« September 2010 | Main | November 2010 »

2010.10.31

スナックのママさんはなぜ「ママ」と呼ばれるのか

学生への結核ミニレクチャーで出した宿題。

答えは本棚に眠っていたこの本「家族依存症(斉藤学)」にありました。

困った父親の2つのタイプという文章から
引用させていただきます。

職場というのは、 効率と生産性だけが問われる単純な世界ですが、 現代の父親の多くは、職場で評価されることで、 自分の役割を果たしきったように錯覚しています。
このような父親たちの中には、真から家族と思えるのは 職場の取り巻きたちだ、というような困った人もいます。
彼らは、仕事が済んでから職場の疑似家族と連れ立って 飲み屋を訪れ、酔いの中で幼児的な自己愛に包まれて、 心の安定を保っています。そのような場で、幼児返りした サラリーマンの保母役を努める女主人は「ママさん」 と呼ばれているわけですから、これは実に適切な呼称 と言えるでしょう。

ということです。
ママと呼べる人を探して、夜の街をサラリーマン。

Continue reading "スナックのママさんはなぜ「ママ」と呼ばれるのか"

| | Comments (0)

2010.10.27

たばこ、やめましょう。ダメ!

たばこのせいで「声」を奪われた漫談家

コロンビアライトさんが亡くなられたそうです。

自らの経験から、

たばこダメ!

というリアルなメッセージを私たちに残して下さいました。

ご冥福をお祈りいたします。

Continue reading "たばこ、やめましょう。ダメ!"

| | Comments (0)

2010.10.23

日本に1つ、沖縄に2つ、八重山に3つ。

なぞなぞっぽくなりましたが、答えは去年のA/H1N1流行の
ピークの数。

Yaimaflu


上の図にもあるように、
全国的なピークは1回。
沖縄県は夏休みと年末年始の2回。
そして八重山地区では、それに加えて11月中旬にもう1回。

11月のヤマの1週間前に、島最大の祭りと言われている
石垣島まつりが盛大に行われたため、

保健所側は、去年11月の新型インフルエンザについて、 全国や全県では流行のピークがみられなかったのに、 石垣ではピークがあり、 「石垣島まつりが若干関係しているかもしれない」と報告。
という記事になりました。

A/H1N1は、季節性並みの病原性であるため、国も県も
一律のイベント・集会の自粛は行わず、
カゼひかないで、つなひこう
でも書いたように、感染拡大に気をつけながら実施するという
選択をしました。

これがヒトへも高病原性を示すウイルスだったら、話は別です。
という説明も、昨年の経験を共有しているのでこれまでよりは
イメージしやすくなるかも。

ところで今年の冬の流行はどうなってしまうんでしょうか?

Continue reading "日本に1つ、沖縄に2つ、八重山に3つ。"

| | Comments (0)

2010.10.21

術前ルーチン

手術の前に患者の感染症をチェックするのは
どこの病院でも行われること。

その費用を

  • 患者の保険診療でみるのか
  • 病院負担にするのか

の議論を呼びそうな朝日のこのニュース

院内感染
防止にHIV検査、患者に全額負担 浜松2病院


厚労省や医療関係者によると、手術前の患者には
感染症対策として肝炎などの検査をすることが一般的で、
公的医療保険も適用される。
一方で、手術前のHIV検査は増えているとみられるが、
厚労省は「患者の感染を疑ってではなく院内感染防止が
目的の場合、保険給付の対象とすることは適当ではない」
としている。

術前ルーチン検査なので、感染を疑うこと
と院内感染を防ぐことを分けて整理しようとするのも無理があるね。

HIVだけを特別扱いせず

「感染予防の観点から肝炎などと同じにすべきだ」
というのが妥当だと思いますが。

Continue reading "術前ルーチン"

| | Comments (0)

2010.10.19

禁煙支援ラジオCM

品薄でチャンピックスの疾患啓発広告を自粛したという報道
がありましたが、

八重山保健所では、禁煙支援に利用できる医療機関と薬局を
お知らせするCMを制作して、地元FM曲から流しています。

インターネットでも聞けるかも!(FMいしがき

その原稿



禁煙外来についてのCM
八重山保健所制作

A「ついに10月からたばこ値上げしたねー」

B「だっからよー。昨日、お店で今までと同じだけお金払ったら、足りんよーっ
て言われて、びっくりしたさーもう」

A「値上げは全国一斉だから、八重山も上がってるんだよ。あんたも相当、のん
びりしてるねー」

B「自分も健康よりも財布が心配だから、真剣にやめようと思ってがいるさー」

A「禁煙することは素晴らしいからね。今は病院とか薬局でニコチン依存の薬処
方してもらってやめる人が増えてるってよー」

B「えーそうばー?どこで薬だしてくれるわけ?」

ナレーション:禁煙外来についてのお問い合わせは八重山保健所健康推進班、お
電話82−4891まで。


以前から取り組んでいる禁煙支援医療機関とサポート薬局
(PDFはこちら)を紹介するのがねらい。

一部アドリブもあり、イントネーションが変だったりしていますが
素人声優ということでお許し下さい。

Continue reading "禁煙支援ラジオCM"

|

2010.10.15

99の薬より1の予防

なかなか特定健診やがん検診の受診率が上がらないという
状況があって、地元紙に受診を呼びかける投稿をすることに
なりました。その原稿案。


健康は、失われた時にその大切さがわかると言われます。
現在、多くの方がかかっている生活習慣病やがんは、
普段からの予防行動や健康チェックによって、
病気になるのを遅らせたり、重症になるのを防ぐことが可能です。

生活習慣病は、以前は成人病と呼ばれていました。成人病とは、
「人が年をとったらいろんな病気になる(のはしょうがない)」
という考え方でした。

しかし、まだ若いうちから高血圧や糖尿病等にかかる人が
増えてきたので、これは「日々の生活習慣に原因がある」として、
生活習慣病と「改名」された経緯があります。

生活習慣病を予防するためは、体に悪い習慣を改めるとともに、
健診によって自分の体を定期点検し、調整していくことが大切です。
平成20年度からはメタボリックシンドロームに焦点をあてた
特定健診が始まり、その人の状態ごとに専門家による指導が受けられます。

石垣市では今年度最後の集団健診が10月20日から5日間、
健康福祉センターで行われますので、まだ受診されていない市民の方は
是非受けることをお勧めします。

一方、がんは
「国民の2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで死亡している」
と言われ、患者さんの家族も含めると、多くの方に関係する病気です。

検診による早期発見・早期治療が大切なのですが、残念ながら
検診を受けているのは4人に1人程度しかいません。国も10月に
「がん検診受診率50%達成」を目標に掲げたキャンペーンを展開し、
受診を呼びかけています。

八重山保健所管内では、今後、石垣市で肺がんと大腸がん、前立腺がん、
胃がんの検診を実施するほか、竹富町でも胃がんの検診が予定されています。
また、乳がんや子宮頸がん検診の無料クーポン券が届いた方も
受診が可能ですので、詳しくはお住まいの市町担当課にお問い合わせ下さい。

「99の薬より1の予防」という言葉は、
病気になって多くの薬や治療が必要になる前に、少しでいいので、
普段から予防を心がけようという意味です。生活習慣病もがんも、
長い期間、無症状のまま病気が進行するという特徴があります。

症状がないと言って油断せずに、自分の健康に関心を寄せましょう。



Continue reading "99の薬より1の予防"

| | Comments (0)

2010.10.11

病棟内でもっとも清潔な場所は?

医療監視の勉強会メモより



テーマは「院内感染対策を推進するために」
目標は、病院スタッフの意識を変え、具体的に行動にうつすようにすること

医療監視(立入検査)という業務でどのようなアプローチができるのか

現状の問題点
1年に1回、病院に土足で入り込み、書類の表面的なチェックや重箱の隅をつつくような指摘をする

目指すところは
書類のチェックポイントとしては

  • ガイドラインが病院内の事情に合わせてそれぞれマニュアル化され、しかも随時更新されている
  • 院内感染対策に関する研修等が、正職員のみならず非常勤やボランティア等にも浸透するしくみがある

実際に病棟をラウンドするときには

  • 通りかかった医療従事者に実際と同じようにして見せてもらう
  • 問題点は指摘するが、行動を変えるきっかけとなるように具体的な対処策も示す
  • 内部のやる気のある人が動きやすいような指摘を行う
  • 他の施設の良い例を紹介する

改善が難しいポイントについてはstep by step で対策を進めて行きましょう
(例:消毒用アルコール)

  1. 万能壷+注ぎ足し使用
  2. 万能壷+使用管理
  3. 万能壷+毎日交換、壷は滅菌
  4. パック製剤
  5. 単包化製品

自らルールを決めて、それを管理し、その評価をする
というアドバイスで、病院の改善支援を

大変勉強になる研修でした

Continue reading "病棟内でもっとも清潔な場所は?"

| | Comments (0)

2010.10.05

インフルより怖い感染症とは

病気に関する恐怖メッセージを送ると、住民が混乱し
偏見や差別につながるという経験を昨年したばかりなのに
こんな見出しがついてたので、反応したらRSだった

小児医療の専門家は 「最も怖いのRSウイルス感染症」という
という記事が今日(2010年10月5日)の沖縄タイムス朝刊に 配信されています。

前から不思議に思ってこのRSウイルス感染症の発生動向。
おそらく現在も

  • 診断のためには病原体診断か迅速診断が必要
  • しかし迅速診断については入院となる症例のみ適用される

つまり外来ベースで迅速検査をして診断するためには
検査が全額自己負担となり、1回数千円負担となる

となります。

もちろん、流行が続いて長期化すれば、低出生体重児や
基礎疾患がある児が重症化することにつながるので、対策は
必要であることは間違いありません。主治医と相談して
シナジス
を投与するかどうかの相談もした方がいいと思います。

ただ、いまRSが恐怖のウイルスになりつつある中で、地域の
保育園では
RSでないという証明をもらってこないと登園できない
と言われ、小児科外来に相談に行くという現象が起きているという。

年齢を問わず、何回でも感染する 成人や年長児では鼻風邪程度で終わることが多い

という感染症なので、「乳児や基礎疾患のあるお子さんは注意」
というメッセージを強調した方がいいと思った次第です。

関連記事
RS感染症が以前流行 乳幼児では重症例も「RSウイルス」(共同通信)

Continue reading "インフルより怖い感染症とは"

| | Comments (2)

2010.10.04

シャドーワークについて考える

シャドーワークって知ってますか?

提唱者はイヴァン・イリイチという人らしい
(松岡正剛の千夜千冊に解説

wikiさんが書いているように

  • 専業主婦などの家事労働など報酬を受けない仕事で、しかも誰かが賃労働をすることのできる生活の基盤を維持するために不可欠なもの。
  • 妊娠出産、子育てなどの再生産労働をこれに含ませる
  • 無報酬労働を推奨する文脈で使われることも(ベネッセ)

さらに検索すると
(出典:ITmediaエグゼクティブ編集部

ビジネスの社会では、「影の仕事」として
企業内のフォーマルな組織やプロジェクトではなく、
それらに縛られないインフォーマルな集団の独自活動を
シャドーワークと呼び、それが商品やサービスの開発に
大きな力となるケースが増えているという。

う〜ん。なかなかイメージできないけど、次の文を読むとちょっと納得。
部門横断的なチームを正式な辞令によって作り出し、
何とかキックオフにまでこぎつけたが、
どこか冷めた雰囲気の初ミーティングに焦燥感を覚えた
ことのあるマネジャーは少なくないはずだ。

でも仕事じゃない仕事といっても必ず「評価」の対象となるから
なかなか整理できないんじゃないかしら。

さて、シャドーワークについて気になるwikiの記述が頭を離れない

出産・子育て・教育をする生活(生命の継承・発展)を
人間活動の中心と捉え、その生活および社会を支える
賃金労働の側を「シャドウ・ワーク」とする視点もある

単身赴任の身になると、上の言葉があながち的外れでもない
気がしてくる。

こういう視点だと、男性の育児休暇取得や家事参加もすっと
落ちることは落ちる。こういう新しい価値観を根っこにおくと、
こどもに対する政策も、もう少しすっきりするのではないかと
思う月曜の朝。

Continue reading "シャドーワークについて考える"

| | Comments (0)

2010.10.01

すべてはバランス

栄養の講演でおしえてもらいました。

食生活で食べてはいけないものは一つもありません。 すべてはバランスです。
と。

沖縄県民なら、肉や油ものが多く、魚や野菜、乳製品が少ない。
だから多く取りすぎているものを減らして、足りないものをおぎなう。単純に考えましょう。

現代はいろんなものが簡単に入るから、「選んで食べる」
というのがキーワードになる。そして、食べる時にはちゃんと
「(あなたの命を)いただきます」と念じようと。

体重が増えていくのは、入ってくるカロリーが多くて、
消費するカロリーが少ないから。
このバランスを解消しないと体重は落ちない。

バランスは大切。という言葉を聞きながらいろんなことを
ソーキ、いや想起した。

  • (仕事の)onとoffのバランス
  • 自分のために頑張ることとと、他人のために頑張ることのバランス
  • 緊張感とダラダラ感のバランス
  • 書き込みとコメントのバランス(ブログのことね)
  • こだわりと妥協のバランス
  • 官僚主導と政治主導のバランスなどなど
いろいろ考えてしまった。

そういう時期なんでしょうか。


Continue reading "すべてはバランス"

| | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »