« 事業仕分けとBCP | Main | ゴールデンスリープ »

2010.02.28

ゴールを意識すると脳はサボり始める

感覚的に了解できる現象ですね。

勝負の途中で、

一瞬の油断や不安な気持ちが運動能力の低下に結びつく

運動能力というか、パフォーマンスでもあてはまるかも。

出典はNHKクローズアップ現代の
勝負強さは「脳」が決め手

北島康介は

ゴールタッチして、振り返って、自分の記録と順位を電光掲示板で確かめるまでがレースと考えよう

とコーチに教えられたそうです。

このジャンプを決めれば、あと○○点と思った瞬間に
ミスをしたと言う、フィギュア選手もこの現象かも。


自らを省みて、

公務員等、4月〜3月を単位として仕事する人間にとって、
この時期は、仕事は詰まってくるはずなのに、なぜか
仕事以外のことを優先させたりして、サボリモード
(特に早めに転勤を言い渡された場合の人!)となることが
多いかも。

この時期は、「逃げ切り」という言葉もよく耳にする。

異動者が重なった部署は、年度またぎの時期には明らかに
パフォーマンスが低下します。


ゴールデンウィークを分散するニュースがありましたが、
役所の仕事の引き継ぎ時期も、3月末〜4月頭だけに集中
させない方がいいかも。


明日から3月。

|

« 事業仕分けとBCP | Main | ゴールデンスリープ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 事業仕分けとBCP | Main | ゴールデンスリープ »