« December 2009 | Main | February 2010 »

2010.01.31

資料づくり(サンデーマック)

本日は、予防接種に関する最近の動向をお知らせします。
その項目としては、

  • 日本脳炎のワクチン接種勧奨再開への向けた動き
  • 新型インフルエンザの発生動向とワクチン接種の状況
  • 麻しん風しん(MR)ワクチンの接種状況&インターハイ(美ら島総体2010)に向けた前倒し

です。

このうち日本脳炎ワクチンについては、

感染を防ぐにはワクチンの接種が有効とされていますが、
6年前に接種を受けた中学生に副作用が出て、
重い障害が残ったことから、その翌年から定期的な
ワクチンの接種が事実上、中断されていました。(NHK)

平成17年からの接種数は落ち込み、ワクチン接種を受けてない
子どもが日本脳炎を発症する例(熊本)
報告されていました。

今回、国の厚生科学審議会の小委員会で接種勧奨を再開することは
決まったが、誰を対象に接種を行うかの具体的な結論は先送りと
なったらしい(ロハスメディカルに詳報

1期の免疫を付け損なった児童の誰にどういう順番で接種するかも課題になっている。

新型インフルエンザの発生動向については、
第3週目の定点あたり報告数は、沖縄県はかなり減少しましたが
まだ警報は発令中です(24週連続!)。
全国的では下げ止まりなのか、前週より増加するところが
増えているようです(インフルエンザ流行レベルマップ

県内ではこれまでA人の患者が発生したと想定され、
そのうちB人が入院。C人が重症ケアとなりました。
(A,B,Cの数は当日示します)

ワクチン接種については、現時点でもこれまでに配布された
国内産ワクチンが医療機関や卸売販売業者に残っている状況です。

また輸入ワクチンは今月「承認」される見こみですが、
全国的にも3カ所の医療機関から希望が出されているだけ
なっています。

麻しん風しん接種に関しては、
那覇市が美ら島総体に向けて、接種前倒しを決定しました
沖縄タイムスニュース

7月開幕の「美ら島沖縄総体」で、6競技7種目の会場となる那覇市は来月1日から、はしか感染の予防接種を従来の高校3年生から高校1年生と中学3年生に前倒しする。対象は7344人。大会成功に向けて接種率向上を図る。

…県はしかゼロプロジェクト委員会(知念正雄委員長)が各市町村に要請していた。

接種は3月31日まで。医療機関の個別接種か3月の毎週日曜日に那覇市立病院である集団接種かを選べる。無料。原則は保護者同伴。母子手帳持参でも可。従来の接種時期を迎える高校3年生、中学1年生も同様の要領で受けられる。

ちなみにインターハイで沖縄を訪れる人数(見込み)は

  • 選手・監督  : 約 34,000人
  • 競技役員・補助員  : 約 25,000人
  • 応援者(延べ数)  : 約540,000人

となっています(総体HPより)


Continue reading "資料づくり(サンデーマック)"

| | Comments (0)

2010.01.26

心理的強毒性ウイルス

ブログ新型インフルエンザウォッチング日記を書いている
近畿医療福祉大学 勝田吉彰氏による寄稿

医学的弱毒性なのに心理的強毒性な理由

新型インフルエンザの流行が始まった当初、世間は激烈な心理社会的反応を示した。感染者の発生した学校には脅迫まがいの電話が殺到し、「校長涙の会見」シーンは全国の同情を集めた。自分の学校の制服を着て街に出れない高校生が発生した。薬局の前ではマスク争奪戦が繰り広げられた。

この論文は新型国内発生直後の昨年5月頃に寄稿されてるが
(ナイスな表現)、特に心理的強毒性ウイルスは国内を蔓延。
「特別なウイルス」扱いをすることで、いろんな弊害が生まれた。

夏から秋の流行を経て、市民や医療関係者には

「普通のインフルエンザと同じ」という感覚

になりはじめたが、いまだに、法律に忠実であるべき立場の人
(官僚ね)にとっては、その症状が続いている。

特別扱いしないといけないために、さまざまな(必要以上の)
対応を求められ、それが後手後手になったと言っては責められ、
肉体的にも心理的にも圧迫されて仕事をする。こんなに体に
悪いことはない。

原因は感染症法に基づく「新型インフルエンザ等感染症」に規定
されているためと思われます。

発言に重みのある尾身先生のインタビュー

新型インフルエンザによる重症者や死者数の増加に歯止めがかかっている理由について「多くの成人が基礎免疫を持っている可能性がある」と語った。ウイルスへの抵抗力が強くなる細胞性の免疫で、感染しても重症化しにくいという。

が呪縛を解くきっかけになればいいんですが。

Continue reading "心理的強毒性ウイルス"

| | Comments (0)

2010.01.24

ショパンイヤーと結核

ショパンイヤーと結核

発売したばかりと思われる医学書院の本
「Disease 人類をおそった30の病魔」
を八重洲BCで購入。

全ページカラー、絵で見る歴史物語とあり
そのほとんどが感染症。
結核の項に、ショパンが残した手紙が引用。


ある医師は私が吐いた痰の臭いを嗅いだ。

2人目の医師は痰の出てきた私の場所を軽く叩いた。

3人目の医師はどうして痰が出たか探った。

最初の医師は私がじきに死ぬと言った。

2人目は死につつあると言ったし、

3人目が言うには私はすでに死んだという。

これらのことはプレリュードの曲に影響を与えている。

前奏曲集がいつできる、神のみぞ知る


白死病とも言われていた結核。

ただし嚢胞性線維症ではなかったかとする
専門家の意見もあるという。

Continue reading "ショパンイヤーと結核"

| | Comments (0)

2010.01.21

歯科医の手袋 何のため?

インプラント治療の際に、医療器具(ネジ?)を使い回した
疑いがあると報じられたニュース(朝日など)

医療法に違反する疑いがあり、立入検査も行われる見こみ。

その動画ニュース(JNN)のなかで

「インプラント治療で血が付いた手袋を新しいものに替えずに、
次の患者の治療をしていたし、B型肝炎やC型肝炎の患者を
診たあとでも、手袋を替えずに次の患者を診ていた」(元従業員)

shakingしそうな証言。真偽はともかく、歯科医の手袋は
「我が身を守る」ためだけではなく、「他の患者に感染させない」
という目的もあるはずです。

厚労省のC型肝炎に関するQ&Aでは

詳Q26: C型肝炎ウイルス(HCV)は医療行為(歯科医療を含む)で感染しますか?
詳A26: 現在、日本で行われている医療行為(歯科医療を含む)でHCVに感染することはまれと考えられています。しかし、まれに医療機関内での感染例や長期間にわたって血液透析を受けている方での感染事例が報告されており、今後も医療機関における感染予防の徹底を図ることが求められています。

とされていますが、この場合の「医療行為」とは、C型肝炎やB型肝炎等
血液で感染するウイルス疾患(もちろんHIVも)の感染防止策が標準的に
行われていることが前提の話です。

Continue reading "歯科医の手袋 何のため?"

| | Comments (0)

2010.01.20

バンミカセ!MR

2010年は夏に沖縄県でインターハイが開かれる年。

その実行委員会(一人一役委員会?)が中心になって
第2回バンミカセ大会が開かれました。というニュース。

高校生や大会関係者ら約2000人が総体成功に向けて気持ちを一つにした。

What's BANMIKASE ?
沖縄の方言で「打ち破る」という意味らしい。
そういえば、ユープラのうたにもそんな歌詞があったかも。
方言ニュースでの伊狩先生の発音も参考にしましょう。

インターハイと言えば、麻しん。
空気によって感染し、感染力はインフルエンザの6倍強い
2009年は新型の流行で、大会を出場辞退した学校も多かったが
麻しんが流行すると、同じ会場にいただけで移る恐れもある。

しかし麻しんは予防接種によって防ぐことができます

ということで、啓発モノを考えなさいという宿題。の案。



バンミカセ!MR
麻しん(M)風しん(R)を打ち破って、美ら島総体2010を成功させよう!

麻しん(M)風しん(R)の5つの特徴

  • 麻しんは感染力は強く、空気感染により集団発生を起こしやすい。
  • 近年の流行の中心は、中高校生の世代となっている。
  • 麻しんにかかって、インターハイ予選の出場辞退した例もある。
  • 妊婦が風しんにかかると、難聴の赤ちゃん生まれる可能性がある。
  • 予防接種を2回済ませていれば、感染を予防することができる。

麻しん(M)風しん(R)を打ち破る(バンミカス)ためには…

  1. 総体が来る前に、一人でも多くの高校生が接種することが必要です。
  2. 高校3年生は無料で受けられます。
  3. 高3以外は、任意接種(有料)となりますが
     市町村によっては、公費負担することも可能です。

☆美ら島総体2010を成功させるために、自分にできることを考えよう



Continue reading "バンミカセ!MR"

| | Comments (0)

2010.01.18

セカンドライフの過ごし方

展示会のお知らせです。

伝統的な沖縄の赤瓦民家20数件を模型にした展示会が
明日(19日)から日曜(24日)まで、県立博物館の
県民ギャラリーで行われます(入場無料)

Uezu_ke







製作者の言葉より(沖縄の赤瓦民家の模型とは)

  • 沖縄の伝統的赤瓦葺き民家は、母屋の正面にヒンプン(中垣または中門)があり、外部への目隠し及び風よけや屋敷内への通風機能も果たしている。
  • 部屋の間取りは、表座、裏座、台所等に区分される。
  • 表座には、一番座、二番座、及び三番座があり、それぞれ南側に開放されている。
  • 母屋および台所の軒またはその下の部分の雨端は、南からの風や光をとり込んで、開放的で涼しい空間となるため、軽作業や社交の場としても利用されている。
  • 県内各地域に現存する伝統的赤瓦葺き民家の中から、歴史的及び文化的に由緒ある建造物を選定して、それらの模型を製作しました。

建築衛生学的なコメントができないのは、今後の課題ですが
今でも離島の多くでは、こういう民家が残っているはずです。
診療所時代に在宅でおじいちゃんを看取ったのは、2番座だった...

タイトルの「セカンドライフ」とは、定年退職後の過ごし方。
開業した先輩は、俺たちは75まで働くから実質定年はないよと
言ってたが、一般的には仕事を離れて、趣味や生き甲斐に生きる
ことが理想とされる期間。

そういう点では、仕事を離れてしばらくしてから、
県内各地の民家をカメラで撮影し、持ち帰って模型を製作する、
趣味特技を生かしたセカンドライフのモデルとしても紹介できると
思います。


Continue reading "セカンドライフの過ごし方"

| | Comments (0)

2010.01.16

要綱こそここへ

いくら大臣が出てきて記者会見しても

国の要綱にない接種は契約違反

契約違反した医療機関は、受託医療機関との契約打ち切り


同省は、院長が10月下旬、医療従事者用のワクチン1瓶
(大人2人分)を、孫に使用した際に余ったワクチンを
廃棄したことと、同省が11月中旬、匿名の情報提供に
基づいて実態調査に乗り出した際、院長が虚偽報告した
ことを重くみて、契約解除に踏み切った。

ほんまかいなと思ったニュース。不適正接種Gメンがいるんだね。


だから、輸入ワクチン特例承認しますから(しましたではない)、
健康成人にも接種していいよと言われても、書き代えられた要綱を
見るまでは、都道府県は健康成人へ接種してはいけない(はず)

だから「要綱こそここへ、くっくっくっくっくれ〜」という感じ。

苦しいね(仕事もギャグも)

Continue reading "要綱こそここへ"

| | Comments (0)

2010.01.13

返品できないって、どういうこと?

久々に家族と夕食。

テレビのニュースからは

...在庫がダブついている
と聞こえてきた。
(航空会社の優待券の話ね)

在庫がダブついていると言えば、新型のワクチンも同じ。
医療機関に「営業」しても、なかなか捌けなくなっている。

購入に慎重なのは、最初から「返品はできませんよ」と説明したせい。
そのしくみがよくわからず、要綱類にもはっきり「返品できない」とは
書いていないので、調べ直してみると...

メモより

返品の取り扱いについて
  • 通常の医薬品の場合ですと、医療機関からの返品を卸業者が買い取って、卸か らの返品をメーカーが買い取って処分をする
  • 今回の流通スキームでは、国が買い上げているということですので、返品され ても国はこれを再び買い取ることができないしくみ
  • このような状況なので、極力返品が生じないような配慮をお願いしたい

ということらしい。
ダブついたワクチンを最後に持っていると負けなんだろうか?

ダブつかないためには、早めに対象を広げるしかない
と考えるのが現場感覚。

Continue reading "返品できないって、どういうこと?"

| | Comments (0)

2010.01.12

最後の一押しワクチン?

ワクチンの副作用について調査を開始するというニュース
内容は

  • 新型インフルエンザワクチンのこれまでの接種者は推計1600万人
  • (ちなみにこれまでの累積患者数は推計1753万人
  • 新型インフルエンザワクチン接種後に死亡したことが報告されたのは107人
  • 大半が重い持病がある高齢者
  • そのうち30人弱はワクチン接種により持病が悪化した可能性が否定できない

専門家の意見としては

重い持病がある人は風邪を引いた程度のきっかけで死亡することも多く、
ワクチンが死亡リスクを高めているとは限らないとの意見も多い。

別の報道では
寝たきりの高齢者は感染機会が少ないので積極的に打たなくていいのでは。
接種が持病悪化につながる可能性がゼロではない

ワクチン接種が体の弱い人に“最後の一押し”になる可能性は否定できない。
効果と副反応の可能性を考え、打たなくてもいい人を見極めることが重要だ

でもこれってどうやって調査するんだろう(疫学の出番です)
報道では、基礎疾患として、呼吸器疾患等を持つ人に絞って調査
するようですが。

Continue reading "最後の一押しワクチン?"

| | Comments (0)

2010.01.08

インフルエンザの流行を規定するもの

12月以降、流行が増加傾向となり、動向を見守られていた
沖縄の新型インフルエンザが、年末にかけて流行拡大。

Img204960



(沖縄県新型インフルエンザ対策サイトのグラフ)

  • 第52週のクリスマスウィークは、定点あたり43.4
  • 第53週の年末年始またぎウィークは、50を超えました

全国的には減少傾向にあるなか、またも沖縄だけ流行
(沖縄だけ先行?)ということで、厚労省からも「警戒」
されているようです。

新型インフル「沖縄で流行再燃」 厚労省警戒(共同47news)

「まだ感染していない子どもがいれば、ほかの地域でも沖縄のように再び流行が起こり得る」

という事態は当然起こり得るかも。

さて、年末年始は医療機関濃縮効果も加味すべきとしても、
なぜ、沖縄(だけ)で流行するのですか?としきりに聞かれても
その答えがなかなか見つからない。
(そのせいで夜も眠れないというわけではないが...)

そういえば、
以前に当ブログで遺伝子再集合という記事を書いたが

インフルエンザの流行を規定するものとして基本再生産数(R0)を示し、

  • R0=β×κ×D

  1. β=接触1回あたりの感染率
  2. κ=ある時間当たり一人のヒトが集団内で平均何人と接触をするか
  3. D=感染症ごとにおよそ決まっている感染期間

という掛け算で値が得られるらしい。
最終的にこのR0が1より大きければ感染は拡大し、1より小さければ流行は終息する。

これを適用させて(こじつけて)考えると

  1. βでは、咳エチケットが守られていない可能性があるため、増加
  2. κでは、休暇シーズンで人の集まる機会が増えているため、増加
  3. Dはタミフルが投与されない場合は、延長??

が考えられるが、可能性が高いのは1と2でしょう。

1は有症状の場合の、マスク着用や自宅療養が守られるかどうか
(ひきつづき啓発)

2は、夏休みやシルバー連休前後、冬休みに拡大時期が
重なってみえる状況から考えると、沖縄の特徴的な要因
とも言えるかもしれないけど、それだけで説明できない
部分もありますね。結局よくわかりません。


Continue reading "インフルエンザの流行を規定するもの"

| | Comments (0)

2010.01.05

輸入ワクチン情報

表にまとめてみました
詳細は厚労省サイトを参照下さい








品名製法用量バイアル
アレパンリックス鶏卵培養0.5ml(10歳以上)、0.25ml(6ヶ
月〜9歳)、1回接種
専用混和バイアル(5ml)と混合
ノバルティス細胞培養0.25ml1回接種、但し6ヶ月〜9歳と50歳を超える人は2回接種6mlボトル

いずれも接種は筋注。
初回薬液採取から6時間以内に使用すること(ありゃりゃ) 

包装も1箱5バイアル(アレパンリックス)、1箱10バイアル(ノバルティス)とのこと

| | Comments (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »