« ATLはどこから来たのか | Main | 熱中症の季節。何飲むの? »

2010.06.25

チョコとうつのビミョーな関係

超早起きしてサッカー見て(シタイヒャーnippon)2度寝したうえ、
いろいろあって1日が超長い。しかもまだ日が落ちてなくて全然明るい。

先日チラ見した新聞記事の事が気になって調べたのが
チョコレート消費量とうつ病の関係。タイトルは
チョコレートの大量消費がうつ病に関連
出典はメディカルトリビューン。

チョコレートは気分を高めるものとされてきた
ことについて
  • 男女931例を対象にチョコレートと気分の関係を検討
  • チョコレートを含む食事調査とうつ病のスケール調査を実施
  • 「うつ病の可能性あり」と判定された者では平均して1か月当たり8.4食分(servings)
  • 「大うつ病の可能性が高い」と判定された者では11.8食分のチョコレートを消費していた
  • 一方,陽性と判定されなかった者では5.4食分であった。

チョコをたくさん食べている人にうつの傾向が強いというもの。
この両者の関係については(原文では)
  1. Stimulation of self-treatment or self-medication with chocolate
  2. Stimulation of chocolate craving for reasons unrelated to depression
  3. Chocolate may drive depressive symptoms,rather than vice versa
  4. Inflammation or other physiologic factors might drive chocolate craving and depression

訳は
  • 第1に,最近のラットによる研究が示唆するようにチョコレートが気分を高めるのなら,うつ病を罹患していることが,自己治療としてチョコレート渇望を引き起こすのかもしれない。
  • 第2に,チョコレートの治療的役割とは無関係な理由でチョコレート渇望が生じているのかもしれない。われわれは,治療的効果があるとしても,平均すれば抑うつ気分に打ち勝つのに不十分ではないかと見ている。
  • 第3に,チョコレートが抑うつ気分を引き起こし,この関連を生み出している可能性も否定できない。これは横断データからも示唆される
  • さらに,炎症などの生理学的要因がうつ病とチョコレート渇望の双方を引き起こしている可能性もある。また,より複雑な相関が存在するのかもしれない。

結局、うつがあるためにチョコの消費が増えるのか、
チョコの食べ過ぎでうつが発生するのか、はたまた、
全然別の要因があるのか、両者の関係はわかってない
ということらしい。

個人的には、チョコを食べるときは幸せな気分になるような
気がするんだけどね(虫歯の時以外)

この関連でもう1個溶けなかったのが

チョコレート1SV(サービング)の量がどれくらいか

という問題。

バランスガイドではお菓子はSVが適用されておらず
コマを回すために楽しく食べるためのヒモ(意味わかる?)
と位置づけられています。


でもたぶん目安としては200kcalくらいだろうね。

と勝手に解釈。

|

« ATLはどこから来たのか | Main | 熱中症の季節。何飲むの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ATLはどこから来たのか | Main | 熱中症の季節。何飲むの? »