« 警報や注意報を出す理由 | Main | 等遁(とうとん)の術 »

2009.02.08

MR最後の追い込みを

麻しんワクチン接種率が3期4期で伸び悩み。
一部の集団の場を利用した個別接種を取り入れた
自治体をのぞいて、なかなか目標の95%に近づかない。

今年度は残り2ヶ月を切って、まさにラストスパート。
いや、ラストスパートというのは先頭集団が後続を引き離す
というイメージがあるので、競馬的にはミスターシービー
並みの最後の追い込みが必要。

啓発用のファイル作ってみましたので、
ご自由に。(パワーポイントとPDF)
「mrorikou.ppt」をダウンロード
「mrorikou.pdf」をダウンロード

三期(中1)は親に連れられて、四期は自分で必要性を感じて
接種するというパターンが多い。学校での積極的に勧奨して
スタートダッシュを期待した保健関係者も多かったが、やはり
馬場は重かった(不良馬場

MRに関するCBニュース(おー、これぞミスターシービー)
はしかワクチンの接種徹底で文科省に協力要請-厚労省
(いつもタイムリーなニュース提供に感謝)

今年度から5年間に限り、はしかワクチンの2回目定期接種の対象になった
中学1年生と高校3年生の接種率が低迷しているのを受け、
厚生労働省は2月4日付で、文部科学省学校健康教育課などに対し、
年度内接種を勧奨するよう協力を求める通知を出した。

通知では、都道府県教育委員会を通じて未接種者に働き掛けるとともに、
高3生については、大学などが入学手続きの際に接種を勧めるよう要請。
このほか、学校から都道府県麻しん対策会議への接種状況の報告も求めている。

馬場のせいにするのではなく、最後の追い込みを!(自分にムチ)

Mrbrother_2

|

« 警報や注意報を出す理由 | Main | 等遁(とうとん)の術 »

Comments

金曜午後、期末試験最中の歯学生が39度の熱の扁桃腺で来ました。「MRやったよね」「…?」「ほら2007年流行ったろう、はしか」「そういえばあのとき打ったの、学校でなんか、う〜ん何だったけ」(B肝じゃないよな、MRだよな…)「インフルエンザはマイナスだが、EBにせよ麻疹にせよ発疹がでるならウイルス性だ薬は効かんぞ、試験には行くなよ」明日が怖い。細菌性の扁桃腺だと良いなぁ
ちなみに秋田では
http://www.city.kitaakita.akita.jp/news/2008/02/0212/hashika/hashika.htm

Posted by: sionoiri | 2009.02.08 at 02:18 PM

コメント感謝です。
冷や汗タラタラするような話ですね。

PCR陽性だったら、感受性者は出席停止モノです。
(これも秋田が前例作ってくれた)

Posted by: titokazu | 2009.02.09 at 12:17 AM

秋田のまとめby 秋田放送
http://www.akita-abs.co.jp/asadori/tokusyuu/080911.htm
http://www.akita-abs.co.jp/asadiary/2008/09/080911.html
接種率が低く赤ペン先生に添削された東京神奈川
http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/pdf02/2008121509.pdf
麻しんサーベイランスでも低い神奈川東京が発症の中心

Posted by: sionoiri | 2009.02.09 at 09:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 警報や注意報を出す理由 | Main | 等遁(とうとん)の術 »