« November 2009 | Main | January 2010 »

2009.12.31

なぜココイチのカレー屋には外国人客が多いのか?

基地のそばにあるということを割り引いても、
とにかく外国人が多く訪れるのがココイチ
(正確にはカレーハウスCOCO壱番屋
チェーン店としては(たぶん)日本で初めて
全館禁煙に踏み切ったことで一部の業界では
有名です。

昨日もハンビー店に食べにいったけど、日本人は
うちと店員以外はいなかった。見事なまでに
駐車場にはYナンバー車が並んでいた。

およそ80%以上が外人客という状況の中で
どうして?どうして?と思いながらも、
なかなか外国人に直接理由は聞けないでいる。

でも多いのは間違いないと思うんだけどね。
だからメニューも英語。1$=¥80で換算。
お歳暮、じゃなくてクリスマスパックも英語表示。
(中身は家庭用レトルトパック)
その説明書きはこれ(原文のまま)↓



How to make a packed curry

boiling
In hot water which boiled
put packed curry (without cutting asal)
let boil for 7 from 5 min and am completed

microwave
cuts a seal of packed curry.
move to a bowl usable with a microwave
covering with plastic wrap.
Heating times
500w 2min
600w 1min30sec



那覇や他の県ではどうなんでしょう。 そういえば
去年行った糸満にはいなかったっけ。

米国夕食の定番「冷凍ピザ」や「ハンバーグ」には
飽きたんだろうか。

  • カレーが好きなのか
  • CoCo壱番屋が好きなのか

もやもやを抱えつつ、年を越します(来年への宿題ね)
関連情報収集します。

2009年中はアクセス数30万突破(1月)から41万突破(12月)
まで来れました(深謝)


| | Comments (5)

2009.12.28

退院おめでとう。みんな心配していました

この記事

遠く沖縄まで旅行に来て、体調が悪くなって
レスピレータ管理まで病状が悪化。

お母さんにも来てもらって治療が続いたけど
無事に快復して、退院することができました。
よかった。本当によかった。

| | Comments (0)

2009.12.23

エイズ検査は保健所で

14_sample




ココルという医療系フリーペーパーに載せてもらった広告。
(カバーフローのようには、動きませんが)

週末行われた人権フォーラム2009で報告してきた。
(以下に原稿)



  • 1987年以降、沖縄県ではこれまでに173例が報告されています。
    最近では、2007年に32例、昨年2008年は24例が報告され、
    増加しています。
    今年も10月末までで20例ということですから、昨年と同じペースです。
    色がついていて、上のピンクはHIV感染症といって、まだ発病していない段階の人。
    下のみどりはその後エイズを発病した状態で、発見された方です。
    HIV感染の段階で見つかれば、治療によって発病を遅らせることもできるし、
    他の人への感染を拡げないことにもつながります。
    逆に、エイズを発病してから発見されると治療が難しくなると言われています。
    沖縄県では、最近、エイズを発病してから発見される人の割合が増えています。
    2005年頃は、全体に占めるエイズ患者の割合は13%だったのですが、
    2008年は29%、
    そして、今年は20例のうち7例ですから35%となっています。
    早く見つける対策が必要ですね。

  • 次に男女別の状況ですが、これは全体でも9割以上が男性となっています。
    最近もほとんど男性で、今年の報告例もみんな男性となっています。
  • 年齢別の状況ですが、20代と30代が増えています。
    10代もここ3年で3例報告されています。
  • 次は感染経路です。
    HIVは、ウイルスで感染する病気で、そのウイルスは血液や体液に
    います。よって、日常生活では感染しないということをまず覚えてください。
    そして主な感染経路は性行為となります。
    現在の感染者は、男性同士の性行為で感染している人が大部分を占めていますが
    男女間の性行為でも感染は続いています。
    感染を防ぐためには、性行為をしないか、性行為をするときにコンドームを使い
    感染しないように気をつけることが必要です。
  • 地図が出てきましたが、2008年のHIV/AIDSの報告数を人口あたりで比較したもので色が赤くなっているところがHIVの感染者数が多いところとなります。
    最も多いところが東京都、その次は大阪府となり、第3位に沖縄がきています。
    その前の年は、東京に次いで第2位という状況でした。
    沖縄県は全国でも有数の感染拡大地域となってるんです。
  • まず、このような状況となっていることを皆さんにお伝えしたい
    そして同時にお願いしたいのは、エイズに関心を持ってくださいということ。
    こわい病気というイメージが強すぎると、偏見や差別につながりやすいということは歴史も証明しています。
    そういうイメージを持つ原因は、病気のことをよく知らずに噂等だけで決めつけてしまい、自分の関心の外においてしまうためです。だからエイズのことをもっと知ってください。
    病気のことや感染者のこと、そして世界の状況にも関心を持つようにしましょう。
  • 自分を知るためにもっともいい方法はエイズの検査を受けることです。
    HIVは無症状で経過しますから、感染しているかどうかは検査を受けなければわかりません。
    県内6つの保健所では、無料で匿名で検査を受けられます。検査を受けたその日に結果が分かる即日検査や、夜間検査をしている保健所もありますので、それぞれお電話でお問い合わせ下さい


実際は世の中の他のニュースにまぎれて

エイズって増えてるの?誰も知らんはずよ

というのが市民感覚なのかもしれない。

世界エイズデー周辺だけでなく、
3ヶ月ごとの動向委員会発表だけなく
継続的に情報を流すしくみが必要。

また当事者にとっては、
「毎日」の生活をサポートする体制も。

久々に、「坂道のポンチ絵」を思い出しました。

| | Comments (0)

2009.12.22

インフル増えると麻しんが減る

新型インフルエンザが流行り、感染予防対策が浸透したおかげで、
ほかの感染症の報告が減ったというニュース(読売新聞

これは興味深いニュース。

ノロウイルスなどが原因で秋冬に流行する感染性胃腸炎が、過去5年間の同時期の平均に比べ、73%も減っていた。水ぼうそうとマイコプラズマ肺炎はともに27%、突発性発疹も17%減るなど、計12種類が例年を下回っていた。

麻しんはどうか。

国立感染症研究所の麻しん発生動向のサイトで調べると

  • 2008年1〜49週まで:10952
  • 2009年1〜49週まで:718

およそ15分の1に減少。
グラフもあるけど、新型出現以前から全体的に低いような気もするが。
麻しんウイルスが宿り主に入ろうとしたら、先客がいたという感じか。
とすると、今のうちにワクチン接種で宿り主を減らそう。

エイズはどうか。

エイズ予防財団の動向委員会コメントでは
これまでの上昇一直線の伸びがやや鈍っている気がするが

保健所等における相談件数(速報値)は 43,549 件(前年同時期速報値 57,792 件)
検査を受ける人が減ったためかもしれない
(検査が減ったのは新型インフルエンザ流行による保健所の体制の縮小が原因かも)
沖縄も昨年と同様のペースで報告があがっている。
エイズを予防するのは、手洗いよりもコンドーム。

結核はどうか。

これは宿題ね。
(でもいつもどおり高齢者の間で感染がひろがっている気がする)

| | Comments (0)

2009.12.21

浪人生の悲痛な叫び「廃棄するぐらいなら」

浪人生へのワクチン接種に関する情報収集

  • 新型インフルワクチン、浪人生「なぜ後回し」 (全国私塾情報センターニュース
    ただ受験シーズンが本格化するほど「同じ模試を受けるなど、 現役と浪人の行動が重なる場面が増えてくる」(河合塾経営企画部)。
    もっとも自治体の一部には、高校生でも特に受験を控えた 3年生だけを対象に接種を前倒しする動きもあることから、 「実際に『受験』という要素が接種順位に影響しており、 浪人生からみれば不公平」との指摘もある。
    →受験という要素を考慮するなら、浪人生への配慮も必要ということか
  • 新型インフルワクチン、浪人生「接種なぜ後回し」 (日本経済新聞12月11日
    高校生と浪人生は予備校や受験会場で机を並べることも多く、 ラストスパートの時期を迎えて、教育現場や保護者らからは 「浪人生にも何らかの配慮を」と対応を求める声が出ている。
    →多数寄せられています。受験生は追いつめられている
  • 鳥取県の新型インフルワクチン”受験生枠” 国「中止を」 (大阪読売11月6日
    同省の担当者が先月下旬、「ワクチン供給量が十分でない中、 重症化する可能性が低い浪人生への優先接種は容認できない」 と電話で指摘したという。
    →この理由はもはや容認できない
  • 浪人生の新型インフルエンザ予防接種について (OKwaveへの2浪生の質問
    新型インフルエンザのワクチンは、一度使用すると24時間以内に 使い切らなければ廃棄しなければならないのですよね?でしたら、 たとえ優先対象者でなくても、タイミング良く廃棄の直前に 病院に飛び込みで行くか、「キャンセルができて余るような ことがあればいつでも行くので、その時に接種させてください」 と事前にお願いしていれば、"廃棄するぐらいなら" と接種させて頂くことはできるのでしょうか?
    →大瓶「捨てるくらいなら」必要としている人に接種してもいいのではと思うのが普通。 メーカーの方は、まさに夜を徹して大瓶を製造したそうです(涙)。 有効に使わなきゃね。
ちなみに今は、浪人生を含む健康成人が接種対象に含まれています


| | Comments (0)

2009.12.16

all but 乳児

新型インフルエンザワクチンの対象者が健康成人へ拡大。

ワクチン接種、19~64歳の健康な人も 全国民対象に(朝日)
対象拡大の理由は、健康成人からも重症例が出ていることと

成人の打つ回数を当初の原則2回から1回に変更したことで、
ワクチンの供給に余裕が出たため、接種できる見通しがついた

「見通しがついた」の根拠は
国内産ワクチンでは接種回数5400万回分(成人換算)を、
海外メーカーからの輸入ワクチンは9900万回分(同)を、
それぞれ確保する計画。

記事の流れでは、一部高齢者と健康成人は輸入ワクチンの対象
いうことになるが、それもこれもワクチン接種率次第。

イタリアでは接種率が低いために、ワクチンを廃棄する
というニュースがあると報道される。

今後一般の人への接種が始まっても使われずに廃棄される可能性が高いことが分かった
国民性だけの問題なのかどうか。

ちなみに
新聞の見出しには「全国民対象に」となっていますが、
正確には0歳児(乳児)を除く全国民が対象です。
英語でいうと、All But 乳児

(と思ったら、All but〜には「ほとんど〜」という意味も
あるらしいことを知る)


Continue reading "all but 乳児"

|

2009.12.14

不顕性感染

関西地方の新型インフルエンザが流行した学校で大規模な
抗体検査が実施されました。そのニュースが相次いでいます。

不顕性感染(ふけんせいかんせん=単語登録しましょう)の状況を把握するためです。

不顕性感染とは、感染していても症状が出ない状態のこと。
この段階で、ほかへの感染力があるかは微妙なところ。

ほかの感染症では


など、それぞれ違います。

今回は

新型の不顕性感染を調査で確認したのは世界でも初めてとみられる
貴重なデータ。今後の流行を予測することにも役立ちそう。

で、結果はというと

新型インフル、集団感染で無症状18% 大阪の高校

すなわち、ある集団で症状のある人が100人いた場合、
同じ集団には、あと22人の不顕性感染の人がいるということに
なる(はず)。

たとえば、沖縄県感染症情報センターにあるデータから、
これまで(30週以降49週まで)の県内の10−14歳の

  • インフルエンザ患者を集計すると5914名が報告されている。
  • 上のような不顕性感染を計算すると1301名が感染を受けたことになり、
  • 計7215名となるが既に感染したことになる

報告数を5倍(実際の患者数の推定)して、その世代人口で割ると
41.2%となります(これはあくまで試算)

記事の中の

不顕性感染の割合は「季節性インフルエンザとほぼ同水準」と推定している。
に妙に納得。
もう特別扱いは終わりにしない?

|

2009.12.11

もう中学生?

ワクチンが巷に出回り始め、いつの間にか受験生優先の
ニュースが多く聞こえるようになりました。
中学生や高校生の受験生を先に前倒しするという報道もあり

もう中学生?
と思ったけど、順番はきっちり守られているみたい。

厚生労働省は、孫の不正接種(そこまで言うか?)事件をきっかけに
開始順位厳守通知を徹底する通知を出すらしいが、
それよりも早く中高校生の接種回数を決めてくれという感じ。

「他の医療機関でも不正接種が複数判明したため」

の原因の一つに大瓶の処理に困る医療機関の苦悩もあるだろうに。

やっと減少傾向?というインフルエンザの発生状況
インフル患者、初の大幅減(朝日)

再びピークは来るのか?!という議論になりそうですが、
これまでにかかった数を推計し、まだかかりそうな集団が
どこにいるのか検討して、急激な上昇を抑え込みましょう。

ちなみにわが県の年代別罹患率(30週以降、推計です)
Mouchu

| | Comments (0)

2009.12.07

新型インフルエンザの日本での死亡者が100名に

朝日新聞の記事によると

  • 日本の死亡率は海外よりも低い
  • 日本の死亡者が100名に達した

日本の新型インフルエンザの特徴として
厚生労働省の発表などによると、100人の年齢別でみると、18歳以下が29人で約3割を占める。そのうち9歳以下は24人。多くは持病のない子だ。

新型インフルが季節性と違うのは、重い肺炎などを起こしやすい点だ。死者の半数近くは、肺炎などの呼吸障害が原因。死者の持病で多かったのはぜんそくなどの呼吸器疾患と、糖尿病だった。

妊婦も重症化しやすいとされ、海外では死亡例があるが、国内ではまだ報告されていない。
などが挙げられている。

死亡率が単純推計(分母が感染症発生動向調査からの推計患者数、
分子が全数把握による死者数)によると0.001%で、今の時点で
季節性インフルエンザによる死亡率0.1%(算出方法不明)とは
桁違いに低い。ちなみに0.001%というのはワクチン接種後の
重篤な副反応発生率と同じ数字みたいです(医療介護CBニュース


もちろん

「成人や乳児に感染が広がると、重症者が増えていく恐れがあり、注意が必要だ」
というコメントのように、もう少し様子を見ないと
いけない(監視を続ける必要性)はあることは確かだけど(でもいつまで)。

現場が混乱している(今後さらに混乱する)のは、
取り扱いの違う2種類のインフルエンザが存在するということ。
これが今後混在して流行した場合には、さらに混乱しそうです。
(特にA型陽性で入院となった症例の数え方、10代A型患者へのタミフルの使い方等)

取り扱いを季節性インフルエンザに近づけるか、あるいは
季節型も合わせた形でインフルエンザ対策全体を見直すか。
ワクチン事業は来年も別々に走るのかしら。
などなど考えながら、目が覚めましたorz

今週もスタート。

(参考資料)
新型インフルエンザと呼ばれる根拠法律
感染症法第6条第7項
新型インフルエンザ(新たに人から人に伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に国民が当該感染症に対する免疫を獲得していないことから、当該感染症の全国的かつ急速なまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるものをいう。)

(参考Q&A
Q9.今回の新型インフルエンザの病原性は季節性インフルエンザと同等という報道が なされていますが、心配しなくてよいということですか。

現時点では、ウイルスの感染力やウイルスがもたらす病原性等について未解明な部分がありますが、今回の新型インフルエンザについては、季節性インフルエンザと同様に感染力が強いものの、多くの患者が軽症のまま回復しているとされています。
一方で、糖尿病や喘息等の基礎疾患がある方等を中心に重症化する例が報告されています。
また、ほとんどの方は新型インフルエンザに対する免疫がないことから、慎重に対応する必要があります。

| | Comments (0)

2009.12.03

エイズ講演会2009 那覇

エイズ講演会のお知らせです。

12月8日(来週の火曜日)午後2時より
那覇市の中央保健所にて
エイズ講演会を開催します。
講師はブラジルでエイズ対策活動を行っている
ジョセ・アラウージョ氏
タイトルは「多様性を認め合う社会へ」
お問い合わせは、沖縄県医務課098−866−2169

講師に関する朝日新聞の記事がありました。
エイズ増える日本「現実直視を」 来日のNGO代表訴え

アラウージョさんは自身もHIV感染者で、
国の生命倫理委員会委員を務める。(略)
日本のエイズ対策を長年みてきた。
「現実を直視しない姿勢は変わらない。むしろ後退している」という。

ブラジルではコンドームの無料配布や青少年への性教育を
積極的に進めることで、感染者数が新たに増えるのを抑えている

「無免許の人が車に乗ったら、必ず事故は起きる。
なぜセックスについては同じように考えないんだい?」
「『寝た子を起こすな』という日本人の態度は、
将来を担う世代に対して無責任だ」


| | Comments (0)

2009.12.02

朝のラジオ学習

通勤の車中で予定外に新型インフルエンザの学習ができた(TBSスタンバイ

お天気おじさんの森田さんが新型に感染して欠席(や)

代わりにあの小樽の外岡博士が電話出演していた

ホームページには今でも1日5000〜10000のアクセスがあるらしい

そのメモを携帯入力


現在の流行は今がピークで大都市などでは峠を越している

患者の約8割が14歳以下で彼らの50%が感染すると流行はおさまるだろう

死亡率は他の国と比べてもかなり低いことがわかっており、それほど恐れるウイルスではない

後半はワクチン対策のの話

  • 日本は取り組みの時期が遅かったことが混乱の原因
  • 厚労省は組織が重い
  • いろんな専門委員会を立ち上げているがこれらを統括する人がいないのではないか
  • 米国ではCDCという国際的にも権威ある機関が方針を国内だけではなく世界に向けても情報を発信している
  • 日本にも似たような組織があるが権限がはっきりせず、存在感も薄い
  • 輸入ワクチンが副作用が心配という問題でカナダのGSKに調査団を派遣したがこれまでカナダでも数百万人が接種して問題はなく、特定のロットだけがアレルギー反応を示したもので、心配ない
  • 調査はむしろアリバイづくり
  • 日本人はワクチンへの関心が高いが届けられる情報が少なく、また、みんなが行動を取るとわれもわれもと動く体質なので、パニックになりやすい
  • 国としてはこのワクチンは国民全員が打つべきなのか、希望者だけでいいのか、はっきり示すべき

最後の一文は強く同意。
タイムリーな一打です

| | Comments (0)

2009.12.01

マスクか売り上げか

タクシー運転手が予防のためにマスクを着用しようとしたら
客から敬遠されてしまうというニュース

「マスクをしていると『あいつ、病気ちゃうか』とお客さんに敬遠されるんですよ」
(関西弁だと妙にリアリティがあるさー)
会社の方針として着用していますといっても、現場では
上のような声を心配して着用できないという話は全国共通。
予防意識の高い人ほど、不安を抱えながら仕事するという構図。

ではどうしたらよいのか。

これまでマスクは、「うつさない」ためのツールとして
強調されてきたし、それは正しいことだと思う。
でもみんなが知りたいのは「うつらない」ためにどのくらい
役に立つのかということ。
限定的とか、意見が分かれているとかいう表現が多かった。

で、国のQ&Aにはどう書いているか調べてみたところ
厚生労働省新型インフルエンザに関するQ&A

一方で、予防用にマスクを着用するのは、混み合った場所、
特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と
考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り
着用する効果はあまり認められていません。

とはっきり車内での予防効果を肯定していますね。

もう少し強調しましょう。

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »