« January 2011 | Main | March 2011 »

2011.02.28

HTLV-1と糞線虫

母子感染防止に関する相談に加え、一般的な相談窓口も
全国の保健所に開設されることになったHTLV-1感染症。

有効な母子感染予防策の根拠を固めることはもちろん大事ですが、
丁寧な相談、カウンセリングも大切な気がする(とても)

「HTLV-1と言えば糞線虫」とチェックすることを叩き込まれた
研修時代の記憶があり、そういえばどうしてだっけと思って(情けないね)
調べてみた。

まず糞線虫(画像はこちら=県立宮古病院

感染経路として

  • F 型幼虫(感染幼虫)にまで発育したものは健康な皮膚を穿通する能力をもち,経皮的にヒトに感染する。
  • 経皮感染した幼虫は3日目に肺に移行し気管,喉頭を経て小腸に達し,その粘膜内に侵入し成虫となる。
  • 下肥(人糞)を使う畑などでの素足の作業は感染を受けやすい。
  • 宿主の腸管内で孵化幼虫が脱皮後直ちに F 型幼虫となり腸粘膜や肛門の皮膚から感染することもあり,これを自家感染(autoinfection)および過剰感染(hyperinfection)とよぶ。自家感染は数十年,ときには生涯続く。

症状(merckマニュアル日本語版

感染は無症候性の場合がある。移行する幼虫に対するアレルギー反応は,ときに皮膚症状を来す;larva currens(‘糞線虫幼虫移行症')すなわち蛇行性移動性じんま疹は特徴的症状であるが,非特異的な斑点状丘疹またはじんま疹様発疹が生じうる

HTLV-1ウイルスとの関係については(CDCより

Immunocompromised individuals, especially those receiving systemic corticosteroids or patients with HTLV-1 infection, are at risk for hyperinfection or disseminated disease, characterized by abdominal pain, diffuse pulmonary infiltrates, and septicemia or meningitis from enteric gram-negative bacilli. Untreated disseminated strongyloidiasis has high mortality.

(全身的なステロイド投与を受けていたり、HTLV-1感染等の免疫抑制状態では、過剰感染や播種性疾患のリスクが高まり、腹痛、肺への浸潤、敗血症や髄膜炎という症状が発現し、治療しない場合は高い死亡率となる)

ということで、特に高齢者では注意が必要。でした。


Continue reading "HTLV-1と糞線虫"

|

2011.02.23

レジオネラアウトブレイク

時期を同じくして、同じ病院で二人以上のレジオネラ患者が 見つかった場合は、何をすべき?

という疑問からCDCのもっと知ろうレジオネラで調べてみた

  • 治療しない場合は、5%から30%が死亡することもある
  • 菌に曝露されてから通常2〜14日後に発症する
  • How do people get Legionnaires' disease?
    レジオネラはどのようにヒトに入り込んでいくか?
    • People get Legionnaires' disease when they breathe in a mist or vapor (small droplets of water in the air) that has been contaminated with the bacteria.
      細菌が含まれている霧や蒸気を吸い込むことによってヒトの体内に入り込む
    • One example might be from breathing in the steam from a whirlpool spa that has not been properly cleaned and disinfected.
      消毒が十分でないジャグジー(回転式噴流風呂)からの蒸気から入り込む例がある
    • The bacteria are NOT spread from one person to another person.
      この菌は、ヒトからヒトへは広がらない
    • Outbreaks are when two or more people become ill in the same place at about the same time, such as patients in hospitals.
      たとえば病院等の同じ場所で、ほぼ同時に2人以上の患者が出た場合はアウトブ レイクとなる
      注※アウトブレイクとは、一定期間内(time)特定の地域で(place)特定の集団 (person)で、予想より多く感染症が発生すること
    • Hospital buildings have complex water systems, and many people in hospitals already have illnesses that increase their risk for Legionella infection.
      病院では、複雑な水系システムがあり、その中に多くの病気の方がいるため、レ ジオネラ感染のリスクは増加する
    • Other outbreaks have been linked to aerosol sources in the community, or with cruise ships and hotels, with the most likely sources being whirlpool spas, cooling towers (air-conditioning units from large buildings), and water used for drinking and bathing.
      病院以外の地域での感染源としては、クルーズ船やホテル等のスパや大きな建物 の冷却塔、飲料水や入浴用に使われた水等である

とのことです。


厚労省生活衛生課に対応についての情報が載っていました。

旅館・公衆浴場等におけるレジオネラ症防止対策についてのホームページ

Continue reading "レジオネラアウトブレイク"

| | Comments (0)

2011.02.18

ランドセルとMRワクチン

今年はランドセルがいろいろ話題になっているから
2期の接種を呼びかけるには「旬」だと思いますが。

ランドセルに名前を 母子健康手帳にワクチンを
(国立感染症研究所麻しんのホームページより)

というわけで地元紙にアピール(予定)



3月1日から7日は、こども予防接種普及週間です。
ワクチンで予防できる病気はいろいろありますが、
新入学シーズンを控えたこの時期は、麻しんと風しんの
混合ワクチン(MRワクチン)の接種をお勧めします。

麻しんは別名「はしか」と呼ばれ、強い感染力を持ちます。
肺炎などの合併症で入院したり重症化することもあり、
今から約10年前に沖縄全体で大流行したときには
9名の幼い命が失われました。

その頃の県内の予防接種率は60%台で、そのため麻しんが
一気に流行し、それが長期化した結果、まだワクチンを接種す
ることができなかった0歳児が死亡するという悲しい経験をしました。

この教訓から、県内には「沖縄県はしかゼロプロジェクト委員会」が発足し、
1歳児の予防接種率向上や発生時のガイドラインを作って、
感染が広がらないための対策を練り続けています。

麻しんを予防するためには、ワクチンを2回接種すること
が必要です。平成18年以降は、1回目は1歳のうちに、
2回目は小学校に入学する前の1年間に接種するという
やり方になっています。

この期間であれば原則無料で接種ができますが、この期間を
過ぎての接種は自費(約1万円)になりますので、
この春に新1年生になるお子さんで、まだMRワクチンの
2回目を受けていない方は、3月31日までに医療機関で
接種するようにしましょう。

新入生へランドセルをプレゼントするのと同じように、
MRワクチンを打って、麻しんや風しんにかからないような
免疫をプレゼントすることも、健やかな成長のためには大切です。

また、国の麻しん排除計画のもとに平成20〜24年までの間は
MRワクチンの2回目を受けていない児童生徒のために、
中学校1年生(第3期)、高校3年生(第4期)に対しても
接種の機会が設けられています。これについても、公費が
認められるのは3月31日までですので、医療機関で接種を
受けるようにしましょう。

一方、風しんは、別名「3日はしか」とも呼ばれ、
発熱、発疹とリンパ節の腫れ等の症状が出ますが、
「はしか」に比べると症状は軽く、発病する期間も
短くすみます。

しかし、妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんが
生まれつきの心臓病や難聴になってしまうことがあります
先天風しん症候群)。沖縄県では今から約45年前に
風しんが大流行して、400人以上の聴覚障害を持つ
赤ちゃんが生まれるという経験をしています。1978〜
1983年の6年間だけ存在した県立北城ろう学校は、
この子どもたちの教育のために設立されました。
風疹ワクチンも2回きちんと接種しておくことが大切です。


Continue reading "ランドセルとMRワクチン"

| | Comments (0)

2011.02.16

♫女性も検診受けんとねぇ

「女性の健康週間」というのが設定されています。

厚労省のホームページには今年の啓発内容リストも
掲載されています。

女性の生涯を通じて発生する健康問題...を取り扱うとなると、
比較的規模の大きい縦割り組織(県庁とか)では、
どこが主管か?でもめることが多い。
(しかも年度末だし)

もともとは日本産婦人科学会と日本産婦人科医会の活動が
きっかけのようで

(社)日本産科婦人科学会と(社)日本産婦人科医会は、 産婦人科医が女性の健康を生涯にわたって総合的に支援する ことを目指し、
3月3日ひな祭りを中心に、3月8日国際女性の日までの 8日間を「女性の健康週間」と定め、 2005年にその活動を開始しました。

さて、八重山でどのように啓発するか皆で話し合った結果
地域コミュニティFM(FMいしがきサンサンラジオ)の
電波を活用することにしました。

八重山民謡のデンサー節を元にして替え歌を作り、



3月1日から女性の健康週間

♫ 女性も検診受けんとねぇ
  乳がん 子宮がん 歯科検診
  特に妊婦は
  歯や歯ぐきが 大事であるさ デンサー ♫

3月10日女性の健康講演会を開催 
お問い合わせは八重山保健所82−4891


この歌をスタジオに三線を持ち込んで、生演奏で収録。
スタッフに速攻で編集してもらって、昨日からオンエア
されています。

インターネットでも聴取可能なので是非お聞き下さいませ。
平日の午後0時15分過ぎに
サイマルラジオの#okinawa
FMいしがきの横の「放送を聞く」のアイコンをクリック
(windows media playerが起動します)
(Macの方はFlip4Macのインストールが必要みたいです)

Continue reading "♫女性も検診受けんとねぇ"

| | Comments (0)

2011.02.13

デンタルフィア

デンタルフェアじゃないよ。

デンタルフィア。dental fear なので
歯科恐怖症(dental phobiaとも言うらしい)

昨日の研修会(小児歯科医の立場から食育を考える)
で教えてもらいました。

講義メモより

  • 日本人の15%が歯医者怖いデンタルフィア
  • 歯科治療を受けるときの子どもの態度予想を親に聞いてみた
  • どういう子が泣くのか
  • おやつを不規則に与えている親は、子どもも泣くだろうと答える。
  • なぜか?(子どもの治療態度と間食の規則性)
    • 泣きやめさせるためにおやつを与えるという育て方が影響している?
  • 例えばおやつ時間の10分前におやつを欲しがる子どもに対して、10分待たせることができるか
この話の後、成人式で荒れる沖縄のニュースの写真が出され
・小さいときからがまんが足りなかったのではないか
というご指摘を頂きました。

みんなで考えましょうね。

Continue reading "デンタルフィア"

| | Comments (1)

2011.02.10

抗菌白衣

新聞に次期部長人事が発表されてワサワサしている今日この頃。

新聞(しかも地元紙だけ)にこの時期に人事情報を流すのって
沖縄だけだろうかと思ってしまった。しかも掲載内容が違うし。
何か企んでいるんだよね、きっと。

さて、それはどうでもいいとして、朝日に載ってた

医師の白衣、着替え「毎日」は5% 6割が「週1回」

という記事。以前には医師のネクタイが感染源?
医師のネクタイ ナースの帽子参照)とか

医師の携帯電話の95%に菌がついているとか

何かとバイキン調査のターゲットにされる医者の持ち物。
今回は白衣のようです。

記事より引用

40代の小児科医は医療関係者でない知人に
「(着替えは)週1回と言ったら驚いていた」との声を寄せた。

「毎日替えるのが理想。医療機関は院内感染対策として 白衣の支給や洗濯の頻度を検討すべきだ」
「たとえ毎日、白衣を着替えてもウイルスや細菌はつく。 着替えだけでなく手や指の消毒を徹底することが重要」
と最もな(まともな)コメントで締めくくっている

関連情報としては
1991年のBMJ にある
Microbial flora on doctors' white coats

この論文には

The level of bacterial contamination did not vary with the length of time a coat had been in use,

と白衣の使用期間と汚染の関係はないようなことを言っている
(外科系の方が汚染がひどい/ポケットとボタンがひどいとも)

でもその頁から飛んでいける2009Am J of Infection control
Bacterial contamination of health care workers' white coats.には
大部分の医療従事者の白衣はMRSAを含むブ菌に汚染されているので
院内感染を媒介する可能性があると結論づけています。

無視はできないようですね。

研修の頃には、ポケットにはスメア引いたスライドガラス
(使用する抗生剤が決まる大切な証拠)を持ち歩いてたけどね。

Continue reading "抗菌白衣"

| | Comments (0)

2011.02.08

エッチなことを考えるとくしゃみが出る件について

なかなか共感する人が少ない標記の件

しかし、世の中には同じ疑問を持っている人が多いようで
いろんなところで質問箱に取り上げられているようです。
でもビシッとした答えが見つかりません。

sneeze triggerでググってみて見つけたのは英国大衆紙
ザ・サン

  • 性的な思考がくしゃみのきっかけになることを専門家が発見した
  • 耳鼻科のクリニックには、性的興奮によってくしゃみが出ると訴える中年男性が多く訪れている
  • この奇妙な訴え(sexとsneezeのリンク)は、1875年にはじめて報告されている
  • 1973年JAMAでは69歳男性が性的に興奮するとくしゃみ発作を起こす症例報告が
  • ネットで拾ってみても、医者が認識している以上によくある現象みたいだ
  • 女性よりは男性に多く見られる
  • この専門家は「自律神経系の衝撃(a blip)」が原因と考えている
  • まぶしい光で誘発されるくしゃみもある

ということです。


Continue reading "エッチなことを考えるとくしゃみが出る件について"

| | Comments (0)

2011.02.02

優勝パレードと受動喫煙

Photo八重山毎日新聞1月30日記事より


マナーを守ろうね。

でないと
ルールが必要になってしまう。

Continue reading "優勝パレードと受動喫煙"

| | Comments (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »