japan
による塗りわけ地図。
人口10万人(平成19年10月=e-STATより)あたりの新規報告数です。

赤色の基準は「全国平均1.209よりも多いかどうか」
残りの3段階は0.3 0.6 0.9に設定。
グラフで赤いところは4都府県だけです。

  1. 東京 4.240
  2. 大阪 2.633
  3. 沖縄 1.675
  4. 愛知 1.481

今年は献血から全国最多の26例が発見されたことが大阪が232例と
増えているのが目立つが、これは検査体制強化(chot CAST なんば開設)も影響しているのだろうと考えます。

全国的に見ても感染が広がっている場所は局在化。
(残念ながら沖縄もその地域に入っている)

局在→まん延しないような感染症対策を考えよう。


|

« 違いがわかったよ(国内発生早期vs感染拡大期) | Main | で、結局何人が感染したんですか? »

Comments

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/weekly/2009/08.pdf
都の感染症週報の19ページ目
経験に裏づけられた話とは言え、書きすぎのようにもおもわれますが如何でしょうか?

Posted by: sionoiri | 2009.02.27 08:45 AM

いつもコメントありがとうございます。
記事読みましたが、確かにホントかなぁ
と思うような表現もありますね。裏づけ
データがあればいいんですが。

長野みたいに感染パターンが違うところ
では、事情が違うのかもしれませんね。
http://www.pref.nagano.jp/eisei/hokenyob/aidsgenjou.htm


Posted by: titokazu | 2009.02.28 08:15 AM

長野くらいの気持ちでいないと、隙が生まれますよね。

Posted by: sionoiri | 2009.02.28 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 違いがわかったよ(国内発生早期vs感染拡大期) | Main | で、結局何人が感染したんですか? »